目標なくして不動産投資の成功はあり得ない

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

僕がしつこいぐらいに目標の設定にこだわるのは、それが何よりも優先される
重要なことであるからに他なりません。

自分自身がどのような人生を送りたいか、なぜ今の自分を変えたいのか、
自分の何を変えたいのか、そこが間違っていると「何をしても駄目」なんて
状況に陥ってしまうからです。

 

物事を客観的に判断することは大切なことである、とはよく言われることで
僕も強い共感を覚えます。

以前何度かお伝えした、フィルターを外して真実を見定めよとの話はまさに
客観視の極みですね。

自分の色眼鏡で視る世界は、真実の一つの要素でしかありません。

 

ですが私たちが人間である以上、忘れてはならないことがあります。
自分自身の人生は、自分の主観が全てであるということ、です。

人生の目標を見失ってはいませんか?

個が重要視される時代

世の中、どうしても感情を押し殺しておかなければいけない瞬間はあります。
自分の主張ばかりを押し通そうとしていれば人間社会は回らないことを理解
されていない方はここにはいないでしょう。

人は常に自分の気持ちと現実を天秤に掛け、生きているものです。

 

出勤をするのがかったるくても仕事をしなければ食べていけないので、
重い足取りで職場へ向かいます。

苦手な取引先でもノルマを達成するために訪れて頭を下げます。

家庭内で多少イラッとすることがあっても、円満な関係を維持するために
譲歩した経験が無い方はいないでしょう。

逆に、自分が自分がとアピールばかりであったり、主張を何としても押し
通そうとする人物に不快感を覚えたこともあるのではないでしょうか。

 

昨今ではコミュ力なんて言葉にこの問題を押し込めようとしてはいますが、
コミュニケーションは天秤を構成する一要素にしか過ぎません。

もっと多彩な視点で人間社会で円滑に生きていくための天秤を考える時が
来たと言っていいでしょう。

 

人生は自分そのものです。時に自分を押し殺した人生を善しとする方も
いますが、それは自分の命、時間を全て捧げることができる何か、主に
人物に出会ったからこそ。

そして決して自分に嘘をついて生きているのではなく、むしろ自ら道を
選択した結果ですから自分に正直に生き抜いたといって間違いない。

それも一つの道と思います。

 

しかし戦国の世も世界大戦も終わり個が重視されるようになった現代、
自分の人生を捨ててまで尽くすべき人物、存在等を持たれている方が
どれほどいるでしょうか?

一般庶民であればせいぜい家族のためといったところ。その家族も赤子を
除けば決して時代の波に呑まれるような弱い存在ではありません。

家族に対するある程度の義務はありますが、決して自分の人生を全て捧げ
なければいけないほどの苦労はないはずです。

 

現代に生きる人間、少なくとも日本人は人生に余裕があります。家族を
支えながらもまだ何かをやるための時間がたっぷりと残っています。

その時間こそ、天秤に掛ければ何よりも重い自分の意思そのものです。

 

なぜお金が欲しいのかを深く考える

その余った時間をどのように過ごすべきか。

個人的な意見を言えば究極的には好きに過ごせばいいと思います。
一度きりの自分の人生ですので。

 

目標を持っている方は実に充実した人生を過ごされています。好きで
研究職につかれている方なんて楽しいでしょうね。好きなだけ研究に
没頭することができるのですから。

そういう方の中から、山中教授のような素晴らしい成果を残される方が
現れます。例え歴史に残るような成果を残せなかったとしても、きっと
充実した人生だったと最期に思うことができるでしょう。

 

不動産投資を志している方が何を求めているかといえば、お金です。
お金を必要としない方が不動産投資をすることはありません。

ただし、お金が手段でしかないことを忘れてはならない。
お金がいくらあっても使い道が無ければ価値はない。

何かにお金を利用したいからお金が欲しいのですよね。

 

お金が欲しい「理由」が何か、その理由に対する想いの強さがどれ程か
によって、人の行動力は大きく差が出ます。それは結果に直結する。

例えば前述の研究者で、ただ仕事だと思って漫然と実験を繰り返す人間と
真理を追究することを人生の目標とした人間とでどちらが結果を出すか。
言うまでもないでしょう。

ビジネスでも、不動産投資でも同じであることももちろん言うまでもない。

 

不動産投資の世界には強い想いを抱いて誰にも負けない行動力を発揮して
いる方々が大勢います。その多くは成功しており、現役の投資家でもある。

何となくお金があった方が良い人生が送れるだろうなんて中途半端な想い
で強豪たちに敵うと思いますか?

不動産投資はライバルとの戦いでもあるのですから。

 

具体的なイメージがあれば諦められない

ライバルと戦う以前に、目標なく漠然とした気持ちでいては自分自身にも
負けてしまうことがほとんどです。

ビジネスですので、大変なこともたくさんあります。どれ程の投資家希望
が不動産投資に挑戦しようとして購入前に挫折したでしょうか。

挫折した方はある意味賢明であったとも言えますが。何しろ目標もなく
航海に出ようとしたものの「やっぱりやめた」ですから。

 

本当に不動産投資にチャレンジしたい方。挫折したくない方。

まずは人生において何を成し遂げたいのか、何に貢献をしたいのかを
できる限り具体的にイメージして下さい。

重い腰を上げるためには、目標を達成する強い想いが必須です。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 「売る研究」は遥か昔から世界中でされていることです。
  2. 明文化することはビジネスで絶対に欠かすことができません。
  3. おまかせできるのは頼もしいところですが…
  4. これからどうなっていくのか。楽しみでもあり、不安でもあります。
  5. 医師もお金の悩みを抱えているケースは多いです
  6. 持ち家に資産性を期待してはいけないと個人的には思います。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る