タグ:おまかせ不動産投資

  1. 直接現場の人のお話を聞くのはやはり大事ですね。

    以前ちらっと書いたことがあるんですが、友人で超がつく大手企業の サラリーマンを退職して実家である不動産屋の継承準備に職を変えた 人物がいます。 その友人が連絡をくれまして、暫く振りに食事を共にしました。 …

  2. リスクが高いなら誰も大きな建物を造ろうとはしません

    経営収支の余裕というものは、不動産投資の規模が大きくなれば なるほど出てくるもの。 中小企業が福利厚生に経費を掛ける余裕がなく、従業員の給与も 低くせざるを得ないのを横目に、大企業では福利厚生が充実して 給与…

  3. 人付き合いは苦手ではありませんか?

    おまかせ不動産投資が成功するかどうかにあたり、重要なのは結局の ところ自分の采配に掛かっているというのはこれまでの話の通り。 実務は任せても判断は自分で、が基本であり、絶対崩してはいけない 部分であるのは間違い…

  4. 相性が悪い相手とは長く続きません。

    この春、サラリーマンを辞めて家業を継ぐべく準備を開始するという 知人がいるのですけれども。 元々は仕事上の関係で(営業と顧客)色々とお付き合いをさせて頂き、 それなりに良い関係でした。 一旦はこれで付き合…

  5. くらげのようにつかみどころがないような投資では困ります。

    常日頃から、おまかせ不動産投資で時間を有効活用して効率的に利益 を上げよう、と主張をしている僕ですが。 いつも注釈を入れているように、おまかせといっても実務部分を任す だけであって、何もしない、ではありません。…

RETURN TOP

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る