素早い決断とそれに即した行動は運を引き寄せる源泉となる

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

ビジネスをしていく上で、フットワークの軽さ及び時間や期日
の厳守は極めて重要です。

反応が鈍かったり、待ち合わせや締め切りにルーズだったりは
絶対にいけません。少なくとも日本人相手にビジネスをするの
であれば。

 

僕自身は、実のところ相手のルーズさはあまり気になりません。

自分は相手を待たせたりしたくないので、待ち合わせ時間より
必ず早く到着するように心掛けますが、相手が時間に遅れる分
には不満を大して感じません。

連絡が全く無かったりすると、どうしたのだろうかと心配には
なってしまいますけれども。

 

ですが、皆が皆僕のようにルーズさに寛容とは限らず、むしろ
日本人の傾向として時間は厳守するものであるとの意識を強く
持っている傾向にあるのはご存知の通りで。

大事な約束には時間通りに顔を出すように大半の方は心掛けて
いるものと思います。

しかしどうも、そんな当たり前の事ができない方は思いのほか
多いらしく。

税理士さんや金融機関の方が大変そうにしているシーンを目撃
する機会は少なくありません。

どちらも締め切りが非常に厳しい業種ですから、その後の仕事
を考えればなるべく早くに資料が欲しいと思っています。

が、どうやらギリギリに資料を送ってくる人がかなり存在して
いるようで、見ていて苦労しているなぁと可哀想になります。

 

そのおかげで、僕は普通に資料を提出しているだけのつもりが
優良顧客として扱って頂けており。

様々な優遇措置をして頂いていたりします。

親身に相談を受けてくれるだけでなく、お金の面でも厚遇して
下さっていて、固定費の削減に成功しているのは事実です。

 

管理会社さんからのメールにも早くに反応し、スピーディーな
判断を下し、伝達しているのが大きくプラスに働いていて。

その分だけ交渉を頑張って下さったり、真剣にこちらの利益を
考えてくれたりと、多大なベネフィットを得られています。

 

少しだけ相手のことを考えて思いやりを持って行動するだけで、
年間数十万円プラスになるのですから、やらない手はない。

ちょっとしたことでも面倒くさがって後回しにせず、なるべく
早く行動をする癖をつけましょう。相手を待たせないように、
自分が待つつもりで早めの出発を実践しましょう。

後回しにしたって、仕事が減るわけではありません。だったら
先に終わらせてしまって落ち着ける環境を作ってしまった方が
よくありませんか?

悩みすぎて決断が遅れるとチャンスも逃します。

素早い反応と決断が運を呼び込む

収益不動産を購入したい、という時も、フットワークの軽さや
期限内でもできるだけ早い資料の提出はとても重要です。

 

税務や融資相談、定期報告、物件管理などの日常業務は決して
競争ではありませんから、最悪期限さえ守れば文句を言われる
筋合いはなく。

相手の事を考えてなるべく素早い行動を心掛けましょう、その
繰り返しが信用を生みます、という話でした。

 

しかし収益不動産の購入は、そうではありません。

投資は競争です。欲しいと手を上げる人間が複数いたならば、
条件が良い方か、より早くに準備を終わらせた方が有利。

ちんたらしている間に割って入られ、購入権を持っていかれて
しまったなんて話は非常にありがち。

契約前では、相手の気分一つで反故にされたって致し方ない。

 

特に良い条件の収益不動産が購入できるタイミングというのは
売買を急いでいるケースが多いです。

売主が早くに現金化したいとか、金融機関が決算などの関係で
期日が目前に迫っているとか。

どんなトラブルが起こるか分かりません。不動産取引を何度も
繰り返していると、資料不足などから足止めを食らってしまう
のは珍しくないのは誰もが知っています。

追加資料を要求される瞬間というのは、大概日にちがほとんど
残されていなかったりします。

 

そんな一番手間のかかる『書類』をスムーズに進めるだけで、
取引の優先順位を上げてもらえる可能性は低くありません。

売主が金額の多寡よりも期日を優先しているのであれば。

不動産投資のベテランが物件をぽんぽんと買えるのは、信用力
の違いもありますが、こうした資料をスムーズに揃えられる、
提出できるからでもあります。

いえ、こうしたフットワークの軽さがあるからこそ信用を得て
いるのでしょう。

 

ビジネスの基本がしっかりしているだけなんだと思います。

 

慣れも必要。まずは経験を積むところより

収益不動産が提示された時、買うべきか買わざるべきかの判断
までスピード感をもってできるようになれば、より優良物件に
ありつける確率は高まると思います。

判断が素早く、行動も素早いのなら言うことなしですね。

 

ですが、さすがに判断を素早く正確にできるようになるには、
ある程度経験を積まなければ難しいし、そこを下手に雑にする
と買ってはいけない物件を買ってしまうかもしれません。

なので、とりあえずそこは迷ってよいと思います。後々に判断
が早くなっていけばいいのではないでしょうか。

 

決断した後に行動を早くできるようになると、キャパシティが
大きく膨らみます。

自分が知っているよりも自分の許容量は多いのだと気がつける
はずです。

他愛の無い事からまず始めましょう。メールやラインの返信を
早くするでも良し。朝の出勤を早くしてみるでもよし。バスの
降車ボタンを押す癖をつけるでもよし。

僕ができているのですから、貴方だってできるに決まってます。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 無理して仮面をかぶる必要はないように思います。
  2. 柱を立てるのは結構大変なものではありますが。
  3. 激甚災害の恐怖、身をもって体験させて頂きました。
  4. 人を惹きつける魅力を自分が持っているとの自信、ありますか?
  5. 国民の投資に対する誤解を解かねば、金融大国には決して勝てる国にはなりません。
  6. いつか都心の不動産を融資無しで持ってみたいものです。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る