タグ:空室リスク

  1. 空室が、不動産投資家が最も恐れるものなのは確かです。

    首都圏で空室率上昇とのニュースが何度も流れています。それでも 新築アパートが増えており、首都圏の不動産バブルが崩壊する、と する論調がかなり増えています。 僕も首都圏、特に話題に上っている神奈川県に1棟、マンシ…

  2. 美しい水田の連なりは日本の古き良き風景ですが、それを守るにはコメ農家の努力が欠かせません。

    日本におけるコメの消費量が減り続けています。 昔は輸送技術も冷凍技術も今ほどは発達しておらず、低価格で栄養 を摂取できるコメの存在が本当にありがたかったのだと思います。 日本の気候でも大…

  3. 古い建物を修繕するには高い費用が掛かりますが……。

    収益不動産を購入する際にやってしまいがちな過ちとしてよくあるのが、 事前の収支計算を満室であるのを前提にしてしまうこと。 これ、非常に危険です。満室にしようと努力をするのは当然の前提条件 ではありますが、実際に…

  4. 一流大学であっても依存しきるのは危険です。

    学生の需要を見越して購入した、福岡にある2棟目ですが。 目論見通り学生需要は確かに旺盛で、多くの新入学生にキャンパスライフの基地 として利用して頂いています。 非常にありがたい限り。これも全て管理会社さんの…

  5. 繁盛期に逆に繁盛しないとショックですが……。

    以前も書いたかもしれませんが、実は11月1日から満室が崩れていました。 先月の時点で一人解約の連絡がありましたのであらかじめ分かっていたこと。 久しぶりに不動産投資家らしい仕事をしなくてはならないかな、と思ってい…

RETURN TOP

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る