スイスフランの急騰により混乱する世界経済。欲望を一気に満たそうとしてはいけない。

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

スイスフランの件、大きな損害を被られている方はいませんでしょうか。

先週の木曜夜に起こったスイスフランの暴騰。現在も荒い値動きが続いて
いるようです。海外大手銀行も多額の損失を出す中、日本国内においても
大きな損失が出た個人がいるようです。

逆に、大きく儲けた方もいるはずですが。

 

分からない方のために念のため解説を挟んでおきます。

スイス中央銀行が日本時間15日夜、スイスフランとユーロの交換レートの
上限を撤廃すると宣言しました。これによりスイスフランは猛烈に買われ、
30%以上もの急騰となったんです。

 

スイスフランは日本円と同じく、安全通貨との評価されています。世界の
金融・経済に不安がある時にはいつも買われ、スイスフラン高となるのが
定番でした。

しかしスイス政府や中央銀行としては面白くない。通貨高となると国内の
産業が輸入品にやられてしまうなど、国内経済にとって害悪であることが
明らかだったからです。

そのため、スイス中央銀行は積極的に「為替介入」による通貨防衛をして、
スイスフランの価値が一定以上に高くならないよう調整してきました。

海外ファンドにいいように通貨をいじられ、国内経済が不安定化するのも
嫌ったのでしょうね。

 

ですので投資家はスイスフランは一定ライン以上になりそうになれば必ず
スイスフラン売り介入をしてくるものと思ってきましたし、実際これまで
その状況が続いていました。

特にユーロとスイスフランの間で為替に不均衡が起きると、スイスとして
は経済的な打撃を受けかねません。つい先日も「スイスフランは対ユーロ
の上限は今後も金融政策の基礎であるべき」と発言。

要するに、対ユーロでスイスフラン高となりすぎると都合が悪いので介入
を続けていく、と宣言したばかりでした。

 

しかし先日、突然「スイスフランの対ユーロの上限を撤廃する」と発表。
対ユーロの介入を行わないと、まるで逆のことを言い出しました。

これに投資家が強く反応、大混乱へと繋がった、と。

 

通貨がわずか10分で30%以上も高騰するというのはとんでもないことです。

円に置き換えて考えると分かりやすい。現在、1ドル117円程度ですよね。
これが5分後には1ドル80円以下まで円高になったとします。

アベノミクス以前のレートですね。となると、当然株価も一気に巻き戻り、
日経平均株価は8,000円程度まで下落することとなるかもしれない。

バブル崩壊のときで3,836円安でしたのでそれを遥かに上回るインパクト
が世界経済を直撃することとなります。

 

幸いなことにスイスの国としての経済規模は小さなものですからこの度の
スイスフラン急騰だけで世界経済がどうこうなることはないと思いますが、
これによりどこかの国の大きな銀行が破綻でもしたら分かりません。

石油価格の下落、ルーブルの暴落に続き、今年は金融が荒れますね。市場
を注意深く注視する必要がありそうです。

今頃、世界中の投資銀行は大慌てでしょう。

損した人も儲けた人も、現実を見るべき

個人レベルでスイスフランによる大損失を被った方は、ハイレバレッジで
スイスフランを売っていた方々。

ある意味、自業自得ですので残念ですが自分で何とかするしかありません。
ロスカットが発動しなかった、など言い訳にもなりません。

早まったことだけはしないようにして下さい。

 

逆にスイスフランで今回儲けることに成功した方。是非ともFXから卒業を
しましょう。買っていた枚数によっては数千万円以上の利益を手にした方
もいるはずです。

今回はたまたまギャンブルに勝っただけ。味を占めてもう一儲け、なんて
思っていると、今回得たものも全て失う羽目になります。

少なくとも、ハイレバレッジでハイアンドローをするだけのギャンブルは
引退することをお勧めします。

せっかく手に入れた種銭です。より確実に「投資」をすることが唯一無二
の成功への道。

 

それこそそのお金で収益不動産を購入した方が絶対に良い。

 

不動産投資のなんと安定していることか

不動産投資に興味がある方の中には、FXや株などにも興味を持っていたり、
既にされている方も多いと思います。

リスクを理解したうえで投資をしている方には是非頑張って下さい。僕も
お金に余裕が出来たら株式市場には参入しようと考えています。

 

しかし、今回のスイスフランの急騰のように。

株や為替を扱うには思いもよらぬ激震が走ることが少なくありません。
個人はそれを事前に知ることもできませんし、保険の掛けようもない。

どれほど堅実にやっていたとしても、相場が急変動することにより投資が
ギャンブルへと変わってしまう時があるのは避けられないんです。

 

株や先物、FXに比べて不動産はなんて気楽なんでしょうか。

この先、日本の不動産価格が急騰して大儲けできる可能性は極めて低いと
思います。不動産では恐らく何十年待っても一発当てて億万長者になれる
ことはないでしょう。

ですがきちんと収益の回る環境をセッティングすれば、ほとんど放置でも
大損することはまず無いのは大きなメリットです。

 

何十年と生きていかなければいけないのですから、一発大きく当てるより
毎月着実な収入が得られることの方がずっと大切。

お金持ちになりたいのであれば、着実な収入を大きくすればいい。5年も
すれば、周囲が羨むほどの資産を手に出来ます。

欲望はそうやって少しずつ満足させるべきではないでしょうか?

 

今回のスイスフランの暴騰に関わった人も関係の無かった人も。是非とも
被害者を反面教師としてギャンブル中毒とならないようお気をつけ下さい。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 中国の経済破綻は次の段階へと移ります。
  2. このまま来年も米国金利は上昇するでしょうか?
  3. 日本の懐かしい風景も大切にしていきたいですね。
  4. 「あっ」と思ってからではもう遅い。
  5. 世界経済危機がまた訪れるのでしょうか。
  6. 一部を見て全体を知るのは困難です。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る