失敗したり休みたくなった時に頼りになるもの

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

僕が不動産投資をする理由にいつも掲げているのは、
自分が主人公でい続ける人生を歩むため、です。

理想を追い求め続け、一度しかない人生を充実したものと
しましょうというのがベース。
それは全く変わりません。

 

しかし、ずっと走り続けるというのはなかなか大変、
というよりもほぼ不可能に近い。

特に歳を取ってくると頭も身体も徐々に思うようには
動かなくなっていく。

医師をしていても、以前のように何日も当直をしては
いられなくなるのを実感します。以前は週2,3日当直が
あっても健康を崩すことなんてなかったのに。

 

僕はまだ30歳代前半なので老いを強く感じることはまだ
ありませんが、ご高齢の患者さんたちと会話をしていると
このままではいられないのだろうなとは思います。

時間は嫌でも進んでいきますから、今はこうして意気込んで
いる僕もまた歳とともに考えが変わっていくのでしょう。

そんな時、不動産投資は私たちに何を与えてくれるでしょうか。

疲れてきたら休むことも成功の秘訣。

継続することほど難しいことはない

若さがあったとしても、ずっと走り続けることは難しい。

たまにはゆっくりする時間を、立ち止まってもう一度
自分を振り返る時間が必要です。

不動産投資はそんな時間を私たちへ容易に与えてくれます。

 

疲れてきたら投資規模の拡大を一休みすれば良い。
頭を休めながら自分が何をすべきか、じっくりと
思案する時間が自由に取れます。

しかもその間も、所有する収益不動産は私たちのお金を
生み出し続けてくれます。

私たちの気分だとか、感情だとかを全く無視して、
時間の流れとともに利益を出し続けてくれる。

資産とはそういうもの。

だから、私たちは存分に休み、考えることができます。
何もしなくてもお金が貯まっていく魔法の貯金箱が
あるのですから、何も恐れることはありません。

 

もちろん、休憩時間を長く取りすぎてメンテナンスを
怠ると徐々に利益は得られなくなっていきますから、
無制限に休めるなんてことはありませんが。

それでも半年、1年くらいの時間なら用意してもらえます。
1年あればモラトリアムに浸るのは十分だと思いませんか?

 

労働一直線で出世レースに精を出すのもいいのですが、
転んでしまったり疲れてしまったり、また敗れた時に
道を踏み外しやすくなる。

不動産投資はそんな自分に時間と余裕を与えてくれる、
人生の休憩所の役割を果たしてくれることでしょう。

もっとも、安定経営が確立されている場合に限りますが。

 

歩けなくなった時に頼れるもの

天涯孤独な漫画の主人公のような人物でない限り、
人生には「家族」というものが常に関わってきます。

一般的なモラルが培われていれば、この要素を完全に
無視して生きることはできません。

 

年老いたり病気や怪我で労働が困難となった両親。
まだ生活能力を獲得していない子供。
その面倒を見なければいけない妻。

一家の大黒柱として守らなくてはいけない家族です。

古い考えだと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
僕は伝統的な日本の家庭・家族が好きなんです。

 

収入を労働賃金だけに頼っていると、不運にも自分が
働けなくなった瞬間、家庭に激震が走ります。

収入が突然ゼロになったら将来設計どころか
現状の維持すら困難。

子供は進学を諦めて仕事をしなければいけなくなるかも
しれないし、介護の両親を施設に入所させることすら
お金が無くてできなくなるかもしれない。

残された家族には綱渡りで厳しい生活が待っています。

 

保険が、と言うかもしれませんが、保険は降りないけれども
労働ができなくなるなんて状況、いくらでも考えられます。

会社の倒産。もしくはリストラ。
生命保険が降りない程度の重度障害。
無保険車が相手の交通事故。

全く想像がつかない方は、想像力が欠如していると
言わざるを得ません。

 

そんな苦難も、不動産投資により資産が構築されていると
何の問題でもなくなります。

よく不動産投資は生命保険代わりになるといいますが、
とんでもない。むしろ生命保険よりも遥かに優秀です。

自分の生命に問題が発生した時に団信などで生命保険の
機能があることは言うに及ばず。生命保険を期待せずとも
不動産収入は発生し続けます。

収益不動産は、揺るぎない強固な財政基盤となって
家庭を支えてくれるものなんです。

 

あらゆる事件への対処を

無秩序に不動産投資の規模を拡大させ続けようとするのは
家庭内不和の原因となったり、相続争いの原因となったりと
良いこととは思いません。

ですが計画的で安定した資産としての不動産は生活に、
人生設計に余裕を与え、充実した人生を作ると共に
家族の人生を護る堅牢な城となります。

 

短いようで長い人生、何があるか分かりません。

そんな人生を切り開く武器にもなれば守る防具にもなる
不動産投資。意識が高い人ほど、手を付けておくべきものの
ように思えてきます。

 

今一歩踏み切れないあなた。老後のこと、家族のことも考えて
不動産投資をスタートしてみませんか?

悩みを抱え続けるようでしたら、誰かにその悩みを
吐き出すだけでも考えが変わりますよ。

相談できる人がいなければ、僕で宜しければ話の聞き手を
務めさせていただきますから。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 廃墟だらけにならなければいいのですが。
  2. 甘いものと甘い言葉には要注意
  3. 小さなお店にも素晴らしいところはたくさんあります。
  4. 谷間を抜けるというのは厳しいものです。
  5. 夏といえばお祭りもありますね。
  6. ペットOKも立派なユニークさですが、さすがに目新しさはなくなってきました。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る