カテゴリー:経営戦略

  1. 大量生産大量消費は、日本はもう通り過ぎた道です。

    日本人の消費性向に現れている変化は本物のようです。 思えば、日本のデフレはなるべくしてなったとも言えます。金融政策 は関係なしに。 高度経済成長時代を超え大量消費が当たり前になり、どこの…

  2. その退去、ちょっと待ってと言いたくて。

    不動産投資において嫌なのは、早期退去です。 住宅が不足していた時代は礼金が存在し、法整備不十分のための敷引きなどが 行われ、また修繕を頑張らなくても入居希望者は山ほどいる状態でしたので、 入退去の回転が良いほど…

  3. 廃墟だらけにならなければいいのですが。

    今後の日本としての課題に、高度経済成長時代からバブル期に建設された 中古の鉄骨造、RC造、SRC造のマンション群をどう扱うか、が大きなものと なっていくと思われます。 なぜ鉄骨、RC、SRCだけを問題視するかと…

  4. 一流大学であっても依存しきるのは危険です。

    学生の需要を見越して購入した、福岡にある2棟目ですが。 目論見通り学生需要は確かに旺盛で、多くの新入学生にキャンパスライフの基地 として利用して頂いています。 非常にありがたい限り。これも全て管理会社さんの…

  5. 株式などでは悩みの種の含み損ですが。

    中国の株価暴落が話題になったタイミングと時を同じくして、J-REITが 急落したようですね。 もちろん日経平均株価も大きく落ちておりますから別に不思議な話では ありませんが、どうやら日経平均株価よりもJ-REI…

RETURN TOP

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る