何の為に不動産投資を行い、得たお金を何に使いたいのか。2017年に向けて。

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

最近難しい、と言われてしまいましたので。

今回はもっと易しく、オブラートに包んだりせず直接的な物言い
記事を書いてみようと思います。

 

不動産投資を生活資金の足しにするお金を得たくてスタートをする
のはお勧めできません。

生活レベルを向上させるために収益不動産を買うというのもお勧め
できません。

裕福な生活というのは、成功をした結果オマケとして得られる程度
のものであり、最初からそれを目標にするのはあまりにも低すぎる
目標です。

いえ、そもそもそんなものは目標と言えません。人生で達成したい
事が不動産投資で得られる程度の裕福さだけなんて、何とも空しい
と思いませんか?

そんな程度の生活、普通にサラリーマンとして仕事をしているだけ
でも多くの人が得られると思われます。

不動産投資なんてリスキーな事をせず、労働者としての価値を高め
給与収入を増やすことに注力してはいかがでしょうか。余った分は
銀行に預けておくだけで良いと思います。

 

同じ程度の収入が目標であっても、心持ちが違えば全く意味も変化
します。

今の仕事がものすごく好きで、一生続けたいけれども収入が厳しく
どうしても今の仕事で一生食べていくのは難しいから、手持ち資金
を使ってでも安定したもう一つの収入源が欲しい。

これなら理解できます。貯金が目減りしていくというのは不安しか
生みません。それを失って代わりに不動産収入を得て少しずつでも
貯蓄ができる生活となればどうでしょうか。

安心して、大好きな仕事に打ち込めます。いくらでも夢を目指せる
環境です。不安を抱えたままでは上手くいくものもいかないもの。
ハングリー精神なんて必要ありません。

 

この場合は「生活資金の足しにしたい」よりも「仕事を続けたい」
が先立っていますので、強い意志の力となり、成功率は遥かに高く
なるものです。

何か行動をする際に、動機ほど大切なものはありません。

あまり良い例えではありませんが、犯罪の取り調べでも警察は動機
を大事にします。全く動機がない人を疑うのは、明確な物証の無い
限り難しい。

 

より、欲張った動機を探すのが、不動産投資の第一歩です。

頂上に憧れますか? 僕は行きたいとすら思いません。

生活資金? 贅沢がしたい?

不動産投資は確かに軌道に乗れば極めて少ない業務量で大きな利益
を上げられます。

本業より不動産業で利益を上げて凌いでいるという企業も少なくは
ありません。かの大企業である朝日新聞などもその類です。

 

しかし本業を疎かにすればあっという間に破綻する可能性も決して
低くはないですし、不動産への投資に失敗して母屋が傾くなんて話
も珍しくない。

本来本業で必要とする資金まで不動産へと注入してしまったばかり
に運転資金が不足したり、急なトラブル、業績悪化に対応しきれず
倒産してしまう事例は過去に何度も報道されています。

収益不動産から利益を上げるのには時間が掛かります。一時的には
キャッシュが大幅に消耗しますから、その隙を突かれるとなんとも
しようがないのでしょう。

 

個人の場合、これが「生活費」を圧迫する状態となります。生命に、
人生に関わる大問題です。

軌道に乗り、融資も安全域に入っているところまでくれば生活にも
余裕は出る、多少無駄遣いをしたところで何一つ問題の無い日々を
送れるようになるものですが。

そこまでいくには最低でも3年から5年、より確実には10年間もの
月日が必要です。

 

さて、生活資金の足しにしたいと考えるのはいつの話でしょうか?
生活レベルを向上させたいとはいつまでに達成したいと考えている
のでしょうか?

そんな考えでいると、ちょっと上手くいっただけで本来事業で必要
なお金まで生活費として、贅沢をする為に、消費してしまうだろう
ことは間違いありません。

こう言われると「馬鹿にするな」と反発を受けそうですが、それで
少しでもおかしな間違いをする人が減るのであれば僕は罵られても
構わないと思っています。

 

高尚な目標を持ちなさいとは言いませんが、低俗な目標を大っぴら
に掲げるのだけは止した方がいいでしょう。

融資を受けてリスクを背負った投資をするのに、家賃収入を生活費
の足しにしたいとか贅沢をする費用にしたいとかは、低俗な目標の
最もたるものです。

 

2017年は実行の年

目標がそういったぼんやりした答えになってしまう方は、恐らくは
自分のことが自分でよく分かっていないのではないかと思われます。

本当に自分自身が何を求めているのかを理解できていない。

ですので、まずは己を知ることを優先すべきではないでしょうか。

 

もう2016年も終盤ですが、確か2016年は当初より「己を知る年に
しよう」と書いていたはず。

もし忘れてしまった方は、是非読み直してみて下さい。当サイトの
アクセスアップの為にも(笑)。

 

そしてこれもかつて書いた話ですが、僕は人生6年周期である、と
感じています。少なくとも僕の人生は。

2013年は変化の年でした。ということは恐らく2019年には再び
変化が訪れます。という事は、2018年は実現の年。

そうなると、来年2017年は努力の年実行の年、です。

 

世間の雰囲気はまだ読みかねていますが、僕にとってはそうなる
だろう、とひしひしと感じます。先を想像するとぴったりと。

来年本当の意味で努力ができるように。行動ができるように。

今年のうちに己を一度振り返っておいて下さい。それができない
ようであれば、何もしない方が、変化を求めない方がよほどマシ
ではないでしょうか。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 相性の良さがあってこそ関係は上手くいくもの。
  2. 桜のように華やかに咲いても、すぐに散ってしまっては問題です。
  3. 今時、資産運用なんてパソコン一台、スマートフォン一台あればできてしまいます。
  4. 1日でティッシュ一箱消費してました。
  5. 毎日コツコツと実行することが大切です。
  6. 自信を持って先導します。
  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る