地方不動産投資で理想の未来を手に入れるには。

この記事は6分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

僕は比較的都市部の物件を購入不動産投資をスタートしました。

2012年前半は、それも正解だったんです。

 

吹き荒れるデフレ不況。
下がるばかりの土地価格。
上がらない家賃収入。
売れない実需向けマンション。

にわかにデフレ不況がテレビで騒がれ出した頃。
そこは、底値でした。

 

これは、後付けです。
この先いつ不動産価格が反転するかなんて結局分からない。

株が上がるか下がるか。
円が上がるか下がるか。

様々な手を尽くして多くの研究者がそれを予測しようとしますが、
ちっともそれは成功しない。

 

経済指標一つでも、予想が当たってそのままトレンドが持続すれば
予想通り上昇したといい、予想が当たっても相場が反転すれば
噂で買って事実で売る典型だという。

結局、アナリストなんてあと受けで自分に都合の良いように
解釈を捻じ曲げる、文学者なんです。

永田町文学と全く同じ。

そんな、予測不能の未来に自分に与えられた限られたお金を
預けるなんて、御免です。

投機に頼るといつか退場する羽目に。

投機的となりつつある都市部不動産投資

今の都市部投資は、まさにそうなりつつある。

みんな、インフレ期待が強すぎる。
不動産価格の上昇を期待しすぎる。
楽してギャンブルで儲けようとしすぎる。

お陰で都市部の不動産価格は上昇を始めています。

 

残念なことにこういった期待感を背景にした買いというのは、
実を伴いません。

お金に余裕がある人や期待が高まりすぎてしまった人が
自分のあぶく銭を期待して購入するだけで、
実際に市場に与えるのは悪影響の方が大きい。

 

価格の上昇により利回りが低下し、
価格の上昇期待により物件の売り控えが起こり、
流動性が低下する。

少なくともサラリーマン個人投資家には参入し難い市場が形成されます。

 

もっとも、不動産投資なんて昔はお金持ちがやるもので、
資産のない一介のサラリーマンが参加できる市場ではなかった。

何しろサラリーマンが参加するようになったら一気にバブルが発生し、
あっという間に弾けてしまって失われた20年が始まったんです。
そして多くの人が逃げ遅れ、痛い目をみたり、痛いですまなかったり。

急激な上昇トレンドが期待される相場は、庶民にとっては
一発で資産家の仲間入りだと期待と夢が過剰に膨らみ、
参加をしたくなります。したくなりますが……

 

急激な変動時には、ブレ幅も大きくなるもの。
こんな時、外国為替や株式ならいざ知らず、
こと不動産市場については自己資金少ない人間は参加してはいけない。

利回りが低くなればなるほど、自己資金の額がリスクの大きさを
ヘッジするために重要となっていくのですから。

 

サラリーマンはどう戦うべきか?

では自己資金のないサラリーマンは今後、
不動産投資を諦めなければいけないかというと、そうではありません。

どんな市場でも常に小さな歪みがあり、
不動産ではその歪みがとても大きい。

不動産の取引方法が必ず裁量取引になるからです。

 

例えば、株式市場はスーパーマーケット
価格は需要と供給に鋭敏で、需要が大きいとあっという間に値上がりし、
供給が多いとすぐに値崩れを起こします。

不動産市場は、築地の競り市
需要と供給も価格に影響はしますが、それ以上に個々の事情や
目利きによって価格が大きく上下します。

スーパーマーケットは買い時を逃すと安く買うことができませんが、
競り市は目利きや交渉が上手ならいつでも安く買える。

 

大事なのは3つ。

可能性を広げること。
目利きや交渉力をつけること。
そして、安全な投資として確立させること、即ち空室対策です。

 

可能性の拡大とは、不動産投資で言えば視野を広げること。

日本は東京圏だけ、都市部だけで動いてるわけじゃない。
むしろ大資本が積極的に投資をしにくい地方にこそ、
大きな歪みがあります。

当然、その歪みを見つけるには自分を磨かなければいけませんが。

 

都市部と地方では戦略も戦術も異なる

地方では地方の戦い方というのがあります。

同じ不動産投資でも都市部とは大きく戦略を変える必要があるし、
地方によってもルールが異なったりする。

それを1から自分の力で開拓することが理に適う行動ではないことは、
お分かりだと思います。

 

ぶっちゃけてしまえば、そんな面倒で時間がかかること、
やってられない。(笑)

そこで、僕はこんなものを手に入れました。

地方プレミアム投資術DVD版
地方プレミアム投資術DVD版

初版の発売は2年前。ですが、半年で事情により販売停止されていたとのこと。

現在、2012年後半よりDVD版になって再販開始されて以来、
かなりの人気があったようで僕もずっと気になっていましたが、
今年に入るまでは地方投資へ参入する気持ちが薄かったので
今までは手を出せずにいました。

ですが、地方投資への想いを強めた今、
自己投資として購入をしました。

 

アベノミクスで不動産価格の上昇をしていくとともに、
収益不動産の利回りは低下しています。

しかし、未だに都市物件神話を信じ、大きなローンを組んで
低利回りの物件を購入してしまう人が後を断ちません。

 

アベノミクスのポイントの一つは、2%のインフレ目標です。
インフレに向かわせるということは、長期金利は上昇に向かうということ。
既に長期国債の金利は上昇を始めています。

無理やり金融緩和で押さえ込もうとはしていますが。

これが続けば、金融機関の貸出金利が上昇するのは必須。
低利回りで高額な都市物件をローンで購入した人は、
金利が上昇したらどうなるのか理解しているのでしょうか?

