北陸新幹線延伸計画。人の流れに変化はあるか。

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

北陸新幹線の延伸が「小浜・京都」に決定したようで。

日本の反対側に住んでいる僕としては、北陸側は極めてアクセスが
悪く、これまでは行こうと考えることすらありませんでした。

北陸なんて、「桃太郎電鉄」や「信長の野望」といった日本地図を
用いたゲームの中でしか接する機会は無いな、と。

 

北陸新幹線が開通し、金沢を中心に再開発、観光誘致がされ始め、
秋に人生初の北陸旅行へと行き、何とか行けなくはないな、と実感
をして。

その後、延伸の話に少し興味を持ち、報道を追っていたのですが、
個人的に「面白そうだ」と思っていたのが「小浜・京都」ルートで。

試算で経済効率なんかが公表されたタイミングでは、厳しいかもな
と感じたりしたのですが、ふたを開けてみたらこの結果。何となく
ではありますが、正しい選択をされたような気がします。

経済効率でいえば米原ルートがベストでしょう。東海道新幹線及び
東海道本線、北陸線の乗り継ぎが集中しており、米原は乗り換え客
でかなり混雑します。

人や物の「移動」を考えれば、米原に集中させてしまうのが経済的
であるのは間違いない。

ですが、それだけです。何も変わりません。1964年に東海道新幹線
の米原駅が開業して以来50年以上になりますが、周辺の開発状況は
どうでしょうか?

今この状況で北陸新幹線が更に米原へと繋がったとして、米原開発
が進むでしょうか。人の流れが変わるでしょうか。

 

僕にはそうは思えません。どうみても北陸新幹線に東海道新幹線程
の集客力は期待できませんから。

米原を経由して京都・大阪方面へと移動をする人が増えるだけだと
思われます。

愛知、静岡側からすると、米原の方が北陸との接続は近くなります
のでありがたかったのでしょうけれども、北陸の人が東海地方へと
行き来を増やす、また逆に北陸に行きたいとは考えなさそうです。

東海地方の人間には、東海道新幹線があれば十分。

 

駅周辺の雰囲気を見る限り、米原駅は残念ながらジャンクションと
しての役割しか果たせておらず、伸びそうな雰囲気を感じさせない
のが現実。

あまり米原のことも知らずに偉そうな事を言ってしまって、地元の
方々にご不快な想いをさせてしまったら大変申し訳ありませんが、
率直な感想です。

交通インフラは揃っているのですから、行政の力と予算さえあれば
大きく成長する土台はできているはずなのですが。

北陸新幹線延伸、個人的にはさほど期待はしていないのですが、どうなるでしょうか。

 

人の流れの変化を期待

そう考えると、「小浜・京都」ルートは経済的には非効率であると
しても、人の流れに多少の変化が期待できるかもしれない、そんな
可能性を感じます。

乗車時間も最短だそうで。

舞鶴ルートは流石に遠回り過ぎて、新幹線の目的を見失っていると
言えますし。移動時間の短縮こそが高速鉄道の最大の目的ですから。

 

小浜といえば、オバマ大統領が誕生した時に一時賑わいましたが、
それ以外ではあまり名を知らない方も多そうな地方。原発も誘致を
断念した歴史があり、開発は遅れています。

正直、僕もそれくらいしか知りません。

交通の便にも恵まれず、一生その地を訪れずに終わる人がほとんど
ではないでしょうか。

 

そんな地に新幹線が通れば、少なくとも人の流れに変化が生まれる
のは確実です。

大半は通り過ぎるだけの人でしょうけれども、外国人観光客が多く
訪れるようになった今の日本では大きなチャンスになります。これ
まで日の目を見なかった観光資源にも現地の人にも。

何より閉塞した日本経済に少しでも活力を取り戻すきっかけとして、
頑張って欲しいところ。

 

とはいっても、成果が本当に出るかどうかは全くの未知数ですね。
短期的には建設資金分のお金が動く程度ですし、完成は当面先の話。

数年後ともなれば、また時代背景も違っています。長期的にプラス
となるかどうかは、日本の政治経済はもとより、世界情勢がどうか
にも大きく左右されるでしょう。

北陸新幹線に投じた資金が無駄にならないように、民間投資も財政
政策もきっちりと行われていくのを祈るばかりです。

 

鉄道新設情報は最大限活用を

こういった鉄道路線開発の情報は、不動産投資に関わる人間として
敏感になっておくのをお勧めします。

日本人は極めて鉄道好き。地方は車社会ではありますが、それでも
鉄道駅があるかどうかで発展具合が随分変わります。

高齢化が進み、また高齢者による自動車事故が問題視される現代、
よりその傾向が進むでしょう。自動運転バス、及び鉄道の存在感は
今後重要性を増すと予想されます。

また、人口が減少すれば利便性の高いところに住みやすくなります。
地方では駅郊外から寂れていく結果となるのは確実です。

 

ただ、今ある駅で寂れているところが開発が進むのは期待しない方
が良いかもしれません。代わりに、新駅や新路線に期待しましょう。

わざわざ今の時代に新駅を作るなんて、何かの意図や期待が働いて
いると考えて間違いありません。

 

新駅ができるとの情報は、多少知るのが遅くても投資に出遅れたり
しません。立案から完成まで数年~10年掛かるのが普通ですから。

逆に早くから投資し過ぎても無意味ですし、途中で頓挫する可能性
も考慮しなければいけませんので、早とちりしないよう慎重に行動
をする必要があります。

やや先の予定でも出口戦略に利用しやすくなりますから、無駄では
ないですけどね。

 

重要です、鉄道情報。新たな物件を探す際には、検索をよく利用し、
先を見据えた不動産投資に役立てましょう。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 不動産価格動向
  2. 政治家に働きかけるのは生き残りに大切なことです。
  3. 建設業界は人手不足が大変のようですね。
  4. 紅葉の秋は分析日和です。
  5. 秋の臨時国会ではどのような補正予算案が提出されるでしょうか。
  6. 自衛隊への好感度は過去最高の92%だそうです。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る