初心者にお勧めの、売主物件とは?

この記事は2分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

収益不動産に限らず、不動産というものは通常、

仲介会社を通じて購入することが多いです。

 

 

一般人がいきなり物件売りますといっても、

ブックオフのようなところがあるわけではないので

買い取ってくれる相手が見つからないわけですね。

 

 

時々、不動産売却無料査定、というようなチラシを

見かけるかもしれませんが、

あれはあくまで仲介をしますよ、という意味合いです。

 

時々買い取ってくれるところもあるでしょうが、

相当買い叩かれることを覚悟しなければなりません。

 

 

 

しかしその流れに外れる収益不動産があります。

 

 

売主物件、と言われるものです。

 

 

 

売主物件とは、仲介会社が間に入らず、

直接売主が購入者に物件を販売する形を取ります。

 

 

売主といっても個人ではなく、大概は企業です。

 

常日頃不動産を扱う企業であり、

特に売買の流れ的には変わりません。

 

 

 

何が違うかというと、仲介手数料がかからないこと、

瑕疵担保責任が直接的であり、わかりやすいことです。

 

 

仲介会社が間に入らないのですから、

仲介手数料がかからないのは当然です。

 

その分、物件価格に上乗せして価格を決めていることが

多いので、必ずしも安く買えるとは限りませんが、

余分なことを考えずに済むので初心者的には楽です。

 

 

 

瑕疵担保責任については、仲介業者を挟むと

どちらが責任を負うべきかなど面倒になりがちですし、

トラブルの種になることがあります。

 

売主物件では売主である企業に瑕疵担保責任があり、

重要事項説明も直接話をすることができるので、

話がこじれにくい、というメリットがあります。

 

 

 

その他、

売主物件は不動産業者などが扱っていることもあり、

色々特別なサービスを行ってくれることが多いです。

 

 

例えばリフォームまで自社持ちで全て請け負う、

といったプランや、空室保証をつけてくれる、

などといったプランです。

 

売主物件ならではのサービスですね。

 

 

通常の、仲介の入る収益物件との差別化のために

行っていることですので、

割高になるものの初心者には非常に安心できる、

良いサービスと思います。

 

 

管理なども相談に乗ってくれることが多いですから、

もし初めての不動産投資で心配事が多ければ、

利用してみるのもいいと思います。

 

 

 

ただ、全てをお任せにするのはやめましょう。

不動産賃貸事業者となる意識を忘れては、

将来的に痛い目を見るかもしれません。

 

 

色々お世話をして頂きながら積極的に経営に参加し、

教えを請うくらいの姿勢が良いのではないでしょうか。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 契約は慎重に
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る