不動産投資におけるネットの利点は、本当に正しい情報が手に入れられること。

この記事は2分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

不動産投資をこれから始めたい、

という方のために色々ネットで情報を探すものの、

やっぱり今一つ、無料で優良な情報源というものがない。

 

正直な本音です。

優良な情報は、有料になってしまいますね。

 

お陰で、今日は特に記事のネタに困ってます。

これを書く前に、3つくらいは書いては消しました。

つまらなかったので。

 

無料の資料請求とか、良さげなものもあったんですが、

見たいですか?

希望が多ければ、DVDプレゼントがあったので、

勉強には役に立ちそうでした。

若手起業家が取るべき二つの道

 

私は、自己資金の少ない若手サラリーマンにこそ、

不動産投資にチャレンジしてもらい、

成功を納めてもらいたい、と常日頃から思ってます。

 

ですが、若手サラリーマンにそんな自己資金はない、

という大きな矛盾ですね。

 

そんな状況を打開できないかと、

インターネット上の情報を探していた次第です。

 

しかし現時点では、革命的なアイデアは浮かびません。

 

 

頭にあるアイデアとしては、やっぱり二つの方向ですね。

 

一つは、日本政策金融公庫から少額の事業資金を借りて、

区分マンションや一戸建て住宅の賃貸から始め、

少しずつ実績をつけて融資額を伸ばす方法。

王道の方法ですね。ただし、数年の時間は必要です。

 

もう一つは、ファイナンスアレンジ付き、

フルローン可を謳う仲介業者に相談をする方法。

こちらは属性が高い方にはお勧めです。

正直、今は借金するには絶好の時期と思いますし、

フルローンで大きな物件を購入できれば、

実績を作りつつ次の物件を買うための資金を貯められるからです。

 

幸運もあったものの、それだけでは成功しなかった

 

私は後者の道を進みました。

運良く優良な業者さんと巡り合えましたし、

ラッキーが続いたからこそ成功している、

という面が強いのは確かですね。

 

ですが、自己資金の少ない場合に選ぶべき道として、

間違っているとは思いません。

 

一見ラッキーに思えても、

しっかりと物件を評価する方法が身についていたからこそ、

うまくいっているのかも・・・というのは、自画自賛でしょうか。

 

まあ、ラッキーですね。

 

ただその幸運も、人を信用する、ということができたからこそ、

回ってきたんです。

 

情報をくださった方を信用して問い合わせてみたことが、

今の自分の成功を生み出しました。

 

ネットの情報は今や欠かせないもの

 

ネットは胡散臭い、と思うことが多くあるかもしれません。

でも、真実だって沢山あるんです。

 

私が成功したのは、ネットの情報からです。

メルマガなので、ソースは出せませんが。

 

成功の種は、そこらじゅうに転がっているんです。

ネットを介せば、リアルでは絶対に知り合えなかったはずの人と、

ビジネスの相談をすることができます。

 

多少のお金がかかるものもありますが、

基本的には有益性の方がずっと高いですね。

 

こちらも要望が多ければ、公開してもいいかなと思ってます。

先方の許可を得なければならないので、

時間はかかるかもしれませんが。

 

いつも貴重なご意見ありがとうございます

 

最後に、一つアンケートを取らせてください。

 

あなたは、既に収益不動産を持っていますか?

今後、どのような記事を読みたいですか?

 

このたった二つですが、今とても私が知りたいことです。

ぜひ、ご回答お願いします。

こちらのコンタクトフォームから、どうぞ。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 組み合わせることで自分だけの新たな価値を生み出せます。
  2. 紅葉でもゆっくり見てこようと思います。
  3. 40年以上現役のF-16戦闘機
  4. 飛ぶチャンスはいつでしょうか?
  5. 燃費が良いことは悪いことではありませんが。
  6. 6通郵便物を作るだけで大忙し
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る