サラリーマンが投資目的に買ってはいけない区分マンションとは。(2)

  • サラリーマンが投資目的に買ってはいけない区分マンションとは。(2) はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

融資を受けて不動産投資をする場合。
必ず付いてくるのが利息の返済です。

金融機関が無利息で長期にお金を貸してくれるなんて
あり得ないということは誰にとっても常識。

ですよね?

区分マンションは第1回でお伝えした通り表面利回りが低く、
ネット利回りは表面利回りよりもさらに低い。

融資を受けて区分マンションを購入し、
少ない家賃収入から利息の返済までしていたら、
手元にはいくらも残りません。

しかも管理費や修繕積立金と同様、
空室であっても融資の返済の日は来ます。

 

僕は、以下の記事でも書きましたが区分マンションは
できる限り現金購入をすべきだと思っています。

関連記事:区分マンションは現金買い以外考えられない

トンネルを抜けた後がどうなっているか分からない電車には乗りませんよね?

1%の重みは誰もが同じではない

しかし現金購入の効率の悪さも知っています。

1円の重みは貧民ほど大きいものですが、
1%の重みというのはお金持ちほど大きいんです。

 

年利1%の定期預金があるとします。税金は考えず。
現代日本では見なくなった数字ですが、仮に。
で、金利でついた分は自由に引き出せるとする。

100,000円預金すると年利が1%つくと、1,000円もらえます。
嬉しくなくもない金額です。

1年に1度、1,000円のランチが無料で食べられますね。

 

でも、この100,000円がない

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • 2013 07.16
  • サラリーマンが投資目的に買ってはいけない区分マンションとは。(2) はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 必要に応じて組み合わせることが大事ですよね。
  2. 修繕工事
  3. 区分マンションは現金購入で。
  4. ワンルームで民泊。僕は避けて通ります。
  5. 単身向けかファミリー向けか? 区分マンション投資では非常に重要なことです。
  6. 新築区分マンションは投資するに足る存在か
コメントは利用できません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る