規則正しい生活が欲しい昨今の愚痴

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

今日は少し雑談を。

最近、現状の生活に限界を感じています。肉体の疲労度的な意味で。

 

つい先日医師の過労死認定の報道がありましたが、決してそこまで
の重労働をさせられているとかではなくて。

医師としての仕事中は全く問題が無いです。半分趣味のような仕事
ですから、アドレナリンが出まくりでむしろ仕事中の方が元気な程。
より一層精力的に、外来に手術にと取り組んでいます。

 

問題は、休むべき時間に休めない点

元々僕は非常に規則的な生活を好むタイプで、身体もそれに馴染み、
安定をしていました。風邪を結構引きやすかったりして年に1度は
高熱を出すのですが、それも原因を発見し対策しやすくなりました。

朝起きる時間、食事の時間、寝る時間が安定している時ほど、僕の
体調は良くなります。

それが、現在は完全に壊れてしまっていて。

薬で無理やり身体を動かす日々

不規則が肉体と精神を蝕む

朝はきっちり起きるんです。目覚ましのアラームが鳴るよりも前に
いつもほぼ同じ時間に目が覚めます。休みの日でも、当直中でも。
念のため目覚ましは掛けますが、殆ど意味はありません。

何時に寝ても目が覚めるのは不思議で仕方がありません。尚、早く
に眠り過ぎると朝も早くに目が覚めてしまう模様。

朝食も、しっかり食べます。学生時代は適当でしたが、最近は朝食
を取らない日は健康診断の朝と、前日飲み過ぎた時くらい。飲み会
もここ数年は滅多に行かないので、朝の行動は安定しています。

しかしそれ以降、主に昼過ぎからが崩れてしまった。

 

昨年4月から生活が変わり、生活リズムが狂わされてしまいました。
きっかけは最後のご奉公で大学病院の救急部隊に3か月所属した事。
救急の性質上、生活リズムが不安定化するのは致し方ありません。

7月からは今の生活となっているのですが、これが規則的な生活と
全くの無縁な状況で。一日おきに別の職場に行ったり来たりをして
いる時点で毎日規則的な生活をするのが不可能なのはもちろん。

主たる勤め先の外来患者数が非常に多く、昼食を食べるのがとても
遅くなってしまう事が多い。4時過ぎに食べる昼食は、病院食でも
身体に悪いです。

 

また、帰りも手術が全て終わるまでは帰宅できませんから、夕食を
食べられる時間は更に不安定。

仕事が遅くまで掛かってしまうのは慣れていますし、仕事そのもの
は好きで楽しいのでいいのですけれども、夕食を摂るのが夜10時を
越えてしまう日があるのは、僕の身体に堪えます。

しかも、何時に寝ようと前述の通り朝はきっちり目が覚めてしまう
ので、あまり遅くまで起きている訳にもいきません。日によっては
食後すぐに寝ることになって、余計に身体へ負担が掛かります。

太りやすい体質の僕としては罪悪感も大きい。

 

午前中はともかく、午後の生活リズムが完全に狂わされてしまった
のが、肉体的にも精神的にも休みの効率を極めて悪くしています。

恐らくこれが、ここ最近身体にまとわりつく重怠さ、慢性疲労感
原因であろうと考えています。

仕事自体は本当に楽しい。けれども、不規則な生活が苦しさや不安
の原因となってしまっていて、家族にも心配を掛けてしまっている
のが現状です。

 

楽しさを思い出したい

それだけでなく。

他にも複数の仕事を抱えざるを得ない状況になっているのが精神面
で負担を増やしますし、趣味を楽しむ余裕を奪っています

実は最近、こうしてブログを更新するのにも負担を感じさせられて
しまっていて。本来物書きをするのも楽しいはずで、続けたいとは
思っているのに、義務的な感覚になってきてしまっている。

楽しむ余裕が失われているのでしょう。こうして雑談を書く分には
気楽ですのでいいのですが、役立つ記事を書こうと思うと疲れます。
その分時間も掛かってしまう。

 

楽しむというのは精神の安定に強く寄与します。唯一の救いは医師
としての仕事が楽しいと思えている事で、そこである程度精神的に
回復をしている点。これが苦痛だったらもうどうしようもなかった。

良い職場に巡り合えて幸いでした。ただ、その職場が不規則な生活
の原因にもなっており、状況を悪化させる原因にもなってしまって
いて、本当に悩ましい。

 

あと1年ちょっとで今の生活も変わるでしょう。主たる職場が自分
の経営する場になるでしょうから、時間的には規則正しくなるのは
間違いなく(自分でコントロールできますので)。

何とか頑張ろうと思っているのですが、経営の重圧は精神に負担が
掛かり、尽きない悩みの種にもなってしまっていて。

それが落ち着くまでは恐らく5年近くは必要となるだろう、と勝手
な予測を立てており、果たして身体が持つのかどうか。

 

収益不動産をどこかで売却して、資金的な余裕を作ってしまえば、
経営上の悩みは一時的にほぼ解消されるでしょうから、タイミング
を見て売ってしまおうと本気で考えさせられる程。

不動産を手放せば、仕事や悩みもまた減りますからね。

ですがそれはもう少し先の将来の話。今の状況改善には何の役にも
経ちません。当面、肉体と精神が持ちこたえるのを祈るばかり。

 

以上、何のオチも無い愚痴でした。こんな日々を楽しんでおります。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 忙しい夏も終わって、ちょっと一休みといきたいところですが。
  2. 今年は尚一層がんばります。
  3. 今年はひつじ年ですね。
  4. 危険からは逃げたくなるのが普通ですけれども、それでは何も変えられません。
  5. 変わらない風景が無いように、日本も変わろうとしています。
  6. 2017
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る