タグ:政治・経済

  1. 税金が上がるたびに頭が痛くなります。

    2018年税制改正では、サラリーマンに厳しい内容になりそうで。 給与所得控除の見直しが、これまでより広い800万円~900万円 の範囲に拡大する形となるようです。 配偶者控除といい、基礎控除といい、サラリー…

  2. 子育てへの過剰な投資も考え物ですが。

    次々と増税案が政府より出てきていますね。 特に高所得層に対して厳しい増税案の検討が多数なされています。 日本経済に対しては良い傾向です。ただ、高所得の定義そのもの にやや疑問を感じる点も多く、全面的な賛同はし難…

  3. 時間内にサボってていい時代は終わりました。

    続きです。内部留保という言葉と、実際の問題の本質について。 誰が割を食うかと言ったら、もちろん労働者です。サラリーマンは 国に取ったら極めて都合の良い存在で、しかも報道による世論誘導 に引っ…

  4. 施設だって立派な企業の資産、内部留保の一部です。

    最近、内部留保という言葉が独り歩きし過ぎで、そのあまりの認識 の間違いによる誤解から、世間や政治が変な方向に向いてしまうの ではないかと心配になります。 そもそも政治家からして理解しているのか怪しいですし。 …

  5. 今時、副業なんていくらでもあります。

    選挙が終わりましたが、早速財務省が動きを見せてきました。 給与所得者の既得権益ともいえる、給与所得控除に手を突っ込んで きた形です。 給与所得控除はサラリーマンにとって手取りを増やす大き…

RETURN TOP

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る