不動産投資で失敗しないためにもっとも重要な人脈の話

この記事は4分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

不動産投資で失敗しないために必要なもの。

何でしょうか。

 

大事なものは色々あると思います。

 

自己資金も大切だし、属性も大事。
知識は絶対に必要で、自己投資もしなければいけない。

絶対に成功させるという気概や一歩を踏み込む勇気もいる。

家族の理解は得なければいけないし、
積極的に協力してもらえればなお良し。

 

重要なものは数多くあります。
ですが、失敗をしない、という意味で絶対に欠かせないもの。

それは、人脈です。

時代が変わると、人との繋がり方も変わっていきます。

僕が不動産投資を続けられる理由

僕が不動産投資でこうしてほとんど何もせずに
家賃収入を得ることができているのは、
人に恵まれたからと言っても過言ではありません。

僕自身は客付能力もないしリフォームの知識もない。
建物を細かく精査もできないし、
自分で税金対策を完璧にこなせるわけでもない。

 

できることと言ったら数字と物件情報をインプットし、
買うべきか買わざるべきか直感任せるくらいです。

誤解のないようにお伝えすると、僕の言う直感とは
「勘」ではありません。情報を統合して最終的に
無意識が判断した結論、です。

直感が働いたあとはちゃんと検算もしますからね。

 

この直感を信じられるのも、信頼できるプロと
良い関係を築けているからに他なりません。

 

いくら見かけ上いい物件であっても管理が悪ければ
入居者は離れていくし、建物は痛んでいく。

家賃収入を多く得られても、会計が上手くないと
経営はままならない。

そもそも仲介業者が大事な情報を隠蔽したり、
「ものは言いよう」で誤魔化すようなタイプであれば、
不安で購入することすらできない。

 

僕は多くの素晴らしいプロに恵まれ、
ここまでやってきました。

今後も良い関係を続けるべく、努力をしていきます。

何しろ僕の不動産投資方法では、
この関係が維持できなくなったら
すべてがダメになってしまいますからね。

 

信用できる情報源の確保が失敗しないための鍵

ではこの素晴らしい人脈を僕が手に入れたことが偶然かというと、
実はそうとも言い切れません。

僕が、ただ良い儲け話はないかとあっちへフラフラ、
こっちへフラフラとするようなステージが低い人間だったら
これほどのメンバーが揃うことはなく、不動産投資業界の
養分となって食い散らかされてしまっていたことでしょう。

 

不動産の世界も弱肉強食。

信念もなく目先の利益を追い求め、
養分となる人がいるから稼ぎが出ます。

 

ある人は仲介業者に食い物にされ、
ある人は管理会社にじわじわと吸われ、
ある人は同じ投資家に買い叩かれる。

日本人が考えるような「仕方ない」という運命ではなく、
全ては自分自身の行動の結果です。

 

これまでお伝えした通り、自分のステージを上げるというのは
とても重要な考え方。

よく、友人10人の年収を平均すると自分の年収になる、
なんて話がありますが、それはつまり近くには
同じようなステージの人間が集まってくる、というだけのこと。

自分のステージを上げることで周囲の人間のステージも高くなり、
よりレベルの高い環境が出来上がるのは当然です。

 

それとは別に考える必要があるのが、信頼できる情報源について。

どこの業者は信頼できる、あの金融機関は融資が出やすい、
またはどこそこは対応が悪い、信じられない、といった評判。

 

結局評判というものはそれを評価する人のフィルターが
大きく影響しています。

多くの人から意見を聞くことができれば、
総合すると良し悪しは見えてきます。

病院の評判や医師の評判なんか典型ですね。
医療業界は悪い噂が非常に強く回ってしまうのが
悩みのためですが。(笑)

 

ただし残念なことに、不動産投資関係の良し悪しの噂なんて
せいぜい出てくるのは金融機関くらい。

金融機関の情報も普段は隠されていて、
表には出てこない情報が多いもの。

とすれば大事なのは信頼できる情報源の確保、です。

 

不動産投資で常に最新の情報を手に入れるには?

