カテゴリー:融資

  1. しっかり話を聞いてもらいましょう。

    自宅診療所の修繕計画も全て出来上がり、着工目前となりました。 が、ここで出てくるのが「カネの問題」です。 融資を受けられなければ、ここまで多くの時間と労力を費やして 作り上げたものが全て台無しになってしまいます…

  2. 今の日本を形作った金融制度を補佐する機関、それが日本政策金融公庫です。

    日本政策金融公庫は事業を開始したばかりの事業主にとって強い 味方です。 そもそも普通の金融機関と違って、日本での起業をサポートする のを目的とした公的機関です。色々なところで通常の金融機関と 異なってきます。…

  3. 争いごとに持ち込むほどのメリットや正義がありますでしょうか?

    聞いた話なのですが。 某S銀行さんが、金利の引き下げを実行してくれやすくなっている 「らしい」ですね。 僕は縁のないところですので直接は知り得ませんけれども、複数 の知人に聞いた話ではどうやら事実のようで…

  4. 金利負担というのはやっぱり大きいもので。 金利分は経費計上できますから、実際の数字よりは資産や収入の 損耗は小さいですが、それでも結構な負担です。 僕は収益不動産でも、そして診療所経営でも融資を受けており、…

  5. 期待の裏には常に不安がいるものです。

    医療法人が予定通りに動き出して、これまで描いてきた青写真を 今度は現実のものとすべく、診療所の改修にて具体的な話を 進めています。 いわゆる大規模修繕工事というものになりますね。とはいっても 屋上の防水加工と…

RETURN TOP

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る