不動産投資で満たしたいことと不動産投資のために捨ててはいけないもの。

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

新年度を迎え、心機一転気持ちを引き締めて仕事に取り掛かる方も
数多いことと思います。

1年の始まりは1月ですが、抱負を抱えたり何かの決心をするのは
年度の始まりである4月が相応しいのではないかな、と個人的には
感じます。

僕も不動産投資を始める決心をしたのは4月頃。もう2年にもなると思うと、
不思議な感覚ですね。不動産投資のポートフォリオを思い浮かべると、
「まだ」2年か、というのが本音ですが。

 

余裕が無かったあの頃思うと、随分生活は変わりました。

やることは圧倒的に増えています。それ以前は医師としての仕事を
眈々とこなしていただけ。今は医師として働きつつ、不動産投資を
やり、こうしてブログやメルマガも書いています。

2人目の子供も生まれましたので、家に帰っても落ち着く暇なんて
全然ありません。

それでも、以前よりもずっと余裕のある生活を送れているように感じます。

 

金銭面でもまだまだです。扱うお金は3倍以上に膨れ上がりましたが、
結局経費やらで支出も大きく、プライベートの貯蓄を増やすまでには
もう少し時間が必要。

納税額は大幅に増えていますので、かえって手元の気軽に使える資金は
減ってしまったほど。金融資産自体は増えていますが、ほとんどはまだ
使ってはいけないお金です。以前よりも支出には気を遣います。

お陰で妻にも節約志向が芽生えてきました。日頃から2人で話し合いながら
事業を進めていますから、僕の考えが伝染してくれたようです。

こうしてお金についても不自由が増えているにも関わらず、やっぱり
以前よりも生活に余裕を感じます。

 

何故だろう、と考えてみました。

今のところ出た答えは、「自己実現欲求を満たすべき段階に来たから」です。
それが精神を安定化させ、多少のことでは動揺することのない自分を作る
きっかけとなっているのだろうと思います。

結局欲求を満たすことだけが生きる意味なのかもしれません。

マズローの欲求5段階説

人間には所属欲というものがあると言われています。
どこかに所属していることで精神的な安定を得たいのでしょうか。

具体的には、心理学ではもはや古典といわれるマズローの欲求5段階説
参照してみると。

生理的欲求(食事や排泄など本能的な欲求)、安全欲求(住まい、健康、経済など
身の安全を維持したい欲求)を満たすと、次に社会欲求、愛の欲求を満たしたく
なるのであると書かれています。

多くの人間が起業するよりも就職することを望む、また中小企業よりも大企業を
希望するのは、この社会欲求が関係しているのかもしれません。

 

ちなみにその後は尊重欲求自己実現欲求と続きます。

人間は一つを満たすとその次欲求を満たしたくなり、またそれこそ人間が
行動を起こす強力な動機になるのである、と。

 

ただ、僕が思うに高次元の欲求ほど、実現に対する焦燥感を感じにくく
なっていくのではないのかな、と思います。

極限までに栄養が足りなくなれば生きるために何でもしようと思いますし、
宇宙船の中で空気が不足してくれば仲間を押しのけてでも自分の空気を
確保しようとするでしょう。

生命が確保されれば次に欲しくなるのは自宅ですが、食べ物ほどには獲得に
焦りを感じることはないかと思いますし、健康的な食事をしようというのは
ある程度余裕があればこそ考えること。

 

所属欲も、生理的にも安全面も守られていれば、食事も困らずに摂れ、
安全な住まいがあり、健康であり、お金も最低限あるならば急いで
就活をしなければ、とは感じにくいもの。

低次の欲求を満たせば満たすほど精神的な安寧が得られ、じっくりと
高次の欲求を実現をしようとするのではないのかな、と考えます。

僕が不動産投資を通して実現したい欲求は完全に「自己実現欲求」の段階に
入っています。不動産投資を始める以前は尊重欲求を満たしたくて仕方ない
のにその方法が分からず、精神的に不安定だったのかなと。

不安定といっても、そんな大したものではありませんが。(笑)

 

不動産投資を通して何の欲求を満たしたいのか

不動産投資をしようと思われる方のほとんどは、尊重欲求か自己実現欲求
満たそうとしていることと思います。

不動産投資は最低限の生活を確保した人が生活をより良くしよう、夢を叶えようと
する時に、実現をするための手段の一つとして始めるもの。

逆に言えば、不動産投資をすることにより社会欲求や愛の欲求を犠牲に
することはあってはならない、とも言えます。

 

じっくりと冷静に欲求の実現のため行動をしたいならば、まずはこの
3段階目までないしは4段階目までの欲求をしっかりと満たしておき、
精神的な安寧を得ておくことが大切なのかもしれません。

また、既に3段階目、4段階目までを満たしているにも関わらず、何か落ち着かず、
多少の焦燥感を感じてしまっているのならば、自己実現欲求を満たす段階まで
自分を持ち上げるため、行動を起こした方がいいでしょう。

その導入として、不動産投資はとても適していると思います。
今の環境を崩さずに開始できますし、自身の経済規模を大きく拡大できる。

自己実現の足掛かりとしては最適と言えるのではないでしょうか。

 

是非とも、欲求という観点からもご自身を振り返ってみて下さい。
新しい発見があるかもしれませんよ。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 不動産投資の勉強をするなら今でしょう。
  2. 少子高齢化を克服できるかが日本の鍵
  3. 日本銀行を上空から見ると円に見えます。
  4. 電気代も早く安くなってほしいものです。
  5. 海から望むみなとみらい21の風景
  6. 画像はうちの子ではありません。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る