インターネットに振り回されず利用する力が今後の成否を分ける

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

インターネットは人類史上最も優れた情報収集ツールであると確信
を持って断言できます。

それがスマートフォンというツールで、電波の届くところなら常に
どこでもあらゆる情報を手に入れられます。もちろん政治的な意味
で隠されていることもありますが、それは例外ですし。

アノニマスが数々の機密文書をハッキングして得ているのを見ると、
技術と意思があれば隠されたものでも情報を手に入れるのは不可能
ではないようですね。一般人には何の関係もありませんけれども。

 

僕は、それはとても素晴らしいことであると思っています。今まで
マスメディアを通じてしか得られなかった情報が、欲しいと思えば
すぐに調べられるのですから。

僕は好奇心がかなり強い方で、飽きも早いですが知りたいと思った
事はとりあえずすぐにでも調べる癖がついています。

知らなかったら知らないで、それはそれで幸せだったのでしょうが
少なくとも僕は何でも情報、知識が得られる現代に生まれてとても
良かったと思っています。

不動産投資に出会えたのも、インターネットのおかげですね。当初
の情報は書籍から得ましたが、インターネットを通じていなければ
実際の収益不動産を得られはしなかった。

いわば、インターネットとは「可能性を無限大に広げるツール」
あると言えます。

最早、インターネットとはどうやっても切り離せない社会となって
いる以上、できる限り有効活用して幸福な人生を歩むための基礎と
したいものです。

ツールを使いこなすだけでも一苦労

モノは使いよう

しかしそのインターネットも、利用法を間違えると逆に人生の枷
なりかねません。

自由度が高い分、使いこなす為のリテラシーを備えておかなければ
害となる可能性を秘めている事実を忘れてはならないでしょう。

 

一番は、インターネット上の情報は極端に走りやすい傾向にある事。
特にネガティブな方向に偏る傾向にあります。

いわゆる掲示板と言われるサービスが活発であった時代から、その
匿名性を利用して好き放題書く人々は存在していました。参加者が
少なかったため、そういった輩は排除される傾向にありましたが。

現在は取り上げられた話題に対してコメントを書き残していくのは
当たり前の時代です。マスメディアから個人のSNSまで、「共感」
を引き起こすのがインターネット上のコミュニケーションの基礎。

この「共感」こそがネットの醍醐味であるのですけれども。

 

ネガティブな感情や意見は、どうしても共感を生みやすくなります。

何故かは分かりませんが、現実世界でもそのような事例に出くわし
疑問に思った経験や、自分が共感に巻き込まれてしまった体験は、
誰しも持たれているのではないでしょうか。

いじめなど、共感が悪く作用した最たる例ですね。

 

悪い噂は根も葉も無くともすぐ広まるんです。僕も医師として仕事
をしていて、何故か脊椎手術で歩けなくなった人がいるなんて話を
どこで仕事をしていても仰る方が多い。詳しく聞くと、伝聞です。

確かにゼロではないでしょうが、脊椎の手術が『原因』で歩けなく
なった方は全体のどれほどの人数なのでしょうか。結構関わっては
きましたが、不幸にも感染してしまった方の更にごく一部だけ。

日常的に関わっている人間でもそうなのに、滅多に病院の世話には
ならない人々の多くがそう「共感」している。ネガティブの伝播力
は驚異的なものを感じます。

 

投資で失敗、もそうですね。

バブル時代に調子に乗って損失を出した方々は多数いらっしゃると
思います。でもそれは投資ではなく投機をして儲けようとした結果
でしかない。

本当の意味で投資をして、人生が終わってしまう程の損失を出した
方がどれほどいるでしょうか。

 

不動産投資が危ないと言われますが、不動産投資で破産をした人を
「実際に」知っている方がどれ程いらっしゃるのでしょうか。

いない、とは言いませんが、インターネットで噂されている程には
よくある話ではありません。むしろレアケースでしょう。

投資用不動産会社に丸め込まれ、欲に負けてダメな物件を購入して
しまった人、なら多数いらっしゃいますけれども、真剣に取り組む
人からすると、そんなのは不動産投資と言いません。

 

ですが、インターネット上ではそれらも「不動産投資での失敗」で
あるとして、現実世界よりも遥かに速く、広く、ネガティブな情報、
感情が共有されていきます。

インターネットから情報を得ようとして、こういったネガティブさ
に共感を覚えてしまうと、公平な目で情報を見据える事ができなく
なってしまう。

それは、ちょっと勿体ないような気がします。

 

いわば、インターネットは使いよう、といったところでしょうか。

 

リテラシー向上を

不動産投資の情報も、今やインターネット上から得るのが主流です。

書籍など、触りの知識を得るため以外には役に立ちません。

 

正しい情報を、または情報を得るための情報をインターネットから
うまく引き出せるようになると、投資活動、事業活動に強力な武器
として活躍してくれます。

これからの時代は、インターネットが更に深堀されていきます。AI
と共に、人間の生活と一体化していきます。

そんな時代を積極的に生きるのですから、十分なリテラシーを持ち
自らの教育レベルを向上させておかなければならないでしょう。

 

ネガティブな意見も、ポジティブすぎる意見も、どちらも公平な目
で眺められる冷静さを持ち、インターネットを最大限に活用できる
ようになって下さい。

それは、人間を評価する能力の向上にも役に立つはずです。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 医師もお金の悩みを抱えているケースは多いです
  2. シェアハウスの規制により不動産投資はどう変化するのか?
  3. 動物は本能が強く生存競争が激しいので、平凡が一番幸せであると思いますが。
  4. 理科の実験でも結果を知るのではなく、なぜこうなるのかが大事でしたよね。
  5. 芽が出るかどうかは私たち次第
  6. 動物の感情も察することができれば楽しそうですね。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る