不動産投資はあくまで副業。本業の邪魔になるなら切り捨てるべき。

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

不動産投資はあくまで副業であるので、本業の邪魔になるようでは
絶対にいけないと思っています。

もしも本業をする上で何らかの障害となるのであれば、すぐにでも
売却をするべきだし、そもそも不動産投資自体に手を出すべきでは
ありません。

僕も、もしも収益不動産を所有していることが診療所経営の邪魔に
なるとしたら、すぐに手放します。

たとえそれが損失確定となるとしても。まあ実際は、ここまで良い
環境が構築できていれば損切りとなる可能性はほぼゼロですから、
大きな口を叩けるというのもありますけれども。

 

僕は以前、本業の邪魔になるからという理由で投資を止めた経験が
あります。まあ、投資というより投機ですね。

その時はFXでした。

何が問題かというと、極一部の時間帯以外は常に開場しているため、
気になって仕方がなくなります。夜も眠れないとはまさにこの事か
という状態でした。

しばらくやってみて、僕には合わないと悟り、完全に手を引くのを
決断して以来、FXは触っていません。そもそも現在は投機的投資に
興味が無いので、やる理由もないですね。

 

株は持っていますよ。株式投資は超長期で所有するのが普通である
と思っていますし、夜は基本的に動いていませんから何一つ気には
なりませんし、日中も何故か気にならないですね。

現物取引しかしていない、できないのも合っているのだと思います。
信用取引は申し込みをしていません。

最初から超長期での収支しか考えていませんから、株式取引は本業
の邪魔に全くなっていませんので、今後もちまちまと続けるつもり
でいます。

 

どこまでいっても最も大事なのは本業です。本業とは、自分が最も
やりたい仕事。

もし今、メインとしている仕事がやりたい仕事ではない場合、本業
とは考えなくていいと思いますので、存分に投資に力を入れて良い
のではないでしょうか。

投資を通じて、少しでも早くやりたい仕事を本業にできるよう環境
の構築を進めるのが良いと思われます。

 

逆に、もし不動産投資を始めることで本業のスタートが遅れたり、
取り組みに悪い影響が出る予測があるなら、一歩踏み出すのを控え、
見極める事に集中して下さい。

その一歩が、取り返しのつかない一歩にならないように。

やりたい仕事を本業にするのが良い生き方ではないでしょうか。

常に本業を最優先で

本来、診療所の経営者などという融資を受ける前提でする事業主に
なろうとするのであれば、別のところで借金なんて背負うべきでは
ありません。

もしかしたら、既存の借金のせいで新たに融資を受けるのに支障が
出てしまう可能性があるからです。

不動産投資に理解がある金融機関の担当者も依然として多くない為、
殆どの場合はマイナス要因として見られてしまうでしょう。

実際に大きく黒字で、資産超過の状態にあるとしても、よほど返済
が進んで誰が見ても明らかにリスクが無いような状況でない限りは
否定的に見られてしまう。

それが影響して、必要な資金を用立てて貰えなかったとしたら非常
に困った話です。

 

それでも僕が不動産投資を開始したのは、できるだけ多くの現金を
確保しておきたかった為。将来支払うべき負債を受け入れてでも、
現金を用意しておくべきだと感じたからです。

おかげでかなり資金が要求をされているものの何とか最小限の借入
で済んでおり、経営状況を悪くせずに済んでいます。

今以上に融資が膨らんでしまうとキャッシュフローが相当悪くなる
ので可能な限り月々の返済額が増えないよう、また減らせるように
今後も調整をしなければなりません。

これまででも1000万円ほど注ぎ込んでいます。もう少し資金注入
をせざるを得ないでしょう。安全な経営の為には致し方ありません。

 

しかし今後、更に診療所を拡大していくとなると更なる資金が必要
になります。確実に融資を受けなければなりません。

もしその際に不動産で受けた融資が邪魔になるとしたら、躊躇せず
所有不動産を売却しようと思っています。

時期的には1棟目は今年で5年を過ぎましたし、2棟目も来年6年目
を迎えます。税金的にもいつでも売却をできるタイミングです。

 

ここまでほぼ計算しきって乗り切ってきました。不動産の売却も、
計算の内。売却して得た利益があれば、本業は更なる拡大局面へと
突入できるはずです。

本業のためであれば、収益不動産など惜しくありません。悪影響に
ならないのであれば所有を続ける予定ですが、少しでも悪さをする
ようなら切って捨てましょう。

 

本業で頑張る人ほど成功する

最近では、仕事は生活費や趣味の為のお金を稼ぐためだけにあって、
する必要がないのであれば働いたりなどしない、との意見が多数派
になっているようです。

その状況を作り出す為に不動産投資を始める方も多いようで。

しかし、僕はそんな精神で不動産投資と向き合ってしまうと思わぬ
落とし穴に嵌り、状況を悪化させるだろうと考えています。

 

不動産投資をそこまで信頼してしまっていいのでしょうか?

家賃収入でだらだらと生活する事を是とするような人が理想を実現
させられるでしょうか。

あくまで不動産投資は副業で、本業として人生を賭してでも実現を
したい事は他にある。そんな人ほど、不動産投資でも成功を収める
可能性が高いように思います。

いえ、世の中そうあるべきだ、とのエゴかもしれません。

 

けれども、そのくらい明確な考え方を持っていた方が、色々と仕事
も投資もやりやすくなるのは実感として確からしいと感じています。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 20130125-000310.jpg
  2. シェアハウスの規制により不動産投資はどう変化するのか?
  3. 一本道であってもリーダーがいなくては進みません。
  4. 欲求を抑えるって大変です。
  5. 信じるか信じないかはご利益があるかどうかに大きく影響します。
  6. 誰が書いた本であるかは極めて重要です。
  1. 本業も副業も頑張れるのが一番ですよね。
    人間本気になれば何でもできますから。

      • きりのき
      • 2017年 7月11日

      全くその通りで、いかに精神面で成長するかが最も難しいところで
      ありますね。僕はまだまだ未熟で、頑張ろうと思います。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る