土地の売却に関する揉め事と裁判と妥協点と。

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

今現在、自分のものではありませんが土地の売買に関わっていて。

不法に建てられた建物を撤去するところからのスタートだったのが
ようやく売却できる状態まで進められまして、ではどのような形で
売却をしようかと検討に入っています。

深く関わっている訳ではなくて、僕は報告を受けて確認をしている
だけではありますが、間接的な利益にはなりますからなるべく高く
売りたいところです。

 

誰の所有地なのかというと、親なのですけれども。色々あって売却
をしようとの話が進み、では兼ねてから問題だった不法占拠の建物
をどうにかするところからだとなりまして。

そこは担保に入っている土地で、メインバンクの方も無関係でない
ため、弁護士さんを紹介してくれたりなんだりとお世話してくれて
ようやっと、といった感じです。

まあ、勉強になりました。

何故そこに不法占拠物件があったのかは分かりません。親の怠慢だ
としか言いようがないのですが。

随分と昔、僕がまだ子供のころにそこの土地へいつの間にか建物が
建っていて揉めている、との話は聞きました。

何やら暴力団関係だったようで、しばらく外を出歩くときは注意を
しろと言われたのを覚えています。

 

ただ、程なくして解決したようで、特に何事も無く普段通りの日常
に戻ったため、よく分からないまま話題にも上らなくなりました。

僕はてっきり、その時に建てられた建物も撤去されたものと思って
いたのですが、今回そうではなかったのが分かり。

しかも、何よりも不思議なのはその建物は不動産登記されていて
登記日は親がその土地を取得した日よりも前になっています。

 

話が食い違いまくっていて、訳が分かりませんでした(笑)。

揉め事には極力かかわりたくないもの。

分からないながらも事は進み

僕の記憶が曖昧な部分もあるとは思いますけれども、暴力団関係と
揉めた後からそこをしっかりと管理してもらうようにしたと両親が
言っていたのは確かです。

雑草が伸び放題だったところを綺麗にするようになったのも、目で
確かめました。

僕はどこからどこまでがうちの土地であったのか知りませんでした
ので、建物が建っていたかどうかまでは確認できませんでした。

その土地は自宅から若干離れていて歩いて行こうとは思えない場所
でしたので、子供の僕は親の運転する車に乗って素通りするくらい
しかできなかったんですね。

 

どうやらまだ不法占拠物件があるのは間違いないようで、売却する
ならばまずはそれをどうにかしてからとなり。

長年放置されているものですから、恐らくこじれるだろうな、と。
うちも負担ゼロでは済まないでしょう。

何しろ、建物が登記されてから何十年も経っています。取得時効
言われたら反論しにくい。とてもではありませんが、法律の素人が
解決できる問題ではありません。

 

個人的な疑問は、親は何故そんな不法占拠物件が建っている土地を
買ってしまったのか、という点です。

その土地は親戚がやっていた不動産屋(現在は廃業)から購入した
ものです。経営が厳しかった際に親戚のよしみで助けるつもりで、
と聞いた気がします(これも子供の頃の記憶)。

購入時点で既に登記されている建物ですから、購入時には不法占拠
されていると知りえたはず。親の確認不足か、何なのか。

終わった話ですので深くは追求しませんでしたが、少なくとも親が
揉め事の種を自ら抱えにいったのは間違いなく。空き地を購入する
際にはよほど注意をしようと思うばかりです。

 

取得時効が成立しているケースな上、相手が暴力団関係でしたので、
弁護士を挟んでも交渉は難航をすると予測していたものの。

意外にも裁判はすんなりと終了しました。当初の計画では、訴訟を
起こしても相手は出てこない可能性があるから、との算段だったの
ですけれども。

相手がこちらの言い分を全面的に認め、その後の建物撤去も速やか
に終了したそうです。

 

暴力団といえど歳を取り、また当時よりも随分と肩身の狭い生活に
なってしまっていて力を失ってしまっていたのかもしれません。

不法占拠物件ですが、登記されていた以上しっかりと固定資産税が
課税されていたようで、納税からも開放されたかったのでしょうか。

いずれにしろ、こちらとしては想像よりもベターな結果で終了して
良かったです。弁護士費用などはこちらで飲まなければならないと
思われますが、必要経費と思うしかない気がします。

 

妥協の線引きの難しさ

残るは売却です。

どうやら話によると、既に欲しいと言っている知人がいるようで、
個人売買にすれば手数料も掛からないし、価格次第ではいいのでは
と思っているのですが。

肝心な所有者である父親がいまひとつ積極的でない。単に自分から
相手に提案するのが格好つかない為に嫌だ、というだけのようです。

 

母親としては固定資産税も馬鹿にならない為早く売ってしまいたい
との思いがあるようで。

僕も面倒ごとは早く終わらせたいので、ある程度妥協して売却して
しまえばいいのにと思うのですけれども。

あまり売り急ぐとそこに漬け込まれて安く手放す羽目になります。
僕はこれまで買う側の人間でしかありませんでしたけれど、ここへ
きて売却の難しさを実感しています。

 

本当は将来、空いているならアパートでも新築して遊んでみようか
なんて思ってもいたのですが、けちがついてしまった土地ですので
諦めました。

なるべく良い条件で売却できる事を祈りましょう。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 雇用があるところに人が集まるのは昔から変わりません。
  2. 2013年1棟目の購入物件となるか?
  3. 真っ赤っか。
  4. もうすっかり東日本大震災も古い話になってしまいました。
  5. 貯蓄の一歩は節約から。
  6. 繰り返し確認をすることほど重要なことはありません。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る