メガバンクから信用組合まで、真の友人はどこにいる?

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

僕も以前はメガバンクからの融資を受けたい、との考えを持っていた
のですけれども。

最近はあまりこだわりが無くなってきました。むしろ、地銀や信金と
いった地域密着型の金融機関の方が良いのかな、と。

 

メガバンクから融資を受けるメリットとして「低金利である」という
ものがあります。

理屈から考えると、確かにそうなんです。メガバンクほど資金調達を
低コストに行えますので、メガバンクから受けられる融資も低金利と
なるのが自然な理屈。

それを夢見て、メガバンクから融資を受けたいなと考えていました。
金利は低い方が良いに決まっていますから、方向性としては間違って
いる部分はありません。

 

また、メガバンクから融資を受けるのは箔をつけるにはもってこい。
メガバンクが融資を承認するほどの人物である、と。

他の金融機関から見て、問題のある人間ではないことの証明ができる
のは役に立つ、と、どこかの書籍か何かで読み、それを鵜呑みにして
いたように思います。

しかしこれについても今は意見を完全に変えていて。メガバンクから
融資を受けているのは必ずしも良い印象ばかりを与えるわけではない
かもしれない、との考えに至っています。

 

最終的に、メガバンクへのこだわりは完全に捨て去りました。むしろ
小さな金融機関、それこそ信用組合や信用金庫のようなところからの
提案を積極的に受けたいと思うようになっています。

本当にそれが正解かどうかまでは分かりません。ですが、今のところ
条件としても遜色のない融資を受けられていますし、今後の融資にも
積極的になって頂けています。

メガバンク至上主義の方は少なくありませんが、一度頭を冷やして、
考えを切り替えてみても良いかもしれません。

無理して仮面をかぶる必要はないように思います。

相手にとっての自分の見え方

融資条件については、本当に優良な顧客であれば確かにメガバンクの
方が低金利で、尚且つ多額の融資を受けられると思います。

世界に名立たる大企業のメインバンクはまず間違いなくメガバンク。
地銀や信金では、その旺盛な資金需要に応えきれないためです。

金利も、その金額、融資年数からは考えられないほどに低い。

 

けれども。

それはあくまでも大企業の話です。個人がメガバンクから低金利での
融資を引き出すのは、思いのほか大変です。

10年ほど前の、収益不動産に対する融資を長積極的に行っていたSMBC
とか、数年前のりそな銀行など、特殊な条件下を除き、メガバンクの
顧客になるのは相当にハードルが高い。

 

また、その特殊条件下でメガバンクから引き出した融資条件。確かに
破格の条件ではありますが、では同程度の条件を地銀や信金などから
引き出すのはできないかというと。

意外とそんなことはありません。収益不動産に特化した融資を積極的
に行っている時期は、金利も意外と強気です。決して「ものすごい」
低いことはありません。

 

金利などで好条件を提示する際には、金融機関もそれなりのリスクを
背負う事になります。とすれば、相手はそれに見合った優良な顧客に
限ります。

では、メガバンクの優良顧客になるのと、地銀の優良顧客になるのと、
信金の優良顧客になるのと、どれが一番容易でしょうか?

当然、規模の小さな金融機関です。経営規模が小さい分、顧客の数も
少ないし、一人当たりの預金額や融資額も少ない。

 

メガバンクにとって個人客一人など、よほどの資産家でない限り優遇
をすべき対象にはなりません。故に、超優遇金利の獲得は極めて困難。

ですが信用金庫だと全く対応が違ってきます。1000万円程度の預金は
メガバンクにとってはそう大した問題ではありませんが、信用金庫に
とってはできれば手放したくないと思う金額だったりします。

定期預金を1000万円入れるとしたら、メガバンクより信用金庫の方が
大きく歓迎してくれるでしょう。

 

そして優遇されていないメガバンクの融資条件と、優遇をされている
信用組合の融資条件、どちらが良くなるか。

時に信用組合に軍配が上がる可能性すらあるでしょう。メガバンクに
こだわる必要は、少なくとも融資条件に関していえばあまり「無い」
といって良いと思います。

 

メガバンクが貸さない人に……

また、メガバンクが箔付けに逆効果になるケースを想定しておくべき
かと考えています。

メガバンクから融資を受けているとします。金額的には個人への融資
限度額にはまだ余裕がある程度として。

そんな方が、地銀や信用金庫に新規の融資を希望してやってきました。
融資担当はどのような疑問を抱くでしょうか?

 

なんでメインバンクであるメガバンクから融資の相談をしなかったの
だろうか。単純に既に借りていて借りられないと思ってのことか。

それとも既に当該メガバンクからは融資を断られているのだろうか。
もし断られているとしたら、何故だろうか。

 

小さな金融機関にいけばいくほど、そんな疑念を持たれてしまっても
何も言えません。

ちょっと怪しいと思われたら、まずは先に当該メガバンクに相談して
みてはいかがでしょうか、と流されてしまうかもしれません。

実際どう思うかは融資担当さん次第かと思いますが、可能性としては
考慮しておいた方が良いでしょう。明確な理由が無い限りメガバンク
の顧客がより小さな金融機関を訪れるのは不自然ですから。

 

今の僕はこんな考えでいます。

正直、小さな金融機関の方がより親密にしてくれますし、居心地良く
感じます。条件も良いですし、本社の遠いメガバンクから借りようと
あまり思わなくなりました。

不動産投資は、地域密着型の事業ですから。金融機関との付き合いも
地域密着でいくのが自然のようにも感じています。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 漂流しながらも道を探すしかありません。
  2. しっかり歩けるようになるまで遠くに行ってはいけません。
  3. 行かなければ見えない風景があります。
  4. スケールメリットを活かすのは基本中の基本です。
  5. 仕事で私生活が圧迫されてしまうのは嫌ですよね。
  6. 兼業農家も悪いものではないかもしれません。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る