株価、為替の乱高下にみる自分の投資適格と趣味の関係

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

株価、為替の動きが激しいですね。
経験上、この程度の動きなら予想通りですが。

僕は株も為替も今はやらないものの、
かつての経験があるので大枠の動きは予想できます。

 

じゃあなんで投資しないんだと言われると、
資金がないことと細かい値動きはさっぱり分からないこと

そして冷静にいられるのは外から見ているからであり、
自分のお金がかかるとそうではいられないため、です。

夜も眠れなくなりますから。

 

僕には値動きの激しい投資は性格上向いていません。

不動産投資のようにじっくりと腰を据えて、
戦略的に進められるものの方が合ってますね。

ゲームセンターにもよく通いました

時代や年齢によって趣向・嗜好が変化する

僕は子供の頃からゲームが好きで、ファミコンより前の時代、
カセットヴィジョンってものがあったんですが、
その頃からとてもたくさん遊んでいました。

当時、3歳くらいだった気が。

ファミコンも発売当初から、コントローラーのボタンが
四角いゴムだったもので遊んでいたのも覚えています。

 

アクションゲームからシミュレーション、シューティング、
パズル、格闘、RPGなど、多種多様なゲームで遊びましたね。

最近は全くゲームをしなくなってしまいました。
時間に余裕ができたらまた色々遊んでみたい今でも思います。

 

でも、ゲームより面白い不動産投資やビジネスの世界を
知ってしまいましたからね。

今更熱中できるかどうかといえば、どうでしょう。

とりあえず、逆転裁判5だけはやるかもしれない。
Nintendo 3DSごと買わないといけませんけど。

 

遊んできたゲームを思い返してみると、
ちょっと面白いことが分かります。

確かに多彩なゲームで遊んできましたが、
時代によって好みが変わっているな、ということ。

流行にもある程度振り回されていますが、
子供の頃ほどシューティング、アクション系のゲームを好み、
年齢が上がると推理ものなど、頭を使うゲームを
好んでいた傾向にあります。

 

また、もう一つ。

中学生の頃までは、ゲームセンター通いして
対戦格闘ゲームをすごくやっていました。

高校に入ってからは、マジック;ザ・ギャザリングという
トレーディングカードゲームばかりでした。

大学に入ってからはオンラインゲーム、
特にMMORPGといわれるオンラインRPGがほとんど。

歳を取るごとに、人間関係が大事になるゲームに
なってきてもいますね。

 

小さな頃から一貫して遊んでいたのは、RPG。
ドラゴンクエストやファイナルファンタジーをはじめとした、
ロールプレイングゲームです。

メジャーなものからマイナーなものまで、
色々遊びましたね、懐かしい。

 

それぞれの投資への適正は?

さて、何でこんな話をしたかですが。

このゲームの好みというのが、投資の向き不向き
表している面があるんじゃないか、ということです。

 

対戦格闘やシューティング、FPSといった
反射神経や瞬間的な判断を求められるゲームが得意なら、
株やFXの短期トレードがうまくいくかもしれませんね。

僕もかつては得意でした。が、今はお世辞にも
その手のゲームが上手とは言えません。

 

シミュレーションゲームを好む人は、投資信託や国債など、
先を読んで超長期的な展望で売り買いするものが
いいかもしれません。

 

では不動産投資といえば。

やや広めの視野持って、決断する時は迷わず。
中長期的な視点で物件や街全体を見通し。
人と人の関わり、繋がりが非常に重要な投資です。

ちょうど、上二つの中間という感じ。

 

ある程度素早い決断力が必要で、短期よりも長期が重要で、
コミュニケーションの取り方が大事で。

最終的な僕のゲームの好みにピッタリとあっている気がします。

 

確かに思い返すと、僕は当初から不動産投資を
ゲームであるかのように考えていた節があります。

僕がFXは性に合わず、不動産投資に流れ着いたのは
実は必然だったのかもしれない。

 

不動産投資は本当に自分に合っていますか?

ここの所の株価や為替の乱高下で、
大きく稼いだ人もいれば財産を失った方もいるかと思います。

人には必ず合う合わないがあるもの。

株で大きく稼げていたとしても、
もしかしたら偶然かもしれない。

不動産投資で稼げていたとしても、
5年後はどうなっているか分かりません。

 

僕も含めてのことですが、投資歴が浅い場合、
勝っている時でも本当に自分に合っていて、
実力で稼げているのかどうか。

一時期負けていても、今諦めるのがいいことかどうか。

常に自分を評価しながら、痛い目をみないように
いつでも逃げ出せる体勢をとっておくことが
長く投資の世界で生き残っていくコツなのかな、
とこれまでの経験上、思いました。

 

ゲームでも、引き際を誤ると醜態をさらすことになります。

恥ずかしいだけならいいんですが、
投資の場合は人生に影響を与えますからね。

 

不動産投資をしたいと思っていても、
もしかしたら向いていないかもしれない。

株の方が合っているかもしれない。

 

自分に見合った投資を、探して下さい。

僕の場合は比較対象がゲームになりましたが、
性格が出るものであればなんでもいいです。

今一度、自分の過去から現在を振り返り、
どんな投資が合っているのかよく考えましょう。

 

その上で不動産投資に強い魅力を感じたら、
ぜひ一度僕を頼ってみて下さいね。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 好待遇は自ら掴みに行く時代。
  2. 歯車は交換できるものであるべきですよね?
  3. ストレスはなるべく小さい方がとは思いますが……。
  4. 僕も「来年こそ」と思っていたことは失敗し続けているように思います。
  5. 一人ではこんなところにも来たりはしませんよね。
  6. 飛ぶチャンスはいつでしょうか?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る