クレジットカードに更新の一手間。支払い方法も多様化が正解か。

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

支払いをするならクレジットカードが最強だと思っていましたが。
思わぬ弱点を見つけてしまいました。

カードの更新時が面倒です。

 

普段使う分には何も気にならないカードの有効期限ですが。

毎月の支払でカードを設定していると、カードの更新時にいちいち
変更をしなければならない事に気が付きまして。

色々とカードの利用を増やすようにしたのは結婚してからでした。
結婚してから今まではそこまで長くひとところに住んでいませんで、
たまたま更新が無かったのだと思います。

カードも何度か変更しましたし。

 

現在はとある事情で某大手銀行系プラチナカードを作成し、交通費
以外の殆どをそのカードで支払うような形にしたのですけれども。

5年が経過して、新しいカードに変更となって、そこに引っ越しが
重なって。そういえば、と気が付いたんです。支払いカードの更新
が必要だ、と。

インターネットでほぼ全ての作業ができますし、そんな大きな手間
ではないのですが、最近面倒ごとは人にやってもらう生活になって
いる僕には腰の重くなる作業でした。

こんな程度の仕事で面倒だといっている僕も大概ですね。ただ相手
によっては電話も全然繋がらない事もあり、とても手間が掛かった
のは確かでした。

これまで口座振替はあまり好まず、保険の支払いやNHK、子供たち
の習い事の支払い程度で抑えていました。支払金額に違いがないの
であればクレジットカードの方が得ですし。

しかし今回のことで、口座振替の価値を見直しました。長く延々と
払わなければいけないものは、口座振替でいいのかもしれません。

昨今は一部で納税すらクレジットカードでできるようになりました。
普通に使えばクレジットカードは非常に便利です。

が、ちょっと今後は何を支払うかで他の決済手段も検討をしようか
と思いました。現金決済も含め、できるだけ多くの決済手段を用意
しておくと、面倒も少なくなりそうです。

クレジットカードとスマホでほぼ不便なし。

クレジットカードは怖くはない

すっかり現金を使用しなくなった僕ですが、ある程度は財布の中に
入れておかないと時々困ります。

タクシーに乗ってカード払いができない場合とか、個人レストラン
などで食事をした時とか。大手チェーンでもカード払いができない
ところは少なくない。

幸い、その「クレジットカードの不便さ」は節約にも役立っていて、
余分なお金を使うのを抑制してくれる効果がありますから、不利益
ではないと思っていますけれども。

現金決済は日本において最も安定した決済手段であるのは確かです。

 

しかし、海外では事情が随分違うようですね。あまり海外旅行へは
いきませんが、外国では現金決済が信用ならない国は数多くある、
と聞きます。

偽札など闇の深い問題が多いのでしょう。クレジットカードは間で
信用保証をしてくれる企業がいて、決済手段としては極めて安全な
部類になります。

日本において、お店がカードの決済手数料が高いと不満が出たり、
カード決済をしない店が多いのは、日本円の信用度が非常に高い為
なのだと思います。

現金の信用度が低いところでは、安全に支払いを受けられることに
高い価値があります。現金で決済して100%騙されるより、手数料
を支払ってでも確実に決済をする方が好まれるのでしょう。

 

顧客側としても、盗まれたり落とした際にクレジットカードは被害
が殆ど発生しないのは安心できます。

大金を持ち歩くのは盗難が多い国ではリスクが高過ぎます。その点
カード1枚持ち歩くだけで限度額までの取引を自由に行えるのは、
大きなメリットです。

海外旅行をするのであれば、クレジットカードは絶対に持っていた
方がいいアイテム。

 

最近は、カードすら持たずにスマートフォンで連携して決済できる
仕組みも広まってきましたね。

相変わらず日本ではなかなか利用者が伸びなさそうですが、海外の
旅行者が増えれば増えるほどニーズは高まっていきます。遠くない
うちに、日本でも態勢が整っていくと思われます。

カードを毛嫌いする人は未だに絶えませんが、「一括決済のみ」
「こまめに利用額を確認する」のを心掛ければ、病的な買い物依存
でない限り怖い事なんてありません。

 

今回、更新が面倒というデメリットが見つかってしまいましたが、
それでカードの使い勝手が悪くなったりはしませんで。

クレジットスコア制度もいつ導入されるか分かりませんので今から
正しいお金の使い方を学ぶ為にも積極的な利用をお勧めします。

僕はカード会社の回し者でもアフィリエイトをする訳でもないので
誤解なきよう(笑)。

 

意外に重要な履歴

与信を高めるにはクレジットヒストリーをしっかりと作っておくと、
多少有利になる可能性があります。

正直なところ、不動産投資のようなレベルの金額になるとカードの
利用履歴程度のヒストリーは無視される気もしないでもないですが、
それでも与信を高める為の努力はできるだけしておくべきでしょう。

融資を受けられなければ、不動産投資は始められないのですから。

 

デビットカードでもいいですが、クレジットヒストリーの事を考慮
すると、クレジットカードの方が有効であるように思います。

できれば銀行系カードがベターです。与信の緩いカードは所有する
だけで(キャッシング枠などで)与信枠を棄損したりします。自動
でリボ払いになっていたりしますし。

カードを使った事のない人、及び融資を受けた事のない人は決して
信用度は高くありません。利用した上でちゃんと返済できる人間で
あるのを証明するのが重要です。

投資をしようと心掛けるのであれば、その辺りの事情もしっかりと
理解した上で日常生活から与信を高めるよう気を遣ってみて下さい。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 未来を灯す明かりがなければ生きてはいけません。
  2. 判決が逆転されることはあるでしょうか。
  3. 人生の目標を見失ってはいませんか?
  4. Blog
  5. 時間とお金、どちらが大切でしょうか?
  6. 歯車は交換できるものであるべきですよね?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る