カテゴリー:金融・経済

  1. アメリカも色々と大変そうです。

    米FRBが政策金利の利上げを発表しました。予定通りの順調ペース での利上げに、市場は「失望」をしているようで。 この辺りが投機など個人がするものではない、と僕が強く思う理由 になっています。 短期的な動き…

  2. 楽観できなければ外には行けません。

    続きです。前回は以下より。 収益不動産への融資がやや引き締めの傾向にある中の今後の展望【2】 収益不動産への融資の引き締めが、実施されても一時的である、と 考える根拠。 それは、現…

  3. そう遠くないうちに夜は明けるでしょう。

    続きです。前回は以下より。 収益不動産への融資がややh岸目の傾向にある中の今後の展望【1】 収益不動産への融資が引き締められたとして、すぐに不動産価格が 暴落をするような事態には、今回は…

  4. 不動産投資も遂に冬の時代へ?

    金融庁関連の活発な報道の様子もあるからか、金融機関は大手ほど 収益不動産への投資に慎重な姿勢を取らざるを得ない状況になって きている、との噂が立っています。 2017年4月以降、収益不動産への融資を引き締める、…

  5. 猫が散らかした分は飼い主がきれいにしなければ。

    不動産投資も難しい時期に入っていて。 最近は少し、金融庁が調査をしている、との報道が相次いでいる ために各金融機関も融資に慎重な姿勢を見せ始めています。 僕の耳にも、少しずつ厳しくなっている、との声が聞こえ…

RETURN TOP

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る