意思の力に期待するよりもビジネスから逃げられない環境作りを。

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

先日、税理士さんに所有不動産の収支報告書や領収書などの
資料を送付するために、書類整理を行いました。

いつも意外と時間が掛かってしまって大変だったのですが……。

今回は作業場の整理を行ったところものすごく作業が効率化し、
あっという間に終わってしまいました。

棚を購入して資料置き場とプリンタを近場に移動させただけ
なんですが、とても良かったです。目立つ場所で作業をして
いると子供も手伝ってくれるし。

 

環境作りというのはとても大切ですね。今後、これまでの資料の
整頓も含めより仕事をしやすい環境を整えていきたいと思います。

黒字が極端に大きくなったり、法人で資金に余裕ができたりすれば、
自宅とは別に事務所を借りたいところですが、それはもう少し先の
話でしょうか。

ついついサボってしまう人は意志が弱いのではなく環境が悪いんです。

人間の意志なんてものに期待してはいけない

実際のところ、環境というのはものすごく重要なことです。

人間の意思なんて弱いもので、どんなに強い意思を持って何かに
挑戦をしようと思っても環境整備が不十分だと簡単に折れます。

本当にあっさりと。人間の意思の力なんてシャーペンの芯ほどの
強度しかないのではと思ってしまうほど。

 

日常的にそれを実感するものといえば禁煙やダイエットなどが
最もメジャーなものですね。

どちらも気合を入れて始めたものの、1ヶ月も持たずに元通りの
生活に戻り、諦めてしまったなんて経験をお持ちの方も多いのでは
ないでしょうか。

人が吸っているのを見て1本だけと思い吸ってしまった。
ウォーキングをしてみたが1日休んだらそのまま辞めてしまった。

 

実際、こういった失敗がなぜ起こるかといえば、人間の肉体を
甘く見ているからです。

結局のところ喫煙をしたい、甘いものを食べたい、運動を休みたい
といった欲望は体内の内分泌系が関係しています。

喫煙をしたいとの欲望はニコチン受容体が空であることを知らせる
脳からのメッセージ。

閾値が上がりすぎた満腹中枢の感度を取り戻すことができなければ
大食いを止めるのは容易ではありません。

 

肉体と精神はお互いがお互いに影響し合っています。

うつ病などの精神疾患が薬を投与するだけで簡単に治ったりはしないように、
肉体の影響も精神力だけで押さえ込むのは現実的ではありません。

人により、場合によりそれが可能であることは確かですが、
万人があらゆる場面で成功するかと言われれば、それは否。

 

そんな弱い人間を支えるのが「環境」です。

環境作りをしっかりとしておくことが、行動を起こすことができない、
継続をすることができない人が成功をするための重要な因子であることは
間違いありません。

 

形から入ることも意外と効果的

人は周囲の環境の影響を受けやすくできています。

「朱に交われば赤くなる」なんてことわざもありますね。

子供が親に似てくるのは遺伝的要因だけでなく、親の傍らで成長期を
過ごすことも強く関係しています。

アマラとカマラのような極端な例が真実かどうかは分かりませんが、
国によって国民性に違いがありますし、他人種が生活する国でも
多くの場合はその国の文化に溶け込んでいくのが一般的。

最終的には人種の差より生活環境の方が人に強く影響を与えているのでは
ないかとすら感じます。

 

周囲の刺激がなくなったり、逆に強すぎたりすると、精神は蝕まれます。

音も光も匂いもなにも感じない空間に人を閉じ込めたらどうなるでしょう。
ICU症候群は昼も夜も明るく騒がしいICUという環境が強く影響します。

急激に環境が変わりすぎると、せん妄と呼ばれる錯乱状態に陥ります。

 

負の側面ばかり挙げてしまいましたが、逆もまた然りであることは
すぐに想像がつくのではないでしょうか。

子供が親と同じ職業につくことが比較的多いのも、環境の影響であると
いって違いないでしょう。

 

環境は人との関わりだけでなく、あらゆる部分が影響します。

自宅では勉強が手につかないけれども図書館やカフェなどでは
効率が大幅に上がる方は多いのではないでしょうか。

子供を自室ではなくリビングで勉強をさせると集中力を発揮する
と言われるのも、自室に数ある誘惑から離れた環境に子供を置く
ことが功を奏しています。

 

もしなんらかの事象で「うまくいかない」と思うようなことがあったら、
環境を整えることから始めてみるのは大切なことです。

案外「形から入る」タイプの人の方が、継続率や成功率が人より
高かったりするかもしれません。

 

ビジネスに集中できる環境作りをしよう

もしあなたが不動産投資を始めることができなかったり、サイドビジネスを
始めたけれども長続きせず、結果が出る前に終わってしまった経験を持ち、
それについて悩んでいるならば。

まずは環境の構築をしてみることをお勧めします。

 

ビジネスから逃げられない環境を作るんです。

自分が大金であると思うほどのお金を使って自己投資をする。
作業用の事務所を借りる。
配偶者や子供、親に宣言をする。

続けることから逃げてしまうようであれば、逃げられないような環境に
自分を置いてしまえばいい。

それが嫌だと思うようであれば、その程度の願いなんです。
下手に挑戦しないほうが幸せのままでいられるでしょう。

 

そんなことはない。自分にとってはどうしても成し遂げたい大切なことだ。
一度きりの人生、絶対に今のままで終わりたくない。

そう思えるのであれば。

まず、環境作りを始めましょう。周囲の理解を求めること、
学びの場を構築すること、逃げ道を事前に塞いでしまうこと、
邪魔となる誘惑は全て捨て去ること。

ビジネスそのもの、不動産投資そのものを趣味として楽んでしまうこと。

 

環境さえ整えてしまえば、継続率、成功率はぐっと上がるはずです。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 市場を巻き込むうねりとなるか。期待しています。
  2. ビジネスが短命に終わる3つの理由
  3. 格差是正のために変人になる。
  4. 拡がる格差にうんざりしますか?
  5. 原則を知ってこそ応用ができます。
  6. 成功への階段は終わりがありません。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る