タグ:2018年

  1. 悪い囁きに惑わされないように。

    久しぶりに金融・経済について触れてみます。 黒田日銀総裁が再任されました。黒田バズーカで世界を震撼させ、 歴史的な円高を是正させた立役者が続投です。 未だ、当初からの公約である2%インフレターゲットを達成で…

  2. 不動産投資のスタートは桜の咲く季節でした。

    不動産投資を始めてから丸6年が経過します。 思い返すと色々あったような、あまり大したことが無かったような、 そんな感じです。 という事は、ここまでは無難に来ているという事なのでしょうね。 もしすぐに人に話…

  3. 鉄道が廃線になったりすれば暴落はしそうですが。

    長期的な不動産価格、とりわけ地価については悲観的な意見が多い ような気がします。 確かに不安要素は多いですね。 最大の問題は人口の減少予測です。人口が減れば確実に土地を必要 とする人、土地を欲しいと考える…

  4. 桜の季節は変化が多いですね。

    2018年の春闘は、引き続き労働者側にとって嬉しい結果となって いるようですね。もちろん企業によって異なるのでしょうけれども 大きく上昇しているところが目立ちます。 それは逆に言うと経営側にとって厳しいというこ…

  5. 今は別のことで注目を浴びている財務省です。

    2018年の租税・社会保障負担率(国民負担率)は42.5%になる、 と財務省が発表しました。 これが高いか低いかは何とも言えません。租税も社会保障費も国家 及び国民へ形を変えて戻ってくるはずのもので、負担率が高…

RETURN TOP

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る