力のあるものこそ率先してモラルを守るのが当然の時代へ

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

ここのところ、世の中の流れが「権力のある者はモラルを守るべきだ」
との方向へと強く向いているように思います。

既にアメリカの格差はフランス革命当時の貴族と平民の間に存在した
差を超えていると言われ、人間が受け入れられる、理性的でいられる
限界を振り切っているのかもしれません。

アメリカ大統領予備選挙で過激な発言を繰り返しているトランプ候補
が支持を獲得しているのも、それが影響をしているのは間違いない話。

 

いわゆるリベラルな動きが強まっているのでしょう。

本来、このような改革を求める動きは左翼的なもので、日本において
活動されている左翼政治団体にとっては望ましい展開であるはずなの
ですが、あまり元気が無い様子。

何故でしょうか。元々、日本における左翼は世界と意味合いが違って
いると言われておりますが、原発や安保法案の時と違い随分と静かで、
お行儀を良くしています。報道されないだけかもしれませんけれども。

 

それはともかく、このような世の中にできた歪みが矯正される動きが
出ているのは、庶民にとって良い事ではあります。

歴史上世界中で何度も繰り返されてきたことで、その度に大きな紛争
や戦争が起こっていますから、良い事ばかりではありませんが。

大した格差の無い日本においても格差是正の声が強まっていますので、
多くの人が望んでいるという事であり、争いが起きたとしても必然だ
と受け入れざるを得ないのかもしれません。

報道では庶民のモラルのなさばかりが問われているようにも感じますが。

資本主義の次とその変わり目

そろそろ新たな世界秩序が誕生すべき時なのでしょうね。

以前僕が大きな影響を受けた人物の話の中に、社会の中でまた新たな
価値観が生まれ、今の貨幣主義が急に無くなったりはしないものの、
混在期を経て人類は次のステップに向かうだろう、とありました。

話を聞いた当時は新たな価値観と言われても想像もできませんでした。
まさか物々交換の時代に戻ったりはしないだろうし、お金という存在
が消滅するのも想像できない。

 

が、今の流れから、少しだけイメージできました。

いわゆる世界は統一された自由通貨へと向かうではないのかな、と。
世界経済は一つの土俵の上で活動するようになるのかもしれない、と。

EUのユーロはあまり成功しているとは言い難いようにみえますけれど、
ビットコインのようなものも出てきています。

 

租税回避問題を解決するには、世界で統一されたルール作りを進める
以外に方法はないように思われます。

それには全ての国にとって平等なルール作りが不可欠であり、国ごと
に別々の通貨を使っている間は完璧なコントロールは不可能であり、
統一通貨は必須になります。

統一通貨となれば通貨安競争が問題になったりもしない。より公平で
平等な社会に近づきます。もしそれが自由通貨ならば流通が途絶える
恐れもないようにも感じ。

 

通貨発行はどうするのかとか、世界の国全てが足並みを揃えて一つの
価値観を共通認識とできるはずがないとか、現時点では現実的でない
としか思えませんが。

だからこそ、しばらくは共存をしつつゆっくりと変化していくだろう、
との予測だったのかな、と。

既にビットコインをはじめとした複数の仮想通貨が存在しています。
現代の価値観と新たな価値観の共存は始まっているのかもしれません。

 

この話を聞いたのは既に3年ほど前だったはずです。恐ろしく勉強家な
方でしたが、時が経つほどに感心させられます。

その人ですら、天上人の中には自分ではとても入れなかった、だから
自分は上の言葉を翻訳して理解できる形で下に伝えるのを生業として
いるのだと言われていました。

大した才能もなく努力も人並みな、完全なる一般人の僕では到底理解
の及ばない世界があるのだと、今になって思い知らされます。まあ、
僕は天上人になりたくないのでいいんですけれどね。

 

実際にはどのような変化が訪れるかは分からない。モラル無き権力者
は排除されるだろう、という程度の変化しかまだ見えません、。

しかし世の中の変化においていかれたくはありません。既に変化の時
が訪れつつありますが、流れに乗り間違えると将来辛い生活を続ける
事になってしまう。

特に、自ら事業を起こして社会に影響を与えようと思うのであれば。
その社会がどのように小さな社会であっても、大きな流れの影響力は
避けられません。

守るべきモラル、守るべき道徳を心により深く刻み、人間らしい生活
を心掛けようと思います。自分の周囲だけでも守るために。

 

率先して模範になるべき

不動産投資の世界でも、モラルを守らずに商売をしている人は数多く
存在します。ご存知の通りです。

そのようなやり方は近々通らなくなり、真面目にやっているところが
栄えるようになるだろうと信じて、情報発信を続けてきました。

確信は今もなお強まっています。

 

医療の世界でも同様です。モラル無き医師が裁かれる報道が増加して
います。群馬大事件もそうですし、芸能人医師の診療報酬詐欺事件、
小さいものでは医師の飲酒運転で懲戒免職など。

まだまだ膿は大量に残っていて。この業界も公平なものではないな、
と落胆せざるを得ない部分もありますが、きっと流れに逆らえず矯正
されていくだろうと信じています。

少なくとも僕はモラルに外れるような道を決して歩まぬよう、まとも
な医療を提供する事を信条とし。

今後、独立に向かいますが、地域にできる限り貢献していきます。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 金利が上がることは嫌なことではありますが…。
  2. このまま来年も米国金利は上昇するでしょうか?
  3. 結果は悪いけど予想通り?
  4. なんだかんだいって、中心はやっぱりこの国。
  5. 楽観できなければ外には行けません。
  6. イギリスの今後の動向はいかに。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る