経済指標の改善だけでは庶民の景況感は良くならない

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

不動産投資やら第3の事業やらを始めてから既に4年を過ぎている僕では
ありますが、一向に裕福になった感じはありません。

むしろ以前より節約意識が高まり、お金を使わなくなったようにも思う
ほどで、自分は庶民なのだなぁと意識させられます(笑)。

マクドナルドのようなファーストフード店すらも家族で行くと高くつく
からと思って自宅で自炊にしてしまいます。

 

もちろん健康面にまで配慮しての事で、味はともかくあの値段で不健康
な食事を摂るのに疑問を感じるからではありますが。最近はラーメン屋
すら行くのが憚られてしまう始末です。

当直の夕食も、殆どの人は店屋物の出前を取る中、僕は一人でコンビニ
で買った弁当を持参していて。久しぶりに店屋物を食べたら猛烈に具合
が悪くなった(食中毒ではありません)のもあるものの。

高いお金を払って多過ぎる脂やカロリーを摂取するくらいならコンビニ
弁当の方が安いしコントロールが効く分、幾らかマシだろう、と。

理想は手作り弁当ですが、自分で作るのも面倒だし妻にお願いするのも
手間を増やしてしまうのが申し訳ないので、そこは妥協しています。

 

今後も、お金に余裕ができても同じような生活が続く気がします。

事業を始めて、大きな融資を受けて以来、必要に迫られていないモノに
高いお金を払うのが怖くなってしまいました。

生産性が明らかに向上するとか、投じた資金以上に利益が得られるとか
いったプラスがあるなら大丈夫なのですけれども、そうでない場合には
お金を残しておきたくなってしまう。

 

随分と使い込んで古くなり、動きの悪くなったパソコンやタブレットを
更新するにも、それに5万円、10万円掛かると思うとまだ困ってないし
節約しよう、と考えてしまいます。

以前はいじるのが好きで2,3年おきに更新していたのに、今はお金の方
が重要になってしまったのか、買い換えに怖さを感じています。不思議
なものです。

自動車なんかは一年以上前に廃車にしましたが、新たに購入するなんて
とんでもない。全く考えられません。地方へと移住予定なのに自動車を
どうしても買おうと思えない、いえ買いたくないのは重症です。

雨の中で紫陽花が咲いているような景況感

日本に蔓延する不景気『感』

実際には、資金的余裕はものすごく増えました。自動車一台キャッシュ
で買うに普通なら躊躇が要らない程度にはお金はあります。

無理をすればちょっとしたマンションくらいなら買えなくもない。

にもかかわらずお金を使えず、現金を増やす方向に意識が向いてしまう
のは、勿論不動産投資で抱えた融資が沢山残っているとか、実家の経営
の健全性を確保したいからとかいうのもあるのですが。

 

日本全体に蔓延る、経済不安を感じさせる空気の影響を僕も受けている
のだろうと思われます。

いつまた深い不景気の谷に嵌ってしまうか分からない、足元の不安定さ
が解消されていない為に、自分の立っている場所だけでもより安定した
足場を確保したいと思わせる空気の。

これが、景気の気というものなのでしょう。

 

日本経済は、年単位で見ると雇用は改善していますし、賃上げも進み、
実質賃金もようやっと持ち上がる時期へと辿り着きました。

GDPの伸びはやや緩慢ではありますが、伸び始めています。悪い指標
もあるものの、ようやく底打ちかな、と思えなくもない雰囲気が出て
きているのでは、と感じます。

 

ですが、いくら国内の経済指標で良い数字が出たとしても不安要素が
あまりにも多過ぎです。

災害に対する不安は相当に高まっています。匿名掲示板へと書き込み
された予言とすら言えない出鱈目が広く話題になってしまう程に。

崩壊を始めている中国経済を始め、経済面でも安全保障面でも世界中
に火種が燻っています。

 

少なくとも日本国内から見る限り、不安を抱える理由は山ほどあれど
楽観的になれる状況ではまるでない。

解消されるまで今後5年から10年は必要となるでしょう。それまでは
好景気など実感できず、財布の紐を安心して緩められる時代は来ない
ように思います。

 

僕が20年程度の長期投資にこだわる理由はそこにあって。10年後の
未来を想像して、好景気真っ只中にあるイメージが湧かない為。

しかしそれ以上先であれば、予測が困難であるとの要素も相まって
もしかしたら期待できるかもしれないとも思いますし、好景気には
ならずともインフレは進むだろう、と。

先の見えている良い結果が期待のできない短期〜中期より、予測の
できない未来に期待したい、希望を追い求めたいとの願望があるの
は本当の話です。

 

大ニュースが待たれるところ

一般国民がこうやって努力をして、今を苦しんででも這い上がろう、
将来に備えようと歯を食いしばっている中、公金横領、租税回避、
収賄といった問題が次々と発覚するのは許せませんね。

事件の中心人物は何の驚きも感じない面子ばかりですが。

 

しかし相手が誰であろうと、ここで厳しく追及され、分かりやすい
責任の問われ方(逮捕実刑判決など)がされなければ、日本に漂う
悪い空気は払拭されない。辞職程度では不十分です。

警察、検察には頑張って頂いて、是非とも大捕り物をして頂きたい
と期待します。

誰のこととは言いません。対象は大勢いらっしゃいますね。

 

ただ、なかなか現実にはなってくれないでしょう。悔しいですが。

そんな政治や経済界に充満している腐った空気も、日本の先行きに
不安しか感じさせない大きな要素。

ほんの少しでも晴れ間が見えるまでは、僕も財布の紐を固くせざる
を得ないように考えています。

 

もしも大物の逮捕や不正企業への捜査が報道されたなら、その時は
少し奮発して家族とお祝いにでも行こうと思います。

日本の明るい未来願って。

何とか、早いところより公平な法整備がなされて欲しいものです。
子供たちが成人する前に。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 後からこんな顔をしないでもいいように……。
  2. 迷った時にどのような行動を取るか。
  3. 中国を知れば知るほど現状がまともでないことが分かります。
  4. 中国のバブル崩壊。本格的な経済崩壊はこれからです。
  5. 民間の金融機関はどのような決断を下すのでしょうか。
  6. 子供が増えるのはとても良いことですね。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る