投資グループにはメリットがあるものの。

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

正直言いますと、僕はあまり友人を作らないタイプでして。

時々、投資家グループに参加しないかとのお誘いを受けることも
あるのですが、殆どの場合は今一つ参加意欲が湧かず、お断りを
させて頂いてしまっています。

そういったグループに所属している方が、色々と情報交換の場に
なったり、投資のチャンスが目の前に現れやすかったり、人脈が
広がったりといいこと尽くめだと思います。

ですから、もしもそんなお誘いがあれば積極的に参加をした方が
良いでしょう。別に実際に顔を合わせるわけでもありませんし、
嫌になったら退会する分にはなんのデメリットもないはずです。

普通に考えれば断る事に何のメリットもありません。ですから、
もしもそんなお誘いがあったら、喜んで参加した方がいいです。

 

僕は、そういった不特定多数の中に突然入っても元からいる人々
に遠慮をしてしまって、結局積極的な発言をせずに終わります。

もし積極的に動こうものなら、グループ自体が大体駄目になり、
解散される事がほとんどです。中途半端が嫌いなので、やるなら
徹底して管理したくなってしまうのが原因で。

自分で作った組織で自分がルールであるならいいのですが、他者
が作り上げたコミュニティにおいては僕の存在自体が異物になる
ばかり。

大体どこかで意見がぶつかり、喧嘩したり意見の相違の水掛け論
をするのが嫌な僕が自ら身を引くパターンに必ずなります。

どのようなグループに参加したとしても、ほぼ例外なくそうなる
為、であれば最初から参加しない方が面倒が無くてよい、という
のが僕のスタンス。

立場がはっきりしないグループには所属したくないんです。迷惑
も掛けてしまいますから。投資家集団の集まりなど、共通の目標
すら存在していない以上、興味よりも面倒が先に立ってしまう。

仕事とか、遊びでもリーダーがしっかりしているなら大丈夫なの
ですけれども、これまでの人生でまともなリーダーのいる集団と
出会ったのは数える程ですね。

そういったグループとは付き合いも10年単位になり、なかなか縁
が切れません。僕はそういった深く狭く、との人間関係を望んで
いる方なのだと思います。

 

かといって自分で投資家グループを作りたいとも思っていません。
僕のような未熟者では、少なくとも投資家グループのリーダーは
務まらないでしょう。

病院経営なら自分を押し殺してでも徹底して頑張りますけれども。

ですので、グループのお誘いはお断りばかりで申し訳ありません。
もしも僕と仲良くしたい、という奇特な方がいらっしゃったら、
このような偏屈な人間であるのだけご容赦頂けますと幸いです。

ただし、一度信用して頂けたら徹底してこちらもお応えすること
だけは、間違いなく信頼して頂いて良いと思っています。それが
お互いが確実に得をする唯一の道ですから。

グループは、主要メンバーになるといいのですけれども。

紛れ込む悪意に注意を

実際、浅い関係では本心で話せませんし、相手も何を考えている
のか全く分かりません。

学校の同級生くらいの希薄な関係であればそれでもいいのですが、
お金の絡む事に関しては広く浅い関係というのは危険を伴います。

詐欺師というのは、まずはこちらに取り入ろうとするところから
始めてきます。数打てば当たる、と考えている節もあって、広く
浅い関係の作れる集団は彼らにとって非常に効率が良い。

同一集団に所属していると、こちらも警戒心が薄れてしまうもの。
普段は詐欺なんて引っ掛かるはずがない、と考えていても、案外
あっさりとやられてしまったりします。

 

不動産投資を始めて、更に投資を拡大しようと色々な方々と接触
するうちに、色々なお誘いを受けたりするかと思います。

チャンスを欲しているなら積極的にコンタクトを取っていくのを
お勧めはしますが、くれぐれもお気をつけ下さい。

お感じの通りこの業界、大きなお金が動くものですからそれだけ
悪巧みをする人々も本当に多い。誰であれば信用できるのか、は
慎重に検討を重ねた方がいいでしょう。

 

僕は、たとえまともな事を話していたとしても、人間的に対等な
関係が築けない、と感じた時点で、自分から相手に接近したりは
決してしません。

むしろ距離を置く方向にしか進まない。特に「決めつけ」をする
タイプの人間とは付き合わないようにしています。

 

何かを説明したりする際には、はっきりと物事を白黒つけるよう
話した方が信用を得やすいです。

これはこう、あれはこう、それは違う、と。専門家ではない人間
からすると、ぼかした言い方より自信があるように思え、信用が
できそうな気がしてしまいます。

しかし実は、その手の話し方をする人は非常に危ない。例外など
どんな業界でもいくらでもあるのですが、そういう話し方をする
人は例外の存在を完全に無視します。

無かったことにして、自分の正しさを押し通そうとする傾向が、
非常に強い。

 

つまり、ハマると非常に強いファンができますが、そうではない
人々からは強い反発を受け、敵も多くなる。

詐欺ではないにしろ、色々と問題を抱えている人も少なくない。

不動産投資業界だけでも、幾人かそのような噂を聞いたりします。
僕は直接知りませんので、何とも言いかねますが。

 

どこかの集団に所属しようとする際は、この辺りは心得ていた方
が良いかと思います。

そして僕はそれが面倒なので、誰にも近づきません。今のところ
新たなチャンスを欲しいと思いませんし、他で忙しいのでそれで
いいかな、と。

 

勿論前述の通り、僕と徹底して仲良くしたい、と思って下さって
いる方とは誠実にお付き合いを続けますが、そのような奇特な方
は滅多にいないでしょう。

分かる方にだけ分かって頂ければいい。そんなスタンスを今後も
続けていこうかと思っています。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 運頼みにならざるを得ない時もあります。
  2. 目標に狙いを定められていますか?
  3. 過労で倒れることを好む人間はいません。
  4. 人脈があると何事もスムーズに進むものです。
  5. 整理されていない情報をまとめるのは大変です。
  6. やどかり作戦でじっくり資産形成も悪くありません。
  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る