投資にストレスを感じるのは正常とは言えず

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

アベノミクスによって株が倍以上に上昇したことを知らない方はいないの
ではないかと思います。

そしてそれが、日銀やGPIFのような公的機関の国内株式投資割合の増加が
強く影響をしていることも。

残念ながら僕は株式投資をしてなかったので、その恩恵に預かれなかった
のですが、企業にとっても個人にとっても(空売りしていた人以外は)、
儲かってよかったですね、おめでとうございますと素直に思います。

 

それと比較してしまうと、不動産投資でアベノミクスの恩恵は直接的には
株式ほど強く現れておらず、これまでのところ少し残念な感じがします。

不動産投資そのものが長期投資ですし、政府・日銀の考えも長期的展望に
基づいた経済拡大・景気回復・財政再建にありますので、致し方ないとは
思いますが。

それでも、量的緩和のおかげで収益不動産の購入資金で融資を受けやすく
なったというものすごく大きな恩恵があります。

物価上昇、利回り低下などのデメリットもあり、今のところはトントンと
いったところかな、と僕は感じていますが、この先景気が回復してくれる
なら万々歳です。

早く、家賃が底上げになってくれるような景況感となって欲しいもの。

 

とはいえ、それはまだまだ当面お預け。地方によってはいつまで待っても
望めない可能性すらある、薄い望みです。

株式へと投資をしている人が景気良くなっているのを横目で羨ましい、と
指を咥えて見ているだけではちょっともったいない。

同じリスクをとるのであれば、アンテナを張って少しでも利益を得られる
ようにと稼ぎどころを探してみるのもいいかもしれません。

常にレートが気になってしまっていませんか?

精神安定維持が大事

ただ、稼ごう稼ごうと考えすぎるのも焦りを生んで、慣れないものに手を
出した挙句に損失を発生させる原因にもなります。

株などはやりようによっては短期間に高い利回りを得られたりしますが、
焦って稼ごうとするとその分リスクが高まって。

ちょっとした市場の動揺で大きく資金を減らす結果をもたらしてしまう。

 

投資は、頭脳が全て。得られる情報から稼ぎが出る道筋を見出す以外に、
利益を得る方法はありません。

それには健全な精神が必要。自らの頭脳が最大限のパフォーマンスを発揮
できるよう、精神面のケアを常日頃から心掛けねば、投資はすぐに博打へ
と変わってしまいます。

仕事をしていてもレートが気になってしまう、明日の初値や値動きが気に
なってしまうようでは、まともな精神状態ではいられません。

 

投資もその種類によって、向き不向きが存在します。精神を強く蝕まれる
ような投資は、確実に向いていません。

日常生活に支障をきたすようでは尚更。精神医学的に「病気である」との
診断が下されるのは、日常生活に著しい不都合が生じるほどの強い症状が
出たとき、です。

もし投資により日常生活に支障をきたすようなことがあれば、それは最早
病気であるといっても過言ではありません。

 

不眠や不安などから肉体まで蝕まれ、健康を失う羽目にならぬよう、慎重
な選択をして下さい。

お金は失ってもまた稼げばいいですが、命や健康は失ったら取り戻す事は
できないのですから。

何より、正常な精神状態でいられるのであれば、投資でお金を稼げるはず
ですので、何の心配もいらなくなるんです。

 

最近は株式など金融商品への投資も推奨していますので矛盾を感じるかも
しれませんが、あくまで余裕があるのであればお勧めします、程度で。

焦った投資は厳禁です、と。

 

不動産投資にもストレスあり

もちろん、不動産投資でも精神的に悪影響をきたす方は存在します。

投資という側面だけで考えれば、値幅の上下は圧倒的に変動が小さく先も
割り合い読みやすいので、僕としてはほぼストレスフリーなのですが。

安定の要因であるビジネス的な要素に強いストレスを感じる方もいます。

 

例えば空室が一戸でもあると落ち着かないとか。

管理会社からの電話に怯える毎日を送っている方とか。

税金や経費がかさんで大金が口座から消えていくのが怖かったりとか。

 

株式などの金融商品だと、大きく「儲かった!」というタイミングも存在
して、そこでストレスが発散されたりもするのですが。

不動産投資ではそのような突如大きく儲かるタイミングなんて高値で売却
が成功した瞬間しかありません。

ストレスが発散される場がなく、マイナスばかり心に溜め込んでしまう事
で収益不動産が精神的な重荷となってしまうのは珍しい話ではないんです。

 

意外に思われるかもしれませんが、細かい性格の方には向かないのでは、
と感じますね。

あまりに数字を細かく見てしまうと、あれもこれもと気になりすぎて精神
が休まらなくなってしまうものです。

 

マイペースこそ失敗しないコツ

周囲を見渡してみると、やたらと羽振りの良い方もいらっしゃるのではと
思います。

そんな人を見ていると、自分もそうなりたい、お金を稼ぎたい、と焦りを
感じてしまいますが、焦っていい事は何一つありません。

不動産投資でも、大きく成功した方がやたらと目立ち、気になってしまう
のは仕方ありませんが、自分には自分のペースがあります。

 

自らそのペースを乱し精神によろしくない環境にしてしまうのは、あまり
にも愚かしい話。

稼ぐのは自分であり、自分のお金です。他人と比較したり、焦って掴もう
とし過ぎるものではない。

健全な肉体に健全な精神が宿り、お金は勝手についてきます。まずは自分
にぴったりと合った投資を探して下さい。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. サラリーマンでいるのも悪くはありませんし、必要な人材ですが。
  2. カモネギと思われているかもしれませんよ……。
  3. 厳しい現実と向き合わなければならない時が来ています。
  4. 古くてもちゃんと補修を繰り返せばまだまだ使えます。
  5. 子供の頃のようになんでも挑戦できるわけではありません。
  6. 冬の急流を泳いで渡るのは無謀です。
  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る