戸建投資の持つ投資のリスクを引き下げる副効果

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

投資というと、未経験の方はほとんどが不安と恐ろしさを感じると思います。

確かにそういう一面もあります。

投資で失敗をして借金を抱えて……なんて話、陳腐になるほど
エピソードとして使われていますよね。

また、2008年に米国の投資銀行であったリーマンブラザーズが
経営破綻し、リーマンショックを引き起こしたことは記憶に
新しいところ。

まあリーマンショックはちょっと裏話があって、そこを知る人は
かなり世界経済に詳しい方でしょうから、投資に不安を抱えては
いないと思いますが。

 

それは抜きにして、金融・投資のプロであっても破綻をすることが
あるのに、素人で資金力も少ない自分がうまくいくはずがない、
と思い込んでしまっていないでしょうか。

素人レベルの株や為替への投資(というより投機)では、全くその通り。

ここで上がれば(下がれば)儲かるのに、と期待を寄せているレベルの
個人投資家気取りでは、失敗して当然。宝くじが当たれば儲かる、
と期待するのと同レベル。

違いは宝くじよりは確率が高い代わりに倍率が低い。それだけです。

 

では、不動産投資であればどうでしょうか。

投資のリスクという点を話題に上げると、どうしてもネガティブな
意見が中心になってしまいます。

空室が埋まらないリスクがある、金利が上昇するリスクがある、
家賃が下がるリスクがある、地価が下がるリスクがある、
事故物件となるリスクがある、災害のリスクがある、等々。

言い出したらキリがありません。

 

ですが、断言します。

投資に、一般的に語られているほどのリスクはありません。
特に不動産投資に限っては、借金を背負って自己破産するなんて
確率的に極めて低い。

それを本当に理解できるかどうか。
2014年を対応する年として有意義な年とすることができるかは、
そこに懸かっています。

 

リスクには目を瞑るべきリスクと回避すべきリスクがある

リスクがあることは確かです。どんなことでも絶対なんてことはない。

でもそれは、例えば手術を受ける時に麻酔薬でアレルギー反応が起こり
重篤な状態になる可能性があります、と。そういったリスクと同じこと。

不動産投資でいえば、災害リスクや事故などですね。

あって欲しくはないことですが、どうしても避けられないリスクが
存在することはそれこそ絶対に否定ができないこと。

 

スタートは、ほんのごく僅かな確率で起こる事象に目を瞑れるか。
それが第一歩です。

放置しておけば命の危険や障害・症状の残存する気配が濃厚な中、
ごく稀に発生する危険性をどう考えるか。

これは自分で決めるしかないことですが、自分自身を十分に鑑みて
ここでリスクが取れないなら投資は辞めておきましょう。

 

僕は医療でも何でも、常にこのスタンス。

背中を押すことの大切さも重々承知していますが、それ以上に
覚悟もなく周囲に流されて決心した人は上手くいかないのが
人生というもの。これも一つの僕なりのオカルトです。

背中を押されたい方は、粘り強く続きを読んで下さい。

 

ここまでは一般的な話題。目新しくも何ともない、面白くない話です。
さて、偶発的事象によるリスクはリスクヘッジしておくとして。

ここでもう一度、不動産投資を見つめてみましょう。
今あなたは、偶発的なリスクから目を瞑っています。

 

不動産投資に、どんなリスクを感じますか?
しばらく考えると、いくつか思い当たることでしょう。

そこで、もう一度考えて頂きます。

そのリスクは、時間や資金、そして心のどれかに余裕があれば、
解決をすることができませんか?

 

特に、投資における原因の殆どは資金的な余裕を持たせることで
発生すらしませんし、精神的な余裕の源泉でもあります。

資金的な余裕を持たせる。言い換えれば、自分で責任を持てないほどの
レバレッジを掛けないこと。これを守るだけで、投資にリスクなんて
無いも同然です。

house-2

戸建投資が金融商品よりも安全な理由

株やFXだと、調子が良くなってくると途中でレバレッジを
上げることが簡単にできてしまう。

金融商品で損失を出す方が多いのはこれが理由。
心が欲に負けてしまうんですね。

 

しかし戸建投資はというと。

一度手持ち資金の大半を使ってしまえば、次の一戸を購入するまで
時間が必要です。お金はそんなにすぐに貯まりません。

稼げているか損しているかが分かりにくいのも、
慎重な行動を取るための根拠となってくれます。

空室や修繕費の発生など、悪いイベントの報告が小さなものでも
大きく感じてしまうことも、危機意識を高めるきっかけとなり、
気付いたら手遅れ、なんて事態を予防します。

 

1棟RCマンションを購入できない方が戸建投資で小さく不動産投資を
スタートすることは、良いことだらけなんです。

リスクも極めて小さく、メリット、いえベネフィットは極めて大きい。
得られる金銭以上にの効果があります。

属性の上昇、投資経験の積み重ね、各種業者や金融機関との繋がり、
見聞の拡大、その他数え切れないほどに。

その積み重ねが自分のステージを高め、いつしか1棟RCマンションを
所有するに相応しい自分が出来上がっていることでしょう。

 

今回、僕が戸建投資を突然推し始めたのは、色々思案した末に
このような考えに至ったからです。ひとまずは今回で最後。
また次の気付きがあれば話題にしようと思います。

気付きが得られたあなたは、こちらからお願いします。
1月いっぱいで値上げです。
(2月20日追記:現在再度キャンペーン期間に入っています。お早めに。)

 

戸建投資まとめ

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 間取りは大事
  2. 一戸建て
  3. 一戸建て投資は素晴らしい投資方法です。
  4. 冬から春になる間の試練をどう凌ぐか。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る