 

地方投資は以前から利回りが良く、良好なキャッシュフローが
得られる投資として、ベテラン投資家に好まれていました。
ライバルも極めて少なく、優良な稼ぎ場だったんです。

素人である不動産投資初心者には地方投資のノウハウがなかったことが
その決定的な理由。

 

しかし、インターネットで情報を得るのが一般的となり、
情報販売という市場が日本でも構築された現在、
誰でも数万円程度で十分過ぎるノウハウを手に入れることが
可能な時代になりました。

かつては一部の特権階級や上流層でしか手に入らなかった、
表に決して出ることがなかったノウハウが。

不動産賃貸ビジネスが洗練されていくのはこれからでしょう。
何しろ、ノウハウを購入するのは個人だけじゃありません。
ノウハウは企業こそ喉から手が出るほど欲しいもの。

 

不動産という特性上ゆっくりではありますが、今後は地方投資といえど
競争が激しくなり、業界の健全化が進むものと予想されます。

努力したものが報われる、あるべき日本の姿となる日は近そうです。

 

しかし、安心するのは努力をしてからですよ。

ぼさっとしていたらあっという間に市場が強力なライバルで溢れ、
手に入るはずだった自由を失う結果となりかねません。

スタートする気があるなら今すぐ、です。

 

空室対策こそが地方投資を制する

地方プレミアム投資術は元々かなり売れている教材ですから、
この教材が値段以上の価値を提供してくれているなんて、
今更説明しなくても分かっているんです。

中には、既に購入して学習済みという僕よりも賢明な方もいます。

 

ビジネスは価値と価値の交換です。
ただ単に他人が作った教材を紹介しているだけでは、
僕が価値を提供しているとは言えない。

そこで僕は、一つの企画を立ち上げることにしました。

ブログで先に告知してしまいましたが、
空室対策を僕の視点から捉え、空室リスクを極限まで
減らすことを目標とした企画。

 

名付けて【ファンダメンタルズ空室対策】

 

空室対策というと、多くのブログやコラム、教材で
それぞれ工夫を凝らした対策が練られています。

ただしそれらの多くは、小手先のテクニックでしかありません。
しかも成功例が示されているだけで、「なぜ」その空室対策が
成功したのかまでは考察されていない。

入居があったことで安心するだけで、根本的なことを
理解することなく次に進んでしまっている。

 

これでは再現性なんて得られません。

 

ビジネスを成功させるためには再現性が極めて重要です。
リピーターを獲得できるのも再現性が得られてこそだし、
絶対数を増やすにも再現性が無ければただの運まかせ。

不動産投資はギャンブルではない。ビジネスです。

そして空室対策こそ、株やFXには存在しない、
ギャンブルとビジネスの境目となる存在です。

 

なぜ再現性が得られないのか。
それは、ビジネスの原理原則から客付を
意識できていないからに他ならない。

部屋を貸す、家を貸すというのは、借主の人生の数年間を
過ごす場所を提供することであり、多くのお金をいただく以上
それに見合った価値を提供することを忘れない。

それが、この企画のコンセプト。

 

地方プレミアム投資術DVD版の特典という形でこの企画を
つけさせて頂いた理由は3つ。

参加者さんには不動産投資の基礎的なノウハウを
まず分かってくれていて欲しいというのが1点。

地方投資こそ、空室対策で悩みを抱えることになりがち、
というのが1点。

そして、この教材が本当に素晴らしいのでより多くの方に
手にとって頂きたい、というのが1点です。

 

まだ迷い続ける人生を続けますか?

この地方プレミアム投資術ですが、僅か半年で一度販売終了となっています。
内容に問題があってとかではなく、著者である伊藤邦正さんの意向で、
あまり無意味に広め過ぎたくなかったこともあるのでしょう。

今回再販にされるにあたり、内容も改訂がされています。

またいつ販売終了になるかは、僕もまだ聞いていません。
ただ、迷っているなら、もう一度自分自身を見つめて下さい。

今まで欲しかった物件を迷った末に逃したこと、ありませんか?

 

企画自体も、まず企画作りから始めていきますから、
参加者さんの意向が強く反映されます。

もし疑問に思うこと、解決をしたいことがあるなら、
早めに参加するのが得策といえるでしょう。

あとから参加することになったから損する、
なんてものにする気はありませんけどね。

 

ファンダメンタルズ空室対策に参加されたい方は、
以下のリンクから地方プレミアム投資術DVD版を
詳細を確認し、購入されて下さい。

detail

 

注意事項です。

決済画面で「ファンダメンタルズ空室対策へようこそ!」
の表示が出ていることを必ずご確認下さい!

注意事項

この表示がない場合、参加ができません。
もしどうしても表示が出ない場合、ご連絡下さい。

追伸

ファンダメンタルズ空室対策に参加頂いた方は、
僕と想いを共にしていただける仲間です。

大切な仲間には必ず成功し、夢を実現して欲しい。
そして、もちろん僕も成長し、成功したい。

 

僕の純粋な願いです。

ファンダメンタルズ空室対策を深く理解することができれば、
不動産投資だけでなく、他のビジネスでも成功する基礎を
確立することができます。

収入の第3の柱を手に入れられるようになるんです。

 

パートナーとして、最後の最後まで、長くお付き合いを
させて頂ければ幸いです。

では、参加をお待ちしていますね!

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015年に勉強するべきは。
  2. たった4年! 学生大家から6億円を築いた私の投資法 借りて増やす技術
  3. 説得の心理技術
  4. 藤山勇司【不動産投資25の落とし穴DVD】
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る