よく分からない火災保険。とりあえず申請をするだけしてみました。

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

4月の熊本地震は甚大な被害をもたらし、まだまだ復興は程遠く、苦労
をされている方は多いことと思います。

妻の親戚でも自宅が倒壊し、住人がめない状態になってしまったにも
かかわらず、保険の審査では半壊の判定を受けてしまって、これから
どうするか困っている人がいると聞きました。

既に可決された補正予算より公的な補助も受けられるでしょうから、
何とかなるとは思いますけれども、人生設計が大きく崩れてしまった
のも間違いなく。

先を見通せるような状況ではない現状に、苦しい思いを抱えているの
だろうと想像するといたたまれません。

 

医療保険の書類などは仕事柄しょっちゅう書きますし、保険会社の方
と話をする機会も多く、医療保険がどのような審査をされているのか
などは経験から概ね理解できました。

しかしその医療保険でさえ、適切な支払いがされているかは知る由も
ありません。保険金支払いが適正かどうかを顧客がチェックする方法
は、裁判以外皆無といっていいでしょう。

顧客は専門家ではないし、そもそも保険会社も保険のプロなのであり、
医療や建築のプロではないんです。

保険業界も深い闇を抱えている業界です。顧客サイドが過大な保険料
を引き出そうとするケースも多いでしょうから、僕はあくまでも中立
の立場からしかモノを言えませんが。

不動産投資も保険とは切っても切り離せないものであり、早いうちに
経験を積み、知識武装により備えをしておかなければいけません。

払い損とならないよう、皆さんとも知識と経験を共有したいですね。

火災保険の実態は本当によく分かりません。

よく分からない火災保険の実態

団体信用生命保険をはじめとした生命保険はシンプルで分かりやすく、
トラブルになるケースは比較的少ないと思います。

死という0か1かを基準として支払いが決まるものですし、例外規定、
3大疾病特約なども明確です。

それでも、診断書の不備やそれに近しい状況をどう判断するかなどで
揉めたりするのでしょうが。

 

火災保険は生命保険に比べて遥かに不透明です。

半壊、全壊の定義すら、私たちは明確に知りません。またそれに対し
どの程度の保険料の支払いが適切なのかもよく分からない。

僕にもさっぱりです。

そもそも、手続きすらどうしていくべきかが分からないです。

 

で、です。以前、熊本地震によって僕の所有している福岡県の不動産
には特に被害がなかったようだ、と書いたように思いますが。

1ヶ月経ってから、非常口がしっかりと閉まらなくなっている、との
報告が住人の方から管理会社さんまであったようで。

熊本地震の影響かどうかは分からないものの、保険会社に問い合わせ
してみて欲しいと連絡を受けました。

 

昨冬の寒冷被害により井戸が破裂してしまったのは、井戸の老朽化も
あって保険金が下りたとしても修繕費用には全く足りないだろうし、
不要なものであったためスルーをしました。

けれども、非常口のドアは2年ほど前に直したばかりのはずでしたし、
直さざるを得ないものですので。

今回は申請をしてみようかな、と思い、電話を入れました。

 

果たしてどうなるか、保険金はどの程度降りるのかはこれからですが、
結果が出ましたらその経過と共にご報告しようかと思います。

ちなみに、金額的には全交換でも20万円ちょっと、修理で済ませれば
6万円程度の見積もりで、大したものではありません。

ドラマティックな展開にはなりません事をご承知下さい(笑)。

 

現況

火災保険の保険証券はローンの担保となっており、金融機関の手元に
あります。

が、そこはちゃんと火災保険の申し込み時の控えがありまして、物件
を購入した当時の資料を引っ張り出し、証券番号や連絡先を見つける
ことができました。

保険証券の写しを取っていなかったので失敗したなと思っていました
けれども、無事にスムーズな問い合わせができています。

売買時に資料を綺麗にまとめて下さっていた不動産業者さんに感謝。
本来は自分でやるべき部分なのですが。

 

どこに電話をすればよいのか悩んだ結果、総合相談的な番号に掛けて
みたところ、機械式アナウンスで誘導されました。ダイヤルの誤作動
か、何故か自動車事故担当へと繋がってしまいました(苦笑)。

繋ぎ直して頂き、担当部署へとりあえず事情を伝えたところ、担当が
決まり次第後日連絡をする、と。

僕は物件から遠方のため、現場のことに関する対応は管理会社さんに
対応頂けるよう事前にお願いしておいたので、管理会社さんの連絡先
を伝え、保険会社の反応待ち、が現状です。

追加で尋ねられたことといえば、既に修繕が終わっているかどうか、
だけでした。

 

現在までの進行状況はここまでです。まだ最初の連絡をしただけで、
数日待ちぼうけをしています。もしかしたら管理会社さんへは連絡が
既に入っているかもしれません。

果たしてどのようになるか僕としても楽しみです。保険が下りようと
下りまいと構いませんが、新たな経験値が得られる事が大切です。

続報をお待ち下さい。何かご経験をお持ちの方は、是非コメントして
下さると幸いです。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 繰り返し確認をすることほど重要なことはありません。
  2. 雇用があるところに人が集まるのは昔から変わりません。
  3. 固定資産税の高さには毎年大変です。
  4. 20130309-112654.jpg
  5. ついに箱の中から出るべき時がきました。
  6. 2017年度の始まりです。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る