カテゴリー:経営戦略

  1. こんな風に悩むことにならないように……。

    自民党安倍政権、及び日銀黒田総裁の金融政策の効果が実際に景気の 上昇に結びついているかどうかはともかくとして、確実にインフレは 進んでいます。 このまま景気上昇局面に入ったとしたら、金利が上昇するのは間違い …

  2. 金利の上昇に驚いてしまうような状態にすべきではありません。

    不動産投資のリスクとして常に挙げられる、金利上昇リスク。 融資を受けて収益不動産を買い進めている人間にとっては、 非常に深刻な問題です。 何しろサラリーマンとしての自分の給与から比較すると非常に 大きな融…

  3. 興奮しやすい方はお気をつけ下さい。

    不動産投資においては、規模を拡大することは稼ぐために必要というよりも、 安定した経営を続けていくために必要なことであったりします。 戸数が増えれば増えるほど、全体に対する一戸あたりの収益割合は…

  4. 収益不動産をどのように評価すべきかは永遠の課題と言ってもよいほど 正解の無い話だと思います。 積算評価を重要視するべきなのか、それとも収益還元評価に重点を置く べきであるか。築年数と法定耐用年数についてはどう考…

  5. たまには贅沢をしたくもなりますが……。

    内部留保という言葉があります。これは言ってみれば「法人の貯金」とも 言うべきものです。 正確な言葉の定義を追求すると色々と問題が多いのですが、簿記についての 話をしたいわけではないので本来は…

RETURN TOP

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る