ラップ口座とおまかせ不動産投資は似て非なるもの

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

ラップ口座、なんてものが流行っている(?)ようですね。

ニュース記事による知識なので、もしかしたら証券会社や
銀行が主体のステルスマーケティングかもしれませんが。

ただ、規模が拡大していることは間違いないようで、
口座残高が1兆円を超えた、というニュースでした。

「ラップ口座」、近ごろ人気…残高1兆円突破へ

 

ラップ口座とは

ラップ口座とは何か、ですが。簡単に言うと、

「資産を預けてもらえればプロが運用します!」

という金融商品です。

1999年からサービス自体はあったようで、
意外と歴史は古い模様。普及を始めたのは
2004年ころからのことのようです。

 

投資はしたいけど、仕事で忙しい、自分でやるのは不安だ、
誰か安心して任せられる人はいないものか、なんて考える
人向けのサービスだと理解しました。

お金を預けて、そのお金をどう運用して欲しいかだけ
決めれば、あとは「プロの投資家」が勝手にお金を
増やしてくれる、と。

銀行や証券会社は、預けた金額に応じて手数料を受け取り、
その手数料から運用コストを引いたものが利益になる、と。
手数料は預けた金額の2~3%(年額)のようです。
(運用の方向性により利回りと手数料には幅があります。)

 

なんか、どっかで聞いたことのある話な気が。

 

つまり、プロが利回り5%程度で運用してもらえれば
顧客も手数料と同程度の利益が出ることになります。

ただし、当然ですが元本保証はなし

 

元々証券会社が展開していたサービスに、大手銀行も次々と
参入したことからラップ口座の口座残高が拡大しており、
今回話題となったようです。

当初の最低契約金額は幅が大きく、1000万円~10億円。(笑)

さすがに数億円単位では顧客が少なかったのか、それとも
ラップ口座の運用ノウハウが蓄積されたためか、最近では
1000万円~5000万円からの商品が多いとのこと。

条件的には不動産投資に似ていなくもないですね。

おまかせできるのは頼もしいところですが…

ラップ口座は儲かるのか? 投資のプロの信頼度は

さて、どうでしょうか。個人的にはこのラップ口座、
儲けを出すにはややハードルが高い気がしてならない。

少なくとも、数年かけてやっと1000万円貯蓄しました、
程度の庶民はラップ口座に手を出さない方が吉と考えます。

 

年利5%程度なら、プロならそこそこの精度で得ることが
できるかもしれません。

ヘッジファンドなんて、それくらいできなければ
会社として存続は困難でしょうから。

しかしそれでも、あらゆるところで運用失敗による
ニュースは聞きますよね。国内、海外問わず。

 

資金が多ければ多いほど、リスクが減ることは確かでしょう。
10億円の資金があれば、1000万円程度で運用するより
損失を出す可能性は低いはずです。

十分な投資金額で分散をさせることができるし、
金額が大きいほど取引手数料の割合が小さくなりますから。

 

ただ、それでも大きく元本割れするリスク
常に抱えているわけです。

何とかショックが世界のどこかで発生すれば、
株式、為替、国債、その他直接的な投資対象は
瞬時に反応して暴落します。

また、どこかの国の政府や中央銀行が介入して
紛れを起こすこともしょっちゅう。

 

ラップ口座は、お金が余っていて置き場がない人向けの
金融商品ですね。空き巣に入られても笑っていられる人が
数字の増減を見て楽しむものじゃないでしょうか。

 

ラップ口座に預けるお金でできること

そもそも1000万円の資金があれば、区分マンションや
一戸建て物件が現金で購入できてしまう。

木造アパートを購入するための頭金にすることも
可能でしょう。

規模が小さいものであれば、RCマンションだって
融資を受けて購入することが可能です。

 

マンション管理料は、集合住宅であれば5%程度に
抑えることができます。

ラップ口座の手数料よりは高いですが、利回りも安定度も
収益不動産に投資したほうが遥かに上。

利回りだけを見ても、5%の利益を得るのに2~3%の手数料が
取られるより、10%の利益を得るのに5%の管理料がかかる方が
条件がいいのは誰の目からも明らか。

 

不動産投資にも、物件の調査から融資付け、管理まで
パッケージングして販売する商品があります。

物件や会社を選べば、そっちの方がよっぽどいい。

 

ラップ口座と不動産投資ではそもそも条件が違いすぎて
比較対象にならない、といってしまえばそうですが、
同じお金の運用と考えれば?

僕だったら、やっぱり不動産への投資を選びますね。

頑張って作ったお金を人に丸投げする気にはちょっとなれない。

 

100億円くらい資産があるなら、分散投資として
10%くらい預けても良いかなとは思いますが、
そんな時がくるのかどうか。

 

ラップ口座の契約は慎重に

世の中にはこのラップ口座のように、

「楽して稼がせます。あなたはただ、お金を出すだけでいい」

などという甘い言葉がそこらじゅうにひしめいています。

でも、まさに「そんなに稼げるなら自分でやったら?」
と言いたくなるものばかり。

 

結局こういうものは、「リスクを私たちの代わりに背負って
くれれば、お金を増やせるかもしれないよ。当然ながら
手間賃はもらうけどね」と言っているに過ぎない。

甘い言葉には必ず裏があるもの。
相手が専門家であればあるほど、その傾向は強くなります。

新しいサービスや商品が出てきても、リスクを背負えないなら
絶対に飛びつくのはやめましょう。このラップ口座も、
そんな金融商品のひとつです。

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 人生設計を細かくしすぎるのはどうかと思いますが、何も考えないのはより問題。
  2. 自分のことを知るのって、案外難しい。
  3. 忙しくて嫌になった経験は誰しもお持ちでしょう。
  4. びっくりするくらいメリットは多いです。
  5. お金の多寡は時に精神性を映す鏡ともなり得ます。
  6. 日本の将来もまだまだこの景色のように、無限大だと思いませんか?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る