任意売却物件とは

この記事は2分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

前回、任意売却物件という単語をつい出してしまいました。

 

まだ説明していませんでしたので、今回はその解説をします。

 

 

任意売却物件とは、

 

 

「ローンを滞納し、返済不可能になった際に、

金融機関から担保を差し押さえられた際、

競売に掛けられる前に持ち主が自分で

売却することを選択して売りに出される物件」

 

 

のことです。

 

 

通常の売却とは何が違うのかというと、

 

価格の下限が決まっている。

 

高価格で売るよりも最低限の価格で早く売ることが優先される。

 

 

というところです。

 

 

 

何故そうなるのか。

 

「残債の返済のみを目的とした売却であるため」

 

です。

 

 

 

売却は持ち主の意思ですが、主導はあくまで金融機関。

 

 

金融機関としては放置すれば不良債権になってしまうのを、

残りの債務残高全額を回収できるチャンスです。

 

 

競売となってしまっては、いくらの値がつくかわかりません。

競売参加者はできるだけ安く買いたいのですから、

残債に金額が届かない可能性は高いです。

 

付いた値が残債に届かなければ、残高は自己破産されれば

回収不能になってしまいます。

 

 

上記の理由より、任意売却は債務残高と諸費用の合計額以上であれば

いいのです。

 

逆に言えば、どんなに頑張ってもそれ以下には下がらない、

ということですね。

売却が成立しなければ、競売行きです。

 

 

 

金融機関としてはなるべく早く回収したいため、

取引の成立速度が命です。

 

債務残高+諸費用の合計に届いていれば、

あとは素早く確実に支払ってもらえる買い付けを優先してきます。

 

 

つまり、既に融資が決まっていたり、

全額自己資金で購入してくれたりするのであれば、

指値が非常に通りやすい、ということです。

 

 

 

任意売却の時点で事情があることは誰の目にも明らかですから、

当然ライバルも増えます。

 

ですから、通常の物件購入より更にスピード感が必要になります。

 

 

 

一般的には持ち主の利益はあまり優先されないため、

安く買えることが多いのは確かです。

 

不動産投資はできるだけ安く買う、

というところが成功するための最大のイントと考えると、

任意売却物件は大きなチャンスでもあります。

 

 

 

初めての物件を任意売却物件にする、というのはお勧めしません。

購入が難しく、リスク大きいためです。

(余っている任意売却物件は、

他の投資家が目をつけていない=あまり良い物件ではない

という可能性が高いため)

 

 

 

しかし、やはり安さという大きなメリットがあります。

 

 

不動産購入に慣れてきて、金融機関からの融資が確実になってきたら、

挑戦してみては如何でしょうか。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. New home and keys
  2. 東京
  1. 勉強になります^^

    任意売却に至った
    過程を想像すると切ないですが…

    • 奢れるものは久しからず、といったことでしょうか。
      明日は我が身とならないよう、精進しないといけないですね。

      一つの収入源に頼り過ぎない、というのも
      今後生きていくうえで、必要なこととも思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る