背負った業を乗り越えることこそ新たな世界を開く第一歩

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

こんにちは、きりのきです。

今年も下半期に突入です。今年の業績のほどはいかがでしょうか?

 

僕は夏場が苦手でして。アレルギーが出る6月が終わると暑い夏へと突入し、
しかも祝日が少ない5月の連休明けから9月中旬までが非常にきつい。

加えて、不動産投資を始めて以来、この時期はどうにもトラブルが起き易い
傾向にあります。何故かは分かりませんが……。

初年度は1棟目の火災報知機トラブル未遂、2年目は2棟目の自動ドアの故障、
3年目は2棟目の水道ポンプ故障、そして4年目の今年は1棟目の漏水、です。

 

今年の漏水は実は現在進行形で、幸いなことに漏水箇所が判明して修繕工事
を行っている真っ最中。RCマンションの漏水は発生源の特定ができずにお金
ばかりが掛かってしまうケースがある中、小規模の修繕で終わったのは幸い。

それでも結構手間取りました。入居者さんとの予定のすり合わせなど含め、
漏水箇所特定まで2週間近く要しています。

主な仕事は管理会社さんがやってくれていますので、特別僕が奔走した部分
はないのですが、かなり緊張はしましたね。

特に入居して下さっている方々に迷惑が掛かってしまうのでは、と戦々恐々。
漏水による賠償が発生しても保険がありますから直接的な金銭的損害が出は
しないのですが、退去される事態になるのではないかと心配でした。

別段被害はなかったようでしたので、濡れてしまった部分のクロスの張替え
程度で済みそうです。

 

築26年ほどになりますから、老朽化といわれてしまうと反論の使用もないの
ですけれども。

漏水の報告を受ける直前に結構揺れた地震があったので、その関連も含めて
調査を進めてもらっています。

猫が飼えるようになるのが最終目標です。

お金に関する悩みは尽きず

不動産投資の方は極めて順調で、入居率が高く維持されている為に家賃収入
も十分得られており、現時点も空室は2棟合わせて単身向けが1戸のみ。

怖いくらいにうまく行っています。面倒ごとはちょこちょことありますが、
多くの人の関わるビジネスである以上は仕方のない話。

いえ、そもそも面倒ごとのない経営なんて、世の中存在しないでしょう。

 

しかもトラブルといっても大した内容のものはなくきていますので、想定を
していた中でも極めて良好な経営状況にあるといっても過言ではなく。

今後、資金管理を怠らずに着実に実績と資産を積み上げていけば、何の問題
もなく長期的に安定を続けられるものと思われます。

 

むしろ困りものなのは、実家関連。父親の年齢を考えると、本当に近い将来
引き継ぐ必要に駆られるのは間違いなく、またそれはずっと理解している話
ですので不満はないのですが。

人の事業を引き継ぐのにどれほどの手間が掛かるのだろうか、古いスタイル
で続けられていた事業を、良い部分を壊すことなく現代風にリノベーション
するにはどれほどの資金が要るのだろうか。

また、人を直接雇用するというのはどれほど負担があるのだろうか。

そんな事を想像していると、その荷の重さに潰されてしまいそうになります。

 

うまくいっている不動産投資と比べ、経営の難しさ、複雑さは遥かに上。

借金の返済がなければじっくりと腰を据えて向き合えるのでしょうが、僕が
知るところそれは無理な話。

それを何とかする為に、不動産投資で安定収入を増やし、余剰資金を貯める
努力をしているのですが、正直なところ妻子にも負担を掛けてしまっている
事実が申し訳なくて仕方ありません。

来年の今頃はどうなっているのだろうかを考えると、少し憂鬱になります。

 

目標は業を受け入れ、乗り越えること

自分だけで何でも抱え込んではいけない、とは生きる上での一般的な認識で
あると思います。

が、残念ながら僕は最終的に、全てを自分で抱えなければいけない境遇。

少なくとも一家のお金関係に関しては、僕が全てを担っていく以外に生きる
術はありません。

 

普通より多くの人数を養いつつも、子供たちに普通の水準以上の教育を受け
させなければいけませんから、それは大変な話。

多くの社会人は子供を持って育て始めると、親の偉大さを思い出すようです
が、僕はそれに加えて子供たちが今の僕のように、親の残したもので苦労を
しないようにしなければいけませんから、更に難易度が高い。

 

そういった意味でも、不動産投資を早い内からスタートし、今のうちに努力
をして資産の積み上げをしてきたのは大正解でした。良好な経営状態にある
収益不動産に背中を支えられていれば、資金的な困難は緩和されます。

もしも何も後ろ盾なく全てを背負わなければいけない状況にあったら途中で
その重さに潰されていたかもしれません。

 

これまでブログでもメルマガでもお金の話ばかりしてきましたので、中には
僕こそお金に囚われた意地汚い守銭奴であると感じる人も少なくないのでは
と思います。

僕も、考えなくて良いのであればお金についてなど考えたくもありません。

ですが、お金が全てではありませんが、僕の人生においてはお金はなくては
生きる事すら難しくなってしまうものなんです。

僕の人生をクリアするには、お金を多く稼がなければいけない。

 

お金の話ばかりするなんて褒められたものではありません。しかし、人生に
おいてどうしても必要なのであれば人の目など気にしていられない。

卑しい人間であると思われようが、家族を守る為にもっとお金にこだわって
今後もできるだけ多く稼ごうと思います。

 

何かまとまりのない愚痴のようになってしまいました。ご容赦を。

夏は始まったばかり。今年も厳しい暑さとなると思われますが、水分補給を
忘れずに健康的に乗り切りましょう。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017
  2. コミュニティは皆が同じ方向を向いていることが大切です。
  3. ちょっとした引っ越しにも結構お金が掛かるもの。
  4. 2016年は近年まれにみる苦しい年でした。
  5. スコティッシュフォールド
  6. 不動産投資は次へ飛び込むための準備段階。
    • 転職するぞ!
    • 2015年 7月7日

    お金に関する苦労 私にもよくわかります。家族を守りたい一心からですよね。私も仕事をしながらの遠距離介護のため体調を崩しました。その時思い立った外国債への投資。おかげで今のところ順調に利金が入りなんとか介護と両立できる仕事に変われそうです。お互い頑張りましょうね。

      • きりのき
      • 2015年 7月8日

      コメントありがとうございます。

      外国債も、選び方次第では良い投資先ですね。為替動向への注意は
      必要ですが。現状は、お金が余っている人向きの投資先と思っています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る