2棟目の購入準備と法人所有と運の良さ

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

ここ1年間停滞していた僕の不動産投資の近況に、
ついに本格的に動きが出てきました。

1年間停滞していたということは要するに、
1棟目取得してから何もしていなかった、
ということなんですが。(笑)

何もしていなかったというのはあくまでも
不動産投資の規模を拡大するための具体的な行動を
起こしていなかったというだけで、決して勉強も
電話対応もしなかったなんてことはありません。

1年間、力を溜めることに徹底してきたので、
今こそそれを爆発させる時です。

2棟目はぜひ法人所有としたいですね

いちサラリーマンからビジネスマンへの転換

僕の場合、元々の給与所得が多めではあったので、
そこを最大限に生かして1棟目に規模の大きい収益不動産を
購入することができました。

金融機関においては医師という職業は高く評価を
していただけるので、幸いでした。

でも、ここからは違います。

 

僕程度の信用力なんて、1棟目の取得で吹き飛んでいます。

これからはサラリーマンという地位を利用した立ち回りは
一切通用しません。

むしろ債務超過に陥っていたりすると、
かえって信用を担保に借り入れしたことが足かせとなり、
今後の融資を受けられないなんて事態も。

 

さらに、僕はこれ以上個人の収入を増やしても
税金ばかりが増えてしまい、経営は厳しくなってしまう。

つまり、収益物件を法人所有とする。
法人融資を受けなければいけないんです。

 

法人は僕とは別人格。金融機関によってはほぼ同一と
扱ってくれることもあるようですが、そもそも僕の
個人としての信用余力はもうあまりない。

ということは法人として信用が認められる、
事業主としての僕を信用してもらう必要がある。

ここからは、医師だろうと弁護士だろうと関係ない、
本当のビジネスマンとしての道のりです。

 

今は10年に一度の事業性融資を受けやすいタイミング

法人融資、法人に限らないので事業性融資と言い換えましょうか。

事業性融資を受けるというのは、一つの壁です。
金融機関に経営者として認められない限り、
絶対に事業性融資は出してもらえません。

特に去年までは金融機関も融資への姿勢が厳しく、
しっかりした実績と信頼がなければ、
軽々とは出してもらえるものではありませんでした。

 

幸いなことに現在はアベノミクス真っ只中。

異次元と言われる金融緩和を実施し、
融資を受けるという意味では2013年は
絶好のタイミングと言えるでしょう。

特にここ最近、国から金を貸せとせっつかれ、
株価が大きく上昇して国債の旨味が薄れた今の時期、
金融機関は安全で不良債権になりにくい、
かつ利回りの良い貸出先を探しています。

 

金融機関は金融庁に監視されていて、
投資先が偏りすぎたり、逸脱していると問題だそうです。

株が値上がりしているから資金を国債から株へ
移せばいい、という理屈は通用しません。

事業に融資したり、個人に貸したりとバランスが求められます。

 

そこで目に付くものとして、不動産というのは
金融機関にとって非常に扱いやすいもの。

個人でもあり、事業でもあり。

担保価値としても下がり続けた結果、
今後の国の金融政策を加味して検討すると
安全に回収できる投資先として捉えている向きがあるようです。

 

つまり、住宅ローンやアパートローンとしても、
事業性融資としても、不動産関連は非常に融資を受けやすい。

10年に一度のチャンスが今、と言っても過言ではないでしょう。

 

このタイミングで法人所有が期待できる物件と
縁があったのも僕はとても運が良かったです。

今後がどうなるか、本当に事業性融資が
受けられるかはまだ未知数ですが。

 

運が良い人と普通の人の差

これをただ運が良いだけかと捉えるかどうか。

確かに運が良いと言うべきですが、
運を引き寄せられるかどうかは自分次第

いかにここまで準備に励んできたか、です。

 

冒頭にも書きましたが、僕は1年間力を溜めてきました。

資金ができると途中新しい収益物件が欲しくなったり、
為替が気になったりもしましたが、
目を瞑ってビジネスの勉強、実践に励みました。

 

不動産投資で得た資金も手をつけることなく、
蓄積されるに任せてきました。

甲斐あって1年で資金も貯まり、知識も得て、
精神的にもかなりレベルを上げることができました。

次の段階へ進むための準備は間に合った、と言えるでしょう。
今までの努力があったからこそチャンスを見抜き、
運を手にすることができました。

 

よく才能がないから、とか頭が悪いから、
と理由付けて実際の行動を起こさない方がいます。

僕だってビジネスの才能なんてないし、
頭だって良くありません。

僕がもっと頭が良ければ東大にでも入り、
きっと官僚コースを目指していたでしょう。

 

でも、そうじゃないんです。
結局は行動を起こせるか起こせないか。
どんな小さなことでもスタートできるかどうか。

そしてそれが間に合うのかどうか。

成功、失敗の問題ではない。
始めるか始めないか。先へ進む勇気と続ける精神力が
持てるかどうかが問題なんです。

 

行動してこそ初めて成功を得られます。
成功するチャンスを見逃さないためには、
準備をすることに努力をしなければいけない。

才能が無い、頭が無いと思っていても、
それでも自分を変えようとする努力があって、
初めて運はついてきてくれるもの。

運を良くすることは、可能です。

 

相談メールはいつでもお待ちしています

色々、ご相談を頂いています。

誰もが自分を変えたい、未来を変えたいと
強く望む方々ばかりです。

悩みは人それぞれですが、私たちの目標は同じ。

 

まっさらで今更間に合わないとか考えず。
悲観的に生きるのはそろそろやめにしましょう。

以前も言いましたが、もう一度言います。
準備をする期間は2013年が最後のチャンスかもしれません。

すぐに借金を背負う必要なんてない。
焦って間違った収益不動産を購入する必要はない。

 

今は、準備をして下さい。

自学自習では時間がかかり過ぎます。
分からないことは、人に聞いて下さい。

そして、少しでも運が良くなるように、
自分のステージをあげて下さい。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 確定申告といえば梅の花の季節です。
  2. まだまだひよっこです。
  3. 目的のある勉強は楽しいですね。
  4. 雇用があるところに人が集まるのは昔から変わりません。
  5. 誰かがあなたを狙っているかもしれません。
  6. ある意味一人でのんびりの休日です
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る