家族の不安。不動産投資は自分一人のためならず。

この記事は4分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

独身貴族であればこの不安とは無縁ですが、
家族がいる、家庭がある身としては無視できないのが、
家族の不安。

何かを成し遂げたいという少年の心お持つ夫に、
妻が必ずしもついてきてくれるとは限らない。

結婚をしてしまった以上、貯蓄は二人の共有財産です。
税法上は稼いだ方に属してはいますが、だからといって
話し合いもせずに無断で勝手に使い込むというのは、
色んな意味で問題があります。

 

そもそも、財布の紐を奥さんに握られてしまっている方も
多そうですが。(笑)

我が家は、財産管理は僕がしています。小遣い制ではありません。
生活費をいくらと決めて渡したりもしていません。

どうしているか?

 

ほぼ全て、僕名義のクレジットカードで処理しています。
妻には家族カードを渡し、常識の範囲で使っていいと伝えてあります。

最近はようやく、事業を手伝ってくれている対価として、
専従者給与を支払うことができるようになりました。
せっかく分散することで節税になった分は小遣いとして使うのでなく、
妻の投資用ワンルームマンションの融資返済に当ててもらっています。

小遣い分くらい、生活費としてカウントできますから贈与にはなりませんしね。

 

僕はこんな感じで、少なくとも最初の1棟目については
妻に反対されるようなことはなく、不動産投資を
共同で進めていくことができました。

すんなり説得できた裏には、普段からの手回しがあります。

説得のしやすさについては人によって大きく難易度が異なりますが、
どんなに理解が深い家族だろうと、いきなり1億円の借金を背負って
マンション投資をやりたい、なんて言ったら反対されます。

家族に反対されることなく不動産投資に力を合わせて挑戦するには、
どうしたらいいでしょうか。

僕の経験も踏まえ、ビジネスにも活用できる説得方法の一部を
一緒に学びましょう。

 

ちなみに、男性の立場として書きますが、女性は妻を夫と読み替えて下さい。
基本的には同じです。

不動産投資には家族の理解を得ることも大事

家庭の中でお金についてのイニシアチブを持つ

第一に、日常生活上について。

まず、既に手遅れの人もいるかもしれませんが。
自分自身がギャンブルにハマっていたりしない限り、
財産管理を奥さんに握られてはいけません。

自分の稼いだお金の管理は自分でしましょう。
そこを面倒くさがっていたら、資産運用なんてままなりません。

 

次に、妻のお金の使い方にはある程度寛容でいてあげましょう。
お金の管理をしてあげつつ、奥さんの不満が出ない程度には
使わせてあげるのが大事です。

その上で、貯蓄は計画的に行い、
確実にお金が増えていくように管理をして下さい。

自分の節約はもちろんのこと、
クレジットカードのポイントによる臨時収入や
ネット通販での格安購入などを利用して、
細かいお金の管理までしっかりできることをアピールしましょう。

臨時収入などは奥さんにお小遣いとして
プレゼントしたりするのも効果的です。

 

これらを夫婦生活で当たり前にすることで、
お金に関して強い立場になることができます。

ついでに税金や経済を学んで、ニュースを見ながら
お金に関する話題を振ってみたり、豆知識を披露するのも
お金についてしっかり考えているんだなと
良い印象を与えるのに有効です。

こうして日常から優位な立場に立っておきつつ、
不満を溜め込ませないように調整することで、
大きなお金を動かす時に説得をしやすい状態を作り出しておきましょう。

日々の小さな工夫と努力が、自分のステージを上げ、
夢のある未来への架け橋となります。

 

尚、前提としてある程度収入に余裕がある必要があります。

日々の生活がキツくて貯蓄どころでは……という環境なのであれば、
まずは別の方法で収入を底上げすることから始めるのがおすすめです。

 

説得をする時に効果的な話の手順

下地ができている状態であれば、あとは説得です。

説得方法については、本当に語り始めるととてもじゃないですが
一つの記事にまとめ切れません。
本当に重要なポイントのみ、お伝えします。

 

人を説得する時にどうすればいいか。

1.自らが信頼に足る人物であることを証明する
2.現在抱えている問題点について提言する
3.それを放置することで将来的に悪影響があることを理解させる
4.困難を乗り越えるべく自分がやりたいことを堂々と宣言する
5.なぜ「今」それが必要なのか理由を明確にする
6.得られたものでどういった未来があるかをイメージさせる

 

この6点を、最低限クリアしなければいけない。

前項の内容がクリアできていれば、1については問題ないと思います。
お金にだらしないと思われていたら、とてもじゃないですが
説得は不可能。説得にかかる前に時間をかけて下準備を進めて下さい。

 

2~6は、別に僕が考えたものではありません。
PASONAの法則という、商品の広告を作る際によく使われる、
セールスの反応率を高めるためのテクニックに準拠したものです。

広告というものは物を買ってもらえるよう説得することですからね、
人を説得することにも応用が利きます。

 

奥さんと折り入って話をする際に、2~6の順番通りの流れで
真剣に説得に望めば、きっと理解してくれますよ。

一度ではダメでも、自分の立場を向上させながら繰り返し説得を続けましょう。
家族を持ってしまった以上、伴侶の理解を得られないようでは
理想の未来へは辿り着けません。

 

ハードルは高いほどくぐりやすいと考えられるかどうか

もしそれでも納得してもらえない場合。
少し道を変えた方がいいかもしれないですね。

不動産投資を諦めるということではなく。
より外堀から埋めていくための行動を起こすんです。

 

結局、奥さんが心配していることは、お金の話が中心です。
将来の貯蓄をそんなものに使えない、とか、
失敗したら自分や子どもも借金を背負わないといけないかもしれない、とか。

そこを打破するには説得力を高める以外の方法はなく、
事業を起こしてお金を自分の力で稼げるんだという実績を示し、
自分を信頼してもらう。

なかなかハードルは高いですが、他に手段はないでしょう。

 

今まで通り周りに流される人生を続けるか、
自分が主人公であるべく自分の意思で人生を歩むか。

『今』、この超えるべきハードルとどう向き合うかが、
私たちが将来思っているような自分に変われるかどうかを
決定付けることになります。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 未知の世界に不安はつき物
  2. 不動産仲介業者との面談
  3. 不動産購入価格には常に不安が残るもの
  4. 広告だらけの街中
  5. 銀行からお金を借りるのは不安?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る