収益不動産のリサーチをひたすら繰り返すことの意味

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

不動産投資をする上で特に重要なのは、やはりリサーチ力であろう、と
僕は考えています。

ただ、一言でリサーチ力といっても何を示しているのかが分かりにくい
と思いますので、もう少し詳細に言及すると。

自分の頭と行動を以ってして妥協せずに追求ができるかどうか。労力を
苦とせずに様々な視点から自分の求めているものに限りなく近いものを
探し続けられるかどうか。

これが実に重要だと思っていますし、僕自身も大切にしている事です。

 

最終的には僕のように不動産業者さんからの提案を丸呑みする形で購入
をするのだとしても、自分で苦労をしてリサーチをした経験というのは
強力な武器になります。

それも、投資の成否を分けるほどの。

そのような経験無しに提案に飛びついてしまうと、旨い儲け話には裏が
あるとの格言の通りにやられてしまう可能性が格段に上昇します。

リサーチとは、ある意味で自身を鍛えるための訓練であると言えます。
それも、実践形式のものであり、極めて効果が高い。

大学入試でも、就職活動でも、ゲーム大会でも、実践形式の練習をせず
本番に挑むのは一般的に無謀と思われても仕方ありません。

模試とか、模擬面接とかをしますよね。

 

リサーチは、不動産投資における実践訓練になります。不動産投資だけ
でなく、買い物をする上でリサーチをするのは、後悔をしない買い物と
するには極めて大事ではないでしょうか。

そして、不動産の購入があらゆる買い物の中で最大級に高価な、高額な
買い物になるだろう事は明白であり、リサーチが不十分なままで購入を
進めるのがどれほど怖いかは誰の目にも明らかです。

不動産購入は、飽くなきリサーチがその成否を左右します。少なくとも
後悔する率を大きく引き下げられるでしょう。

 

リサーチは繰り返しが基本

不動産投資に興味を持った方のほとんどは、一度は自分なりにリサーチ
を行った経験があると思います。

不動産投資のポータルサイト、いくつかありますよね。インターネット
という便利なものがあり、誰でも日本中の収益不動産の検索を行う事が
無料で可能になりました。

なんと素晴らしい時代でしょうか。かつては不動産業者の提案を受ける
か否か、しか選択肢が無かったのですから、これだけで昔よりも遥かに
成功のハードルは下がっています。

 

ですが、その内の大半は、初日にしばらく条件をいくつか当てはめつつ
検索をして、結局どの物件がいいのか、どの地域に購入すればいいのか、
皆目検討もつかず、見るのを止めてしまっていると推測します。

何故そう思うかといえば、多くの人がリサーチを徹底して行えるような
人間であるならば、転売業者に適当に誤魔化されて物件を買ってしまう
人はほとんどいないはずだからです。

悪質な転売業者の多くが元気に活動をしているところを見ると、かなり
の人数がリサーチを諦めて、欲に流されるまま煽られ購入をされている
のではないでしょうか。

 

尚、決して全ての転売業者が悪質であるといっていたり、転売そのもの
が悪いといっていたりするのではありませんので誤解のなきよう。

そうでなくて、リサーチをしっかりと突き詰めた経験があればいい加減
な転売業者のセールスにつかまったりはしない、という意味です。

 

リサーチは、何日間も、場合によっては何ヶ月もひたすら繰り返すこと
で進化します。

リサーチをしながら、様々な疑問や不安を持つでしょう。また逆に何か
の確信を抱いたりもすると思います。

それは、自分にとってどのような物件が本当に合っているのかを何回も
繰り返し自問しているようなもので。一冊の本を繰り返し読むと徐々に
深く理解が進んだり、考察ができたりするのと同じです。

 

例えば投資地域であるとか、建築様式であるとかが自分にとって最良の
ものは何かとの疑問に答えが出るかもしれません。

RCマンション投資の話に惹かれて色々調べているうちに、実は木造物件
の方が自分の理想的な生活には適しているのかもしれない、との気づき
が得られたりとか。

地方投資を検討していたけれどもその難しさに気がつき、知った地方や
住所近隣の地域に買うのが良さそうだと感じたりとか。

 

そもそも不動産投資よりもっと自分に適切な投資があるかもしれない、
との答えに辿り着く方もいらっしゃるでしょう。

リサーチをひたすら続けることで、自分にとって本当に必要なものとは
何ぞや、との疑問を必ず抱くはずですから。

 

リサーチは理想の再確認に繋がる

こんな話を思いついたのは、父親から「パソコンを買い換えたいけれど
何かいいのを探してくれ」との頼まれ事をされて、ネットで比較検討を
繰り返している最中でした。

値段との折り合いを考えながらも、果たしてどのようなものが父親には
合っているだろうかを考えて、答えを何度も出したと思ってもより適合
した信頼性の高い製品はないだろうかと探し直したりしていました。

繰り返すうち、徐々に何にこだわるべきかが定まってきて。最終的には
とてもコストパフォーマンスの良い製品に辿り着けました。

本当は、別に何だってよかったのですけれども。

 

その経験から、収益不動産を購入した時も同じようにひたすらリサーチ
をしていたなと思い出し。

リサーチはただ良い選択をするだけでなく、何を重視すべきかをはじめ
として、自分の理想とはどのようなものを再確認する効果があることに
気がつきました。

それには簡単に妥協せず、しつこい程に繰り返しリサーチするのが必要
であるのにも。

 

是非、実践をしてみて下さい。その経験は必ず役に立ちます。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 東京への投資に憧れは感じますが、それは現実的でしょうか?
  2. 2014年2月8日の大雪、大変でしたね。
  3. おやつでも食べながら…。
  4. 工藤会総裁野村悟容疑者の自宅。
  5. お金があれば非常に良い投資先ですが。
  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る