不動産投資の情報源、特に生きた情報を得ることは、
昔よりも今の方がはるかに得やすくなっています。

インターネットの発達が非常に大きい。

 

返事がもらえるかどうかは別として、メールアドレスや
Facebookアカウントなどを公開している人であれば、
誰であろうと連絡を取ることができる時代です。

公開された場で個人が総理大臣に意見を言える時代なんて、
インターネットが発達してからも想像はしなかったでしょう?

 

例えばあなたが、僕が不動産投資で信頼してお付き合いしている
仲介業者を知りたいと思ったならば、僕にメールを入れて
コミュニケーションを取り、僕と友人関係になるだけでいい。

信頼できる友人のためになってあげたいと思うのは
情のある日本人として当然。

 

僕でなくても、不動産投資家の著名人はたくさんいます。
ブログで情報発信をしている人は本当に多い。

その中から、自分が信頼できると思った人に
損得感情なしにまずはコミュニケーションを取ればいいんです。

 

気を付けたいのは、ただ「教えて下さい!」なんて言っても、
誰も教えてくれません。

道端ですれ違った見知らぬ人にいきなり、
「この辺りでおすすめの安くて美味しいカフェを教えて下さい!」
なんて言われて、ぱっと教える人がどれくらいいるでしょうか。

カフェがガラガラで潰れる寸前、それは困るから
集客を手伝ってあげよう、なんて思いがある店があれば
紹介することもあるかもしれない。

でも、普通はいい感情を持たないことが多いでしょう。
怪訝な目で見てしまう人がほとんどと思います。

 

不動産投資では、情報収集という意味でも
積極的にコミュニケーションを取る能力が必要なものなんです。

 

成功者に共通するのは積極的な行動です

小学生の時と違って、歳を取ると友達を作るのは難しい。
近くにいれば誰でも友達になれたあの時代、懐かしいですね。

でも大人になるとどうしても損得感情が強くなり、
相手より有利な立場に立とうと、また物事を荒立てないようにと
感情を隠そうとしてしまう。

 

もし本当に有用な情報を手に入れたいなら、
まずは利害関係を無視した人間関係作りをしてみませんか?

僕も人とコミュニケーションを取るのは
決して得意な方ではありませんでした。

 

それでも、ビジネスというコミュニケーションツールを使い、
情報を手に入れ、信頼関係を構築し、不動産投資家として
活動を続けることができています。

優良な情報発信者を見つけ、心から信用できると
思って積極的に行動したからこそです。

 

ブロガーをはじめ、情報発信者にとって一番嬉しいのは、
素直な感想をいただくこと。

メールがくると、本当に嬉しいです。

もし気になる人がいるようなら、ぜひとも積極的に
アクションを起こして下さい。

あなたからこちらに連絡はできても、
こちらからあなたを見つけることはできません。

 

特に僕は初心者向けのブログを毎日毎日更新するような人間ですので、
質問や感想は本当にウェルカムです。

質問にお答えすることで情報発信のネタなったり、
深く考えるきっかけとなったりで、
僕にもメリットが大きいですから。

同じ目標に向けて歩く者同士、コミュニケーションを通じて
切磋琢磨し、有益な情報交換を積極的にしましょう!

 

コンタクトフォームはこちら。

Facebookの友達申請もお待ちしています。
(具体的なメッセージを下さい! スパムと区別がつきませんので……)

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ゴールを見据えなければシュートはできません。
  2. 時間とお金、どちらが大切でしょうか?
  3. 轍の上を走るのはとても楽なことですが。
  4. 理科の実験でも結果を知るのではなく、なぜこうなるのかが大事でしたよね。
  5. 次の世代のことも考えなければいけませんし。
  6. MERSがパンデミックへと向かわないことを祈ります。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る