消費税増税は不動産投資に影響を与えるか

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

9月もあと1週間、ついに運命の時がやってきます。

10月1日、消費税が増税されるかどうかの判断を
安倍首相がすると公言している日です。

 

政治経済ニュースはずっと消費税増税のことで
持ちきりですね。公式の発表を待たずに確定した、
安倍首相が決心したと報道が繰り返されています。

もう少しまともで実のある報道ができないんでしょうか。

日が来れば正式に発表されるんですから、それ以前から
上げる、上げないで騒ぐことに何の意味があるのか。

 

マスコミは立場もコロコロ変わっています。
消費税を増税すべきと言ってみたり、増税すれば
日本経済は終わりだと言ってみたり。

ほんと、忙しい人たちです。

自分たちのアリバイ作りで必死なんでしょう。
どちらに転んでも批判ができるように。

 

消費税の増税がいいことかどうかといえば、
僕の立場は拙速なのではないかなと思っています。

消費に対して一律に増税される日本の消費税は、
一部の業界への影響が大き過ぎる。

軽減税率やら低所得者対策についてほぼ何も
決まっていないのに増税だけ半年後に設定して、
どうする気か?

軽減税率なんて全く何も決められないでしょう。
各業界や識者と話を詰めるには時間が全く足りない。

 

この辺りまで全て根回しして10月1日に政策を
ぶち上げたとしたら、今の政府を見直します。

おそらく不十分な対策しか用意されないでしょうが。

 

医療業界は何の対策も去れずに消費税10%になったら
本気でヤバイです。病院、診療所関係なく、
倒産するところが多発するでしょう。

経済面の影響だけでいえば、それは製薬業界や薬局、
医療機器メーカーなどに直接的なダメージが及び、
関係各社に拡がり、大変まずい事態になるでしょうね。

 

その辺りについての対策を何もしないとは流石に
考えにくいので、大丈夫だろうと思いたいところですが。

さて、どうなることやら。
運命の日を待つしかありません。

医療も消費税が上がってお手上げになる日が近いかもしれません。

消費税増税が与える悪影響

医療業界と同じ消費税非課税事業者である
住宅賃貸業を営む私たち不動産投資家へは、
どういった影響が出てくることでしょうか。

何の対策もされないことを前提に考えると。

正直なところ、あまり変化はないのではないか、
と思っています。

 

利回りが悪くなるのは確実です。

消費税増税分、物件購入時の費用負担が大きくなりますが、
家賃収入は変わらないとなれば利回りは低下します。

リフォームなど各種経費に消費税が乗っかりますから、
その分だけ経費負担が増えます。

より厳しい目で経営に望む必要があるでしょう。

 

しかし、それ以外に何か影響があるかというと、
あまりありません。

3%消費税が上がったからやっていけなくなるくらい
利回りが下がるなんてことは考えにくいことです。

それは、根本的な面から考え直したほうがいい。

むしろこういう大きな変化の時は、チャンスと捉えて
行動を起こすほうが良い結果が得られるかもしれません。

 

買い煽りに煽られないこと

例えば1億円の収益不動産を購入するとして、
1億円のうち消費税が掛かるのは建物価格のみ。

5000万円が土地価格なら、消費税の増額分は150万円。

1億円が1億150万円になって、利回りの低下は
どれほどのものでしょうか?

 

しかも不動産投資の場合、価格は交渉によって
決定すると言っても過言ではありません。

土地と建物の割合すら、ある程度融通が利きます。

建物にかかる3%の税金がどれほど影響するかというと、
よほどたいしたことはありません。

 

どちらかというと、消費税増税直前の駆け込み需要による
価格の高騰の方が不動産価格には大きく影響しています。

消費税増税による需要の冷え込み由来の価格低下で、
増税分の3%なんてあっさりと超えてしまうかもしれない。

 

消費税に家賃を低下させる直接的な作用はありません。
あるとすれば、長期的にデフレ圧力が掛かる点のみ。

少なくとも短期的には現在所有する物件からの収入が
減ることはないし、消費税が上がったからといって
賃貸需要が減ることもありません。

 

となれば、仕込み時と言えるかもしれませんね。
これから来年の春までに取得するより、来年の春過ぎて
落ち着いた頃、夏以降に買い時がくる可能性がある。

実際にどうかは全然分かりませんが、そのくらいに
今は気楽に準備をし、来年4月以降は目を光らせて
市場の動向を探る、と。

どうでしょうか。

 

消費税が上がっても稼げる基準は変わらない

以前も言いましたが、消費税が上がったからといって
収益不動産の購入基準が変化するなんてことありません。

利回りが低くなる分だけ妥協して買おうなんて、
ほんの僅かでも考えてはいけない。

維持管理費、修繕費が高くなる分、
基準を厳しくしてもいいくらいです。

 

良い物件が見つからなければ?
お金を蓄えながら待ち、探し、交渉しましょう。

または、視野を拡げて戦略を立て直しましょう。

 

たかが消費税。そんなものに一喜一憂し、機会損失を
恐れて軸を見失うことの方が、よほど恐ろしいことです。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 空を見ていると青も白も良いものだと思いますが…。
  2. 消費税と不動産投資には密接な関係があります。
  3. Apartment purchase
  4. オフィスの広さなども外形標準課税の評価項目です。
  5. 納税通知なんてヤギにでも食べてもらってなかったことにしたい。
  6. 確定申告ネタは画像を選ぶのも簡単で、ありがたい話。
    • コバタツ
    • 2013年 9月27日

    購入は本来「必要な物を」「必要な時に」するものであって、その本来の判断を忘れさせ、増税前のお得感を煽り、何かと購入に走らせようとするその姿は、マスコミの一員として恥ずかしいです。
    増税したとしても、その値段が思惑通り値上がりすると決まった訳でも無いのに・・・。

    きりのきさんの仰る通り、マスコミはいつでも゛二面待ち゛なんです。

      • きりのき
      • 2013年 9月27日

      コメントありがとうございます。

      買い煽りについては必ずしも悪いとは思っていません。
      最終的には消費者自身の問題ですから。

      消費税について報道するなら、例えば消費税増税した時の影響、
      しなかった時の影響、二つ並べて視聴者に示した上で、
      どっちがいいのではないか、と論舌をして頂きたいですね。

      コバタツさんに言っているのではありませんが(笑)、
      今一度マスメディアは信用という言葉を思い出さなければ、
      自分たちの市場をどんどん失うことになるでしょうね。

      世界は常に変化していますから。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る