男性性と女性性の融合が新たな価値を生み、ビジネスを昇華させる時代

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

ビジネスや投資を積極的に行っている人の大半は、男性です。日本では
まず間違いなく、男性が圧倒的に多い。

これにはいくつか理由があるとは思います。

 

1.単純に属性の高い人の絶対数が多い

2.お金を自ら稼ぐことへのこだわりが強い

3.商談の場ではまだまだ女性に対する評価が低い

4.元が男社会のため男性的な考えがマッチしやすい

5.日本的な男女関係がいまだに強く根付いている

 

などなど、掘り下げればもっと挙げられるかもしれませんが、それほど
明確に男女比に差があることは確かです。

僕のところへ連絡を下さる方も男性の方がずいぶん多い。僕が男である
のも一つの理由であると思いますが。

 

日本では男女共同参画という政策実行の為に、毎年数兆円規模の予算が
組まれています。

街で「男女共同参画センター」と書かれた建物を見たことありませか?

僕はあの建物でいったい何をやっているのか、それ程のお金をいったい
何に使っているのか、国防予算の倍近くを掛けなければできないような
ことなのだろうか、と日々疑問に思っているのですが。

聞こえの良い言葉を使って、政治家やその周辺人物の利権となったり、
官僚の天下り先になっているのだろうな、などと漠然と思っています。

 

あ、別に批判的立場ではありませんよ。ちゃんと予算を消化してお金を
ある程度は市中に回すような仕組みとなっているようですから、文句を
言う理由は僕にはありません。

男女差別主義者ではありませんので。むしろ、僕は女性に対しても十分
理解のあるタイプの人間でありたいと思っています。

整形外科にいらっしゃる患者さんの大半は女性ですからね。

 

少ないながらも女性読者もいらっしゃるかと思います。もし不動産投資
などにつきまして疑問点や相談事などがありましたら、あまり警戒せず
ご連絡頂けますと幸いです。

女性的観点も含め、可能な範囲でご相談に乗らせて頂きます。

女性には女性らしい活躍を期待します。

人間は男女で切り分けられるものではなし

人間一人をじっと見てみると、人間とは男性と女性の二つにばっさりと
分けることのできるようなものではないことはすぐ分かります。

生物学的には男性、女性と分けられはしますが、男性に近い女性だとか、
逆に女性に近い男性だとか、誰しも感じたことがあるでしょう。

どのような割合かはともかく、男性であろうと女性であろうと、男性的
な部分と女性的な部分があるものです。

 

日本のビジネス業界は、どうしても慣習的に男性寄りとなってしまって
いることは否めません。

男性はどうしても男性的な割合が高い人が多いので、男が集まることで
その社会は男性的な社会へと偏ります。

逆もまた然り、ですよね? 例えば看護学科なんかは、女性が圧倒的に
多いので女性的な社会となっています。

ビジネスの世界でも不動産投資の世界でも男性的な社会となってしまう
のは致し方ない。女性もそこは受け止めて頂かざるを得ません。

 

ですが前述のように、女性だって男性的な側面が存在します。男性にも
女性ホルモンがあって乳癌にも罹患するように、女性にも男性ホルモン
はある。

部分的にでも男性的な側面を強化することで、女性も男性社会に入り、
ビジネスで、不動産投資で成功することは十分可能です。

いえ、どちらかというと男性的な側面を持った女性の方が、男性よりも
強力な存在となるのではないかと僕は思っています。

男性が女性のことを理解するよりも、女性が男性のことを理解する方が
よほどやりやすいと思いますから。

 

女性性がビジネスを変える時代

ここは本当にざっとした形で表現します。誤解しないで下さい、偏見を
持ってこういうことを書くのではありません。

男性的な思考は、先に立つのは理屈です。一から順を追って考えた結果
を大切にします。

女性的な思考は、先に立つのは感覚です。現在の状況を広く見て感じた
結果を大切にします。

 

男女の喧嘩の起こり方の違いに、如実に表れていると思いませんか?

男は理屈で負けた時、それを認めて屈するか認められずに感情的になり
喧嘩へと発展するか。

女は感情を刺激された時、相手のことを思いやって自分を抑えるか自分
の感情を優先して喧嘩へと発展するか。

そういった「傾向」があると僕は思っています。あくまで傾向。先ほど
書いたように、人間は男性的要素も女性的要素も両方兼ね備えています
ので、そう単純ではありません。が、傾向はこうなっていると感じます。

 

理屈は考えれば分かりますが、感覚はセンスが重要となる。男の理屈を
一切理解できない女性が時々いますが、それはその人に男性的な要素が
ほとんど存在しないだけでしょう。

そう、理屈を覚えるのは簡単ですが、優れたセンスを身につけることは
本当に難しい。

男性が女性を理解するのは、極めて難しいんです。恋愛や夫婦関係で、
もどかしい思いをされている女性も多いのではないでしょうか。

 

女性が男性的な考え方を身につけ、女性的センスをビジネスの場で発揮
することができれば、それはもう強力なビジネスマンの完成です。

不動産投資においても、女性的なセンスを活用して経営に望むことは、
大きな成功に繋がるでしょう。

世の中半分は女性ですし、夫婦の決定権も女性に傾いていますし。女性
のビジネスセンスを社会が求めているものは数多い。

 

ぜひとも、女性も不動産投資にチャンレジをして下さい。そのためには
男性的な側面を強め、男に対して理解を深める努力は必要となりますが、
男なんて単純なものです。

やる気のある方だけで構いません。僕はどちらかといえば、昔ながらの
専業主婦世帯が好みですから、女性は積極的に社会進出すべきなどとは
全く思いません。

が、やる気のある方が閉じこもっているのは不幸ですし、勿体無い。

 

男性が持たないそのセンスを、不動産投資業界にもたらして下さい。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 子供のころは時間を気にせず遊んでいました。
  2. カカオの数字を書くだけでも大きく売れ行きが変わるんです。
  3. 明文化することはビジネスで絶対に欠かすことができません。
  4. 常にレートが気になってしまっていませんか?
  5. セールステクニックを知っているかいないかで大違い。
  6. 不動産は人生におけるメインではなく、サポート役です。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る