タグ:2017年

  1. 焦りは禁物。焦るくらいなら次の機会を狙うべきでしょう。

    こんにちは、きりのきです。 3月ですね。金融機関も猛烈な忙しさになり、もうすぐ不動産投資も 一時休戦の時期になります。 ただ、だからこそ焦っている人々がいらっしゃるようで。 最近、…

  2. 勇気を出して。

    不動産投資についての情報も、大事な話はほぼインターネット上で 出揃ったのではないでしょうか。 かつては大家というと「土地持ち」のやる事で、代々受け継がれて いくものであり、なりたいと思ってなれるものではないもの…

  3. そう遠くないうちに夜は明けるでしょう。

    続きです。前回は以下より。 収益不動産への融資がややh岸目の傾向にある中の今後の展望【1】 収益不動産への融資が引き締められたとして、すぐに不動産価格が 暴落をするような事態には、今回は…

  4. ビルの数以上に企業はありますが…。

    東芝の決算発表で大荒れですね。H28年12月末時点で、株主資本は 1912億円のマイナスとなり、債務超過となりました。 メインバンクである三井住友銀行は以前の会見で全力で支える、と 言ってはいましたが、果たして…

  5. 不動産投資も遂に冬の時代へ?

    金融庁関連の活発な報道の様子もあるからか、金融機関は大手ほど 収益不動産への投資に慎重な姿勢を取らざるを得ない状況になって きている、との噂が立っています。 2017年4月以降、収益不動産への融資を引き締める、…

RETURN TOP

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る