時間は欲しいけど収入は減らしたくないワガママを不動産投資は聞いてくれる。

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

こんにちは、きりのきです。

僕は昔から暑いのが苦手で、この時期は非常に気力も体力も衰えます。
加えて風邪を引いてしまいました。子供の風邪が感染したいつも通りの
パターンです。

 

しかし仕事を休むことはできません。今勤めている病院には僕の代わり
を担うことができり医師はいないからです。

事前に予定した休みであれば大学医局から代診をお願いすることは
簡単ですが、急な休みまでには流石に対応できません。状況次第で
出してくれることもありますが、無理なお願いはしたくない。

結局、身体が動くのであれば休みを取らず自分で仕事をするのが最も楽
(精神的に)なので、肉体のしんどさには目を瞑ります。

 

ですが、もう少し歳を取ってしまったらこのような無理を肉体に強いる
のは難しくなるのでしょう。

僕も30歳代半ば。遅くても5年以内には今のような環境から離れられる
ようになっておかなければなりません。

せめて週2日休みを取れるようにならないと身体がもたなさそうですね。

一日眠っていたいですが、そうもいっていられないのが辛いところ。

時間が欲しいからこそお金を稼ぐ

僕の目標を大雑把にまとめてしまうと、環境を壊さずに自分の好きな
ことをやれる時間を手に入れること、です。

やりたいことが多すぎて一つひとつ書いてられませんので大きな括りで
まとめてしまいましたが、確実に言えることは僕が欲しいのはお金では
なくて時間であること。

チャレンジしたいことに挑むための時間が欲しいというのがメインです。

 

私的なことでお金がたくさん欲しいとはあまり思いません。良い車が欲しい、
大きな家を建てたい、そういった贅沢にお金を使うことにさほど興味がなく。

せいぜいが食べたい時に食べたい物が食べられればいいかな、と。

そんな程度であれば普段のサラリーだけで何とかなりますので、不動産投資
なんてする必要は全くありません。

 

ではなぜ不動産投資を始めるに至ったかといえば、大まかな流れは過去の
記事やプロフィールに書いてある通りですが、そこを突き詰めると「時間」
を作るためであることに辿り着きます。

今の環境では、ある程度のお金は得られても時間はいつまで経っても決して
手に入りません。

現在の僕は「時間」と「労働力」を消費して「お金」を手に入れているから。

 

お金を手に入れるためには時間と労働力の両方を捧げなければいけません。
どちらかを小さくすれば、得られるお金も小さくなります。

今は家庭を持ち、子供もいます。家庭を築いた時にはまだ不動産投資をしては
いませんでしたので、家庭の将来計画はサラリーを当てにした内容です。

つまり、得られるお金を少なくする訳にはいかないんです。よく「一度上げた
生活レベルはそう簡単には落とせない」と言いますが、まさにその状態。

一度家族持ちとなればそれを捨てることはできません。自分のためにも家族の
ためにも、収入は維持しなければいけない。

収入を維持するためには、時間と労働力の消費を抑えることはできませんね。

 

そんな状況を打破することができる可能性を備えているのが、不動産投資です。

 

得られた利益の使い道

残債が多く残ったまま転職したり、独立起業したりすることはあまり勧める
ことではありません。リタイアなんて尚のこと。

ですが、地盤さえしっかりと固めることができればむしろ推奨します。
一度きりの自身の人生を謳歌するためにも。

 

僕のように出世や研究に興味のない医師なんて、身体が衰えて現在の仕事の
スケジュールが維持できなくなればいずれ収入は減少してしまう。

かといっていきなり開業に転向するにしても大きなリスクを伴いますし、
融資を背負う分だけ勤務医時代よりも収入が下がってしまうなんてざら。

 

不動産投資は例えるならば、現在と理想の間に掛かる今にも崩れ落ちそうな
橋を下から補強してくれる、強固な橋脚です。

たった一度の人生ですから、やりたいことはやればいい。ただ、渡っている
間に橋が崩れてしまうようなことのないようにしなければいけない。

理想を実現したいならばやるべきことは唯一つ。不動産投資の安定化です。
不動産投資を安定させてしまえば何も心配がなくなります。

 

僕は不動産投資をそのようなものと考えています。

不動産投資で得られる全てのお金は将来への投資のためであり、贅沢などと
いうくだらない一時の満足のために存在するのではありません。

こんな考えだからこそ、この2年と数か月、今のペースで投資拡大ができ、
トラブルが起きつつも迅速な解決を図れて軌道に乗せることができたのだと
確信しています。

得た利益を再投資に回すことに一切の躊躇はありません。

 

目標は遥か彼方

完全に安定して資産拡大の道筋が立つまで後5,6年程度を見込んでいます。

それが早まるか、より時間を要するかは今後の景気動向や父親の健康など
に大きく依存していますので、不透明ではありますが。

今のペースでいけば、数年以内にもう少しばかりは時間的余裕を得ることが
できるのではないかな、と期待しています。

 

でないと身体が持ちません。子供だってもう一人欲しいですし、今後も子供
から風邪を染されるのは数年続きます。(笑)

希望通りいくかは、神のみぞ知る、と。が、その神は自分の中にいます。

まずは風邪を治して……夏から秋にかけて疾走しようと思います。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 忙しい夏も終わって、ちょっと一休みといきたいところですが。
  2. 今年はひつじ年ですね。
  3. 2017
  4. 太陽がお金を生み出してくれる時代です。
  5. 既に立ち直りましたが。
  6. 恐縮です。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る