「普通ではない」人間となろうとすることこそが成功への第一歩

この記事は4分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

こんにちは、きりのきです。

新年を迎えたことですし、ブログも一新しましたので、
改めましてご挨拶からスタートさせて頂きます。

このブログも記事数が300を超えていて、とてもではないですが
「既に書いてあることですから一から読んで下さい」なんてことを
言えない状態ですので。

どちらかというと、わざわざ時間を割いて読んで頂いているのですから、
より快適に読んでもらえるように僕が努力をしなければいけないこと。

心機一転、心を入れ替えて第一歩から踏み出そうと思います。

今年は尚一層がんばります。

改めまして自己紹介を。

はじめましての方ははじめまして。

『きりのき』と申します。

普段は医師をしております。平成24年4月頃から人生を軌道修正すべく
不動産投資の世界へ入りました。実際に物件を取得したのは6月のこと。

収益不動産のオーナーとなって現時点(平成26年新春)ではまだ1年半と少し、
といったところです。

主に1棟ものRCマンションを中心に扱っており、平成25年6月末に
2棟目を取得しまして、現在は2棟53戸+1戸を所有しています。

 

その直前までは不動産投資なんて「インチキである」という認識しか
ありませんでしたから、人間はちょっとしたきっかけや大切なものが
あれば変われるものなんだなと実感します。

そんな不動産の完全素人であった僕が不動産投資に手を染めることと
なったきっかけは、僕が変わり、人生という名の船の舳先の向きが
大きく変化するきっかけであったといっても過言ではありません。

 

一つは、運命の2011年3月11日。東日本大震災です。
僕は当時、仕事の都合で福島県郡山市に住んでいました。

20,000人以上の死者、行方不明者を出したあの大地震、及び今もなお
世界に注目され続けている福島第一原発事故を相当に近くで経験しました。

 

細かいところは省略しますが、現地に留まっている間はともかくとして。

そこから離れた時、それまで人生なんてレールが一本しか敷かれていないと
思っていたのが、実はレールが敷かれているどころか唯の車轍の上を自分で
沿って歩いていただけに過ぎないと気付かされたんです。

人や社会から与えられた道筋なんて、何かが起これば簡単に方向が分からなく
なってしまうし、目的地ごと壊されてしまうことすらある。自分はこれまで
信用ならないものを信頼に足るものだと思い込んでしまっていたのだ、と。

 

そして考え方をほんの少し広げてみれば、道を外れて歩き出すことなんて
実に簡単であることにも気が付きました。

電車がレールを脱線して尚走り続けることは困難極まりますが、車轍で
あったのならば小学生でもできます。いえ、思い込みの少ない子供の方が
より簡単に新しい自分だけの道を探すことができるのかもしれません。

すぐにこんな前向きな考え方ができたのではありませんが(実際、当時の
僕は親と電話しながら恥ずかしながら泣き出してしまったほど動揺して
いました)、東日本大震災が僕を変えるきっかけとなったのは確かです。

 

もう一つのきっかけは、妻の持っていた投資用区分マンション

この区分マンション自体はとてもではないですが稼ぎがでるような
代物ではなく、むしろマイナス要素の方が多いものでした。
これも細かい話は省略します。興味あればこちらをお読み下さい。

色々あって、落ち込む妻を責める気にもなれないし、ならばこの窮地
(という程のものではありませんが)を逆にうまく利用することが
できないかと考え、不動産投資について興味を持ったのが始まり。

この時「人生を変えるきっかけとなるかもしれない」と妻に伝えたのは
半分以上は妻を慰めるために口にした言葉でしたが、東日本大震災が僕に
変化を与えてくれたからこそ言えたのだろうと思います。

 

僕のブログ・メルマガに込めた思い入れ

ここに加えて、僕の小さな野心というか、夢というか。
かつての自分の行動を考察すると、私的な感情があったため行動に
結び付いたのではないかなと思います。

元々僕は小さな頃から「経営者」というものに憧れていた節が
ありましたので、ある意味で「夢が叶った」と言えます。

また、資産家になりたい、「普通」の人でありたくないという幼稚な
自己万能感・選民思想のようなものが僕の奥底にあるのでしょうね。

30歳過ぎにもなって未だに大人になりきれない自分を恥ずかしく感じつつも
人と同じである必要は一切ない、むしろ変人・変態こそ人生を最も楽しめる
ものだという今の僕の意識からすれば、子供であることは正しいとも感じます。

 

そう、現在の僕の行動を支えているのは「普通でありたくない」という
強い信条です。「特別な存在になりたい」とまではいきません。そこはまだ
僕にとっては「夢」で終わっているなと認識しています。

でも、「普通でありたくない」とは常々思っており。

もし「普通であること」を強制されるようなことがあれば、親であろうと
医局であろうと完全に関係を断つことも辞さない構えでいます。

 

不動産投資を始め、あらゆるビジネスにおいて「普通でありたくない」、
いえ「普通であるべきでない」と僕は確信しています。

それは僕だけに言えることではなく、「普通」の道から外れたいと
願っているあらゆる人にとって。

ですから、僕はこのブログに「普通のこと」を書く気は全くありません。

時に「常識」を語ることはあるかもしれませんが、一般家庭の両親が
育てた子供に願うような「普通」を語ることはないでしょう。

 

不動産投資の話を中心に添えはしますが、ビジネスとして考えると単に
「物件の探し方」「融資を有利に受ける工夫」「空室対策」などといった
具体的な不動産投資ノウハウだけを語っていては「普通」から脱せません。

皆さんに自分を理解して欲しい、凄いと思われたいなんてエゴがあるように
感じてしまうかもしれませんが、それだけではなくて。

出世だとか知名度だとか、僕は一切興味がないんです。
自分の今後のために必要とは思いますので、僕のことを深く理解して
ファンになってくれる方が増えればとても嬉しいと感じますが。

それ以上に、僕はあなたに「広い世界」を見て、感じて欲しい。
本当に、楽しいんです。感動することばかりです。
子供時代に戻ったように毎日新しい発見があります。

僕の稚拙な言葉では表現しきれません。言ってみれば、ソムリエがワインの
素晴らしさ、奥深さを知って欲しいがために複雑怪奇な言葉で表現をする
ようなものでしょうか。

 

僕はこのブログやメールマガジン、その他未定の媒体で、あなたに向かって
情報を発信していきたいと思います。

僕が正しいから読みなさいとか、知らないと損しますよなんて言いません。
何事も強制することは大嫌いです。

ですから、一言だけ。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございます。
これから読んで下さる方、きっと楽しませてみせます。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 既に立ち直りましたが。
  2. お金に目が眩んでモラルを忘れる人間にはなりたくないものです。
  3. うちの子ではありません。
  4. 時にはじっとひとつの物事を見つめてみるのもいいかもしれません。
  5. キッチン用にこんなものも買いました。
  6. もう本当に申し訳ありません。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る