真にやりたい事への投資こそ最大の自己投資

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

不動産投資はあくまで副業であって本業ではない、という部分は、
心の底からの気持ちです。

何しろ、本業とするにはできる事が限られすぎており、面白味に
欠けるため。不動産賃貸事業を本業とするのであれば莫大な資金
と飽くなき拡大路線への欲求が無いと難しいでしょう。

僕にはどちらも欠けていて、世間で羨ましがられるほど投資規模
を大きくしたいとは思いません。たとえ資金があったとしても。

もしそんな資金があったら、医療分野に注ぎ込むか株式投資へと
大きく振るかすると思います。

 

これまで何度も書いてきたように、不動産投資は次の段階へ進む
前に置く踏み台に過ぎません。段を上るのが楽になるように。

収入の3つの柱は、ステージが進むごとに変化するもの。いつか
不動産投資を完全に手放す日が来てもおかしくありません。

それは投資という存在が、時代や情勢によって投資適格に変化が
起こるのも理由です。僕は当面の間、不動産投資は良い投資先で
あり続けると思いますが、いつかそれも崩れかねない。

SFの時代になり人類が宇宙に飛び出せば、自然と不動産の価値は
世界中で大暴落するでしょうね。それは極端な話ですが、何かを
きっかけに大きな変化が起こる日は必ず来ます。

ちょっと人生を振り返るだけで、人類の技術的進歩の目覚ましさ
の異常性は誰でもすぐに気が付くはずです。

 

と、そんな壮大な話を考えていても仕方なく、僕も普段そこまで
想定して生きている訳ではないのですが。

常に何手か自分の将来についての段階を想定してビジネスに挑戦
しているのは確かです。

 

最初の段階は、雇用先からの給与収入、不動産からの投資収入、
そして第3の事業からの事業収入。この3つを揃え、力を蓄える事
が目的でした。

それは不動産投資で背負った融資の借り換えが達成された時点で
完成しました。力無き者であったところからリスクを背負っての
スタートだったため、手間取りました。

約3年間の月日を消費して。

登山と同じく、段階を踏んで上ります。

3つの柱の組み換え

現在は、次の段階に進んでいます。収入の3つの柱の組み換えを、
蓄えた力を利用して実現しようと奮闘中。

うんざりするほどの仕事量が生まれてしまっていて、別の意味で
心が折れそうになっていますが、第一段階で蓄えた力、資金力と
持続的収入は大いに役立っています。

これは、最初の1棟目の収益不動産を購入する以前から描いていた
青写真。仕事量の多さは想定を超えています(これは余計な仕事
を抱えたせいでもあり)が、経済面では完璧でした。

 

組み換える部分は、投資収入給与収入の部分です。うち投資に
ついてはもう少し資金的余裕が必要ですから少額で留めています。
株式投資への切り替えですね。

給与収入は徐々に置き換えを進めています。それに必要なのが、
実家診療所の再生、継承です。流石に40年近く経過していると、
建物も老朽化しますし、様々なところで手入れを要します。

別に勤務先を用意し、そちらから給与収入を得つつ、実家診療所
からも給与を得られるように組み替えます。最終的に給与収入は
継承後事業収入へと変化する予定です。

 

プラス、妻への給与支払いなどで給与収入も確保、給与所得控除
という給与所得者の特権も手放さず、むしろ積極的に受けられる
だけ受けられる体制作りを進めます。

診療所経営は非情に厳しい情勢にあり、経営持続性を維持するに
なりふり構ってはいられません。

事業収入としては更に次の段階も既に想定しています。せっかく
ある今の環境を生かして、人脈を作り、診療所を病院へと規模を
拡大する路線へと舵を切る準備をしています。

 

とても高い壁ですがそこに楽しさを見つけてしまったのですから
仕方ありません。

僕にとっては、不動産投資と違ってそれがとても魅力のある仕事
で、自分の時間を大半を使ってでも実現すべき理想であることに
気が付いてしまった。

本業とは、こんな想いを持てるものでなくてはならないと確信を
持っています。

 

やりたい事と本気で向き合う

当初の段階では、ここまで医療事業を拡大しようとは想定をして
いませんでした。せいぜい、第2段階が落ち着いたら更に不動産
への投資規模を拡大してもいいかな、程度。

それは僕が、自分には個人診療所の主が精いっぱいだろう、との
観念があったのが理由です。

ですが、色々と経験を重ね、また力をつけるとともに、分不相応
とも思える自己実現欲求を抱いてしまいました。

それは不幸な事では無いと思います。視野が広がり、本当に自分
が実現したいと思える仕事が見つかったのですから。

 

想定するのは最初は2段階程度でも十分です。1段階目を達成する
だけでも数年の年月を要しますし、別にある日突然達成されると
いう訳でもなく。

じっくり先を考える時間はあります。新しい世界に触れて新たに
見えてくるものもたくさんあるでしょう。その中には僕のように
運命の出会いを果たす可能性も十分存在します。

 

ほんの数年間の努力で人生の目標が見つかるのであれば、それは
とても有意義な時間の使い方です。

今やりたい事が見つかって無くても、是非先を見据えてビジネス
と向き合ってみて下さい。

きっと、良かったと思える瞬間がやってきます。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 国民の投資に対する誤解を解かねば、金融大国には決して勝てる国にはなりません。
  2. もっと気軽に起業していいのではないでしょうか
  3. 真剣な心構えが成功を引き寄せます。
  4. 同じタイプの建物でも大小さまざま。
  5. 自動販売機は自動化の代表例ですね。
  6. 旅行中に仕事、こんな片手間を期待していませんか?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る