時間的自由を確保するための3条件には高いハードル

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

世の中を見渡すと、意外と自由な時間を送られている方が多く存在
しているもので。

特に昨今は、誰でもインターネットを通じて自分の活動を広く公開
できるようになり、趣味の世界でとても尊敬を集める人物になった
方は少なくありません。

Youtubeやニコニコ動画を始めとした動画サイトでは、そんな方々
に出会える場所であり、とても面白いのは同意します。

 

最近は、動画広告でお金を稼ごうとする人の方が目立っているので
本当の趣味人は以前に比べて目立ちにくくなってしまいましたが。

それはそれで、エンターテイナーとして成功していて素晴らしい、
とは思いますけれども、大半の方は鳴かず飛ばずで終わりの動画を
量産しているだけであり。

そうした中に、趣味人の価値ある動画が埋もれてしまうのはとても
残念ですね。本当に評価されるべき人間が評価をされるためには、
インターネット上でも良いものを作るだけではだめなのでしょう。

 

そんな趣味人は、いったいどのような生活をしているのでしょうか。
とんでもない時間を掛けなければ困難なことを、次々と動画にして
公開をする方々の時間の使い方はどうなっているのか。

サラリーマンではまず無理です。

そんな方々の素性を追っていくと、結構な割合で大家業により生計
を立てていたりします。

つまり、収益不動産を所有し、その管理運営を己の仕事としている、
と。

 

大変羨ましい限り。大家業は基本的に仕事に時間を囚われません。

することと言えば、掃除をしたりとか、住人の問い合わせや苦情に
対応したりとか。後は毎月の家賃回収や経理、税務をこなす程度。

空室が出来たら時々不動産屋を回るなどの仕事もできますけれども、
満室の間はそれこそやる事がありません。

真面目に仕事をするならば、満室で調子が良い時でも仲介業者など
を訪れて、親交を深めるなどする事はありますが、それも何時間も
掛かる仕事ではありません。

結果、空いた時間が大量にできますので、その時間をうまく利用し
趣味に充てているのだと思います。

 

僕もすべき事を終わらせて、安定経営モードに入ったら、現場仕事
は誰かに任せて趣味と健康管理に没頭する日々を送ってみたいもの
ですね。

趣味に没頭できるのはある意味で羨ましいですね。

満足のいく自由までは高いハードル

しかしそこまで至るには、結構ハードルの高い条件が必要です。

 

まず第一に、安定した収入源を持ち続けること。総額が同じならば
定期的な収入でなくてもまとまった金額を得れば同じだろうと思う
方もいるかもしれませんけれども、それは大間違いです。

与えられたお金が全てでこれ以上は増えないとなったら、はたして
人間はお金を使うペースを完璧にコントロールできるでしょうか。

ほとんどの場合は難しい。大金を手にして無計画に使ってしまうか、
先が不安でお金を使えずにいるかのどちらかです。

安定した収入があれば、どの程度までなら使っても大丈夫、と指標
になりますので、計画的な生活設計が可能となります。ですので、
もし大金を手にしてもそれを元手に収入源を確保するのが正しい。

 

次に、負債が無いこと。安定した収入源があっても、生活費以外に
借金の返済をしなければならないとなったら、そんな悠長に趣味へ
没頭している場合ではありません。

収入に対して返済額、融資額が相当に少ないのならば構いません。
いつでも返済できる程度のものであれば、負債は無いのと同義。

しかしサラリーマンの行う不動産投資のように、多額の融資を原資
として収入源を確保した場合は、まず融資返済を進める事を最優先
に考えなければいけないのは誰でも分かる話でしょう。

出口を考えなければいけない状況、要するに売却して残債を返済し
利益を確定させなければ安心できないような状況は、まだ安定した
とは言い難いです。

 

もう一つ、自分が実務をこなさずとも良い環境であること。もしも
前述の二つがクリアできていたとしても、自分が汗水垂らして仕事
をしていなければ維持できないのでは、時間の確保は困難です。

とすると他人を雇うとか外注するといった必要があります。しかし
そうなると今度は利益的に厳しくなってくる可能性もありますし、
他人が事業に入る事によるリスクも発生する。

少なくとも監視役としてくらいは仕事に携わらなければならないと
思いますし、時に事業を守るために注力しなければいけないことも
出てくると思われます。

 

この3条件を全て整えるのは、結構大変です。運も必要でしょうね。

一般人から趣味人へと転換して生きるためには仕事に対する価値観
を大きく変え、世間の常識の外へと出なければいけなさそうです。

 

不動産投資には可能性あり

不動産投資は唯一、あまり悩まずにこの3つの条件をクリアできる
「可能性」のあるものです。

その理由は3つ目の条件にある、自分の時間や労力が縛られにくい
ため。他の事業では結局、自分がトップに立って仕事をする必要、
統率を取る必要がありますから。

 

その代わり、背負う融資金額が利益に対して大きく、2つ目の条件
を満たすのが難しくなっています。

そこは、様々な創意工夫を凝らして返済を早期に進めていく以外に
ないでしょう。少なくとも他の事業で3つ目をクリアしようとする
よりは容易な気がします。

時間的自由の確保は、人生を有意義に過ごすために重要な要素です。
なかなか遠い道のりですが、努力する意外には方法はありません。
自分なりの道を見つけ、目標の達成に邁進しましょう。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. こんな生活にあこがれて道を踏み外してしまう方が時々いるのは確かです。
  2. 整理されていない情報をまとめるのは大変です。
  3. 仕事のしんどさは本当に今の時代だからですか?
  4. 粘れば出口は必ず見えてきます。
  5. 拡がる格差にうんざりしますか?
  6. 時代が変わると、人との繋がり方も変わっていきます。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る