カテゴリー:建物

  1. 見えないリスクは最悪を想定しておくべきです。

    中古不動産への投資は、その売買価格が裁量によって決定されるため、 非常に投資効率の良いものとなり得ます。 家賃は物件の所在地、築年数、広さなどから大まかな相場が決定されて おり、物件の売買価格とは何の関わりがな…

  2. 建築単価の上昇は投資意欲を鈍らせますね。

    新築の建築単価上昇がとんでもない状況にあるようですね。 建築単価とは、延べ床面積1m2あたり(または一坪あたり)の建物 の原価を表す単語です。 昨今の円安や物価上昇、消費税増税などから、…

  3. 木造物件の耐震性が問われています。

    中古木造物件に投資する上で、無視できないニュースが出てきました。 新耐震住宅でも倒壊恐れ8割 2000年5月以前の木造 地震大国の日本において、耐震性は恐ろしく重要です。阪神淡路大震災、 東日本大震災の惨状…

  4. ビジネスをやる以上、常に保険は必要です。

    もうすぐ8月ですね。本当に時間が経つのは早いもの。 今年の夏は、最初こそ一部の地方で異常な暑さが観測されたものの、 最近はそこまで暑くは感じませんね。 代わりというわけではないんでしょうが、天候が各地で荒れ…

  5. こんなにボロボロになる前に……

    予防接種、していますか? 人間の歴史は、細菌やウイルスとの戦いです。 黒死病(ペスト)はヨーロッパの人口を2/3にさせました。 天然痘は20世紀のうちに最低5億人の死者を出したと 言われています。 …

RETURN TOP

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る