北九州で暴力団の排除が進む。投資先として有力候補となるか?

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

だいぶ局所的な話題にはなりますが、北九州市がすごいことになっていますね。

何がと言うと、工藤会に対する警察の動きが非常に活発になっていること。

 

工藤会総裁が9月に逮捕されたのは大きく報道をされました。それに引き続き、
会長以下幹部が次々と逮捕されています。

福岡県が全国の県警から応援を呼び込み、暴力団の撲滅に勤めているのは随分
前からのことですが、その成果がついに現れているということでしょう。

政府も暴力団撲滅への国際的圧力が掛けられており、テロリスト資産凍結法案
を臨時国会で審議を行うなどかつてないほど強力に動いています。

北九州市での工藤会撲滅が進めば、それを機に全国規模で暴力団対策が拡がる
かもしれません。

ヤクザも役に立つこともあるなんて論調の方もいたりはしますが、善良な市民
からすればいない方がいいのは当たり前。

ヤクザに頼らなければ成立しないような商売をしているようでは遅かれ早かれ
破綻します。

 

相手もこのままいいようにされ続けるままとは思えず、大きな抗争が発生する
可能性も否定できませんが、ここを乗り越えなければ明るい日本はない。

命懸けで大変なお仕事ですが、警察には頑張っていただきたいところです。

各所に相当量の武器が隠してあり、外国勢力と通じている連中もいるでしょう
から、何が起こるか分かりません。自衛隊の出動が必要な事態へと発展をする
ことがなければいいのですが。

対テロリストの訓練が頻繁に行われており準備は万端ではあるものの、もしも
大規模な破壊活動が行われたりすれば民間人への被害は少なからずでることは
確実ですから。

工藤会総裁野村悟容疑者の自宅。

地元民にしか分からない地元事情

こういったことを書いてはいるものの、実のところ僕は工藤会について詳しく
知っているのではありません。

あくまでニュースなどから得た知識のみ。

僕は福岡県にRCマンションを所有しています。購入前に、暴力団の勢力図など
いくつか調べはしましたが、地元住人ではありませんので細かいところまでは
分かりませんでした。

ですから、実は福岡県の物件を購入する時、かなり怖かったんです。物件自体
はとても良くても暴力団関連で問題があったりしないだろうか、と。

 

日本は決して広くはありませんが地方ごとに特色は大きく異なるもの。そして
その特色はほとんどの場合、地元の人間しか把握していません。

例えば僕の地元には後藤組というヤクザがいたのですが、元々は山口組系列の
非常に強い組織でした。今は山口組から破門され解散、別組織に引き継がれて
いるようです。

こんなこと、地元の人間しか知りません。どこに組長の自宅があるか、どこで
どのようなことをしているのか、長く住んでいると自然と理解でき避けるべき
場所を把握できますが、外の人間からはそうはいかない。

後藤組が解散したのは2008年。わずか6年前ですが、ちょっと地元を離れていた
だけで僕には現状がさっぱり分からなくなっています。

物件に惹かれて調べ始めた程度の人に分かるはずがありません。

 

もっと分かりやすい例えをすると、関東の人間にとっては「部落」とか「同和」
という言葉がピンと来ない。

大阪以外の人に「西成」、東京以外の人に「足立区」、横浜以外の人に「寿町」
がどのようなところか聞いても、よほどの事情通以外は知らないでしょう。

あまりおおっぴらに議論されることはありませんが、住んだり、何度も訪れたり
したことのない地域に投資をする時にはこのようなリスクがあることは覚悟して
おかなければいけません。

 

最低限、治安関連やどのような古くからの禍根の残る地域であるかはGoogle先生
に尋ねておくことをお勧めします。

できれば知人などに詳しい人を探し、実情を聞いておいた方がいいでしょう。

 

北九州は誰でも投資しやすい地域となるか

日本中どこの地方に行っても必ず地元民のみがしる闇が渦巻いているもの。

絶対に安全なんてことはどこに投資をするにしてもありませんが、可能な限りは
避けておくべきリスクのひとつ。

 

今回の北九州市のように警察から政府まで一丸となって根本解決を目指しており、
着実に成果を上げている状況であればそれはとてもラッキーです。

北九州市は現状でもかなりの人口を誇っており活気がある街ですが、工藤会撲滅
が達成されれば人口流入が進み、更なる発展が見込めるかもしれません。

大きな火種が起こらないとも限りませんので、ある程度リスクがあることを承知
の上で投資をすることにはなりますが……。

 

ですが、今の報道内容を見る限りでは良い方向に向かうかもしれません。

正直な話、工藤会の存在があったため僕は北九州市の物件を購入する気には全然
なれなかったのですが、今ならその壁も乗り越えられそうです。

既に物件を所有されている方には朗報ですね。治安が良くなれば人は増え、地価
は上昇するものですから。

 

それが福岡県全体に広がり、僕の所有物件の所在地まで地価上昇の波が広がって
くれると嬉しいのですが。

まあ、それは期待しすぎでしょう。

僕は地方創生の政策で益が得られることをちょびっと期待しておく程度に留めて
おきます。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ベッドタウンとなれるかどうかが地方生き残りの境目のような気がします。
  2. 2014年2月8日の大雪、大変でしたね。
  3. ただの広告なのかそれとも真実なのか、見抜く目が必要です。
  4. 実は獲物を待ち構えていたかのかもしれません。
  5. 言葉の定義が間違えば、どんなにすばらしい講義も台無しです。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る