2014年分の確定申告の締め切り迫る。進行状況はいかがですか?

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

確定申告の時期を迎えていますが、申告書の作成は進んでいらっしゃる
でしょうか?

不動産投資の投資規模が小さく税理士を雇う余裕がないと、この時期は
書類仕事に追われてとても大変です。

サラリーマンをしていれば勤め先の決算業務もあるでしょうから尚の事。

 

普段からコツコツと書類整理を進めていた方は何も慌てることはないと
思いますが、そうでなくて書類の山を整理せずに積み上げている場合、
非常に大変な思いをされることとなります。

僕も書類の整理は苦手で、だからこそ税理士さんに税務及び会計を依頼
しているのですが、自分で今からやれと言われたら投げ出したくなって
しまいそうです。(笑)

税理士さんに任せているとはいえ、そろそろ整頓だけはしておこうかな
と月に1度は思っています。思うだけですけれども……。

確定申告書を書くのも最初は一苦労です。

余分な税金を納めることは悪である

事業を行うにあたり、税金との戦いは決して逃れられません。

日本国内で事業を行って稼ぎを得ているのであれば、国家の庇護の下、
インフラなどを利用してお金を稼いだのですから、恩恵を得た分だけの
費用として税金を納めるのは当たり前の話。

世界一安全な国にこうして住まわせて頂いているだけでもありがたい事
であるのに、お金まで稼がせてくれるのですから、税金くらいは納めて
おかなければ罰が当たるというものです。

 

とはいえ、余計な税金を払うのは感心しません。自分が必要以上の税金
を納めていては、損をする人が大勢出ます。

10万円余分に納税したとして、国や自治体に入る税収としては微々たる
ものどころか、あっても無くても変わらない程度の金額です。

大勢がそうしているのであれば別ですが、ほとんどの人は適切な納税を
行っているか、あの手この手で納税額を減らそうとしているのが現実。

 

10万円多く納税するよりも、その10万円を消費活動に使ってしまった方
が景気への貢献にもなりますし、将来的な税収増に結びつきます。

人を雇う事業をしているのであれば、納税を余計にするよりもスタッフ
の賃金を上げてあげた方が、従業員のやる気も伸びますし、景気改善へ
寄与します。

 

余分に税金を納めることは、個人としても、企業としても、国や自治体
としても良いことではない。

事業を行い、確定申告をする身となったならば、せっかくですのでこの
ような観点からも「税金とは何なのか」をよく理解することで、正しい
申告をしようとの意識が高まると思います。

そうすれば、書類の整理や会計処理などをいい加減にせず、コツコツと
進められるようになるのではないでしょうか。

 

まあ、税理士さんに会計処理を丸投げしている僕がこんな話をしても、
説得力の欠片もありませんが。(苦笑)

 

不正な税逃れは運を落とす

一方、税金を納める額を減らしたいからといって小細工をし過ぎるのも
控えるべきかと思います。

最近、工業用接着剤製造大手の「スリーボンド」元会長が、2009年から
2013年までの5年間で計20億円以上の申告漏れを指摘され、約5億円もの
追徴課税をされています。

どうやら海外居住者であるとして、海外子会社からの報酬を日本で申告
していなかったのが、実は1年の半分以上は日本に滞在していたのが国税
当局の調査で判明した、とのこと。

 

本人は確実に日本が主な拠点であることを自覚していたはず。要するに
税逃れをしようとしていたのは明らかで、脱税ではなく申告漏れとして
もらえたのは言い訳が上手かったのと国税の温情でしょう。

最近は個人でもこうやって海外を利用した脱税まがいの節税をしている
人が増えていますが、今後多くの方が摘発されることとなると思います。

 

このような行為が後々、追徴課税で直接的な損失となるほか、国の恩恵
に感謝すべきことを仇で返すことで、稼ぎに貢献してくれた国の景気が
低迷することにより最後には自らの首を絞めることとなる。

自分だけは税金を逃れようとする利己的で貧相な心は、自身のステージ
を落とし、運も悪くします。

 

たった一度の出来心が、一度きりの人生に影を落とすこととなる。

幸せな人生を送りたいと願うならば、性根が腐ったことはしないように
心掛けることをお勧めします。

 

正しい確定申告を

2年ほど前に不動産所得のある方へ税務署からお尋ねが数多く出回った
ことがありました。

参考:不動産投資規模が大きくなったならば顧問税理士をつけるべし

 

これは例外的なことだったようで、この先毎年、不動産所得のある人を
狙い撃ちしたりはしないとのことです。

税務調査は入られると結構難癖をつけられたりすることもあるとのこと
ですので、やましい事が無くても入られたくないものですが。

いつ入られても慌てずに済むように、毎年正しく確定申告を終わらせる
ことは実に大切なこと。

 

税務調査に入られたらどうしよう、と怯えて毎日を過ごすのは、決して
幸せとは言い難いですよね?

個人でされている方は少し大変かと思いますが、頑張って下さい。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 景気が本当に上がってくれば消費税増税はありだと思いますが。
  2. 高層マンションのメリットが更に無くなりました。
  3. 納税には頭を悩ませられます。
  4. 収入が多い方ほど法人化を考えるべきですが。
  5. 税務署とはできるだけお付き合いを無くしたいもの
